ぜひ知っておきたい!ゲーミングPCのOSやオフィスの選び方を徹底解説

BTOショップでは、OS(Windows)のバージョンやオフィスといったソフトのカスタマイズもできるようになっています。

ゲーミングPCではやはりパーツ選びがメインなりますが、ソフトの知識もしっかりつけて、満足の行くパソコンを手に入れましょう!

OS(Windows)

OSとは

OSは「Operation System」の略で、パソコン上でブラウザやゲームなど、各種プログラムを動かすのに必要な、ベースとなるシステムソフトウェアです。

OSの種類としては、誰もが知ってるWindowsのほか、AppleのMacOSやフリーのLinuxなどがあります。

オンラインゲームの分野でもOSはWindows一強ということもあり、BTOショップでも取扱いは最新版の「Windows 10」のみとなっています。

Windows 10 Proは必要?

各BTOショップではOSの項目で、Windows 10 HomeとProを選択できるようになっています。

両者の差は6,000円前後ですが、果たしてProにする必要があるのか。機能をチェックしてみましょう。

  機能
Windows 10
Home
・Microsoft Edge
IE(Internet Explorer)に代わる高速ブラウザ

・Windows Hello
Windows標準の指紋・顔認証システム

・Continium
タブレットにもPCにもなる2 in 1 PC用の機能で、画面と
キーボードを分離すると、タッチパネルモードに自動に
切り替わる機能

・Cortana
iOSの「Siri」に似た、音声アシスタントシステム。
コルタナさん!と呼べば応えてくれる

Windows 10
Pro
Homeの機能は標準搭載

【追加機能】
・Windows Update for Buisiness
任意のタイミングで、Windowsの更新プログラムを適用
することができる

・Windows Remote Desktop
遠隔地のPCを操作することができる

・Bitlocker
内蔵・外付けハードディスクや、フラッシュメモリなどを
暗号化し、データを保護する

・Hyper-V
Windows 10上で、仮想環境を作ることができます。例えば、
Windows 7をWindows 10上で動かすことも可能に

・Buisiness Store for Windows 10
ビジネス向けのアプリを取り扱うストアにアクセスできる

 わかる人にはわかる玄人向けのPro機能。はっきり言うと、普段使いではまず使わないのでHomeで十分です
 

Office

ワード・エクセル・パワーポイントなど、プレゼンや書類の作成に必要不可欠なオフィスソフト。BTOショップでは「Microsoft Office」と「KINGSOFT WPS Office」の2種類が用意されています。

Microsoft Office

これはもはや説明の必要もないでしょう。ビジネスや教育の場でおなじみの、Microsoft謹製のオフィスソフトです。

ライセンス

BTOショップでは、「プリインストール版」と呼ばれる、インストールされたパソコン限定のライセンスが用意されています。

 icon-check-circle Office2016(プリインストール版)
 ・契約タイプ:買い切り(永続ライセンス)
 ・販売タイプ:プリインストール(はじめからパソコンにインストール済み)
 ・最新バージョンへのアップグレード不可
 ・インストールされたPCのみ有効

 icon-check-circle Office Premium
 ・契約タイプ:買い切り(永続ライセンス)
 ・販売タイプ:プリインストール(はじめからパソコンにインストール済み)
 ・インストールされたPCのみ有効
 ・最新バージョンへのアップグレード可

 【下記サービスは1年間無料】※2年目以降も使う場合、年間で6264円がかかります
 ・1TBの「OneDrive」クラウドストレージ
 ・Skypeから固定・携帯電話への通話が毎月60分間無料
 ・テクニカルサポート無料

カスタマイズ価格

 icon-check-circle  Office2016(プリインストール版)

 製品 アプリ ドスパラ
パソコン工房
マウスコンピュータ
(G-Tune)
Office 2016
Personal
W/E/O 20,520円
Office 2016
Home & Business
W/E/O/P/N 25,920円
Office 2016
Professional
W/E/O/P/N/Pu/A 51,840円

 icon-info アプリ略号
W:Word E:Exel O:Outlook P:Powerpoint N:OneNote
Pu:Publisher(Windows PCのみ) A:Access(Windows PCのみ)

 icon-check-circle Office Premium

製品 アプリ ドスパラ
パソコン工房
マウスコンピュータ
(G-Tune)
Office 2016
Personal Premium
W/E/O 20,520円 19,332円
Office 2016
Home & Business
Premium
W/E/O/P/N 25,920円 25,812円
Office 2016
Professional
Premium
W/E/O/P/N/Pu/A 51,840円 50,652円

別のライセンスのほうが安くなることも

マイクロソフトオフィスのライセンスは複雑になっており、1ヶ月や1年の短期間でしか使わない場合には、別のライセンスを購入したほうが安くすみます。

また、他のPC・タブレットでも使いたい場合にはプリインストール版では対応できないので、別のライセンスを購入する必要があります。

その他、大学生であれば格安・無料のライセンスが使える場合もあります。詳しくは下記の記事も参考にしてください。

最新版Microsoft Officeを徹底比較!ライセンスや価格、おすすめ購入方法まとめ
いまだにビジネスや学校などで絶大な支持をもつ「Microsoft Office」。 ディスクで販売されていたのは過去の話。最新版で...

KINGSOFT WPS Office

これはキングソフトのMicrosoft Officeの互換ソフトで、ワープロの「Writer」、表計算ソフトの「Spreadsheets」、プレゼンソフトの「Presentation」計3つのソフトで構成されています。

製品としては、3つのソフトのみ収録された「Standard版」、プログラミング言語のVBA対応+29種類のフォントが同梱された「Gold版」、プログラミング言語のVBA対応+35種類のフォントが同梱された「Platinum版」の3種類があります。

互換ソフトということもあり、価格はかなり安め。いずれの製品でも、Windows PC1台+スマートフォンやタブレット端末(Android/iOS)2台の合計3台にインストールすることができ、コスパはとても高くなっています。

最新バージョンの「KINGSOFT WPS Office 2016」では、互換性が強化され、「docx」「xlsx」「pptx」の新しいファイル形式に完全対応し、読込・保存が可能になっており、使い勝手が向上しました。

実際の使用感としては、個人レベルなら十分使えるレベルですが、マクロ周りの互換性にやや不安があるので、ビジネス利用では素直にMicrosoft Officeをおすすめします。

 icon-chain 詳しくはこちらをどうぞ
KINGSOFT Office 2016はMS Officeの代わりになるか? icon-external-link 

カスタマイズ価格

BTOショップではStandardとGold版のみ取扱があります。

 製品 アプリ パソコン工房 マウスコンピュータ
WPS Office 2016
Standard
基本ソフト3種のみ 2,052円 3,132円
WPS Office 2016
Gold
基本ソフト3種
VBA対応
フォント29種類
4,320円 5,292円

※ドスパラは旧製品の「KINGSOFT Office 2013 Standard」のみの取扱なので省略

シェアする

フォローする