G-Tuneのショップ情報とおすすめゲーミングPC

公式サイト icon-external-link 

CMや広告で知名度の高い老舗のマウスコンピューターのゲーミングパソコンブランド「G-Tune」

その魅力はー

  • 充実した保証
  • ユニークなラインナップ
  • タイアップやコンセプトモデルが多い

の3点。価格の安さもさることながら、購入後のサポートや保証を重視している方におすすめショップ。

ではショップの詳細やおすすめモデルなどをチェックしてみましょう。

G-Tuneのショップ詳細

価格

大手なだけあって、ドスパラと同等レベルの安さとコスパの高さを実現しています。グレードアップキャンペーンは少ないですが、初期構成が安く、カスタマイズがほぼ必要ないくらいに内容も充実しています。

納期

平均的。注文後1週間前後で出荷されます。

なお一部モデルでは「翌営業日出荷サービス」に対応しており、当日13時までの注文確定で翌営業日に出荷されます。あくまでも「営業日」なので土日の休業日はカウントされないので注意。

このサービスは有償となっており、1台につき2,000円(税別)かかります。

保証

24時間365日受け付けているコールセンターをはじめサポートと各種保証が充実しています。

1年の標準保証と3年の延長保証を軸に、「安心パックサービス」の有無とパソコンの回収方法で保証内容を分けています。

保証の範囲は全プラン自然故障のみ。通常通り使っていて壊れた場合のみが対象になり、水濡れや落下などの過失による故障には対応できません。

充実している反面、保証内容が多く、わかりにくいのがネック。おすすめは3年の延長保証+安心パックサービス+付きプラン。

安心パックサービスとは?

「最短当日修理返却」「初期不良期間内の新品交換サービス」「サービス加入者専用ダイヤル」の3点がセットになった付帯サービスです。価格も+3,000円(税別)~と安く、ぜひつけておきたいところ。

サービス内容

■最短当日修理返却
通常は修理センターに到着後、修理に1週間程度かかるところ、最短で当日に修理して返却するサービス。

一般のパソコンよりも優先的に修理してもらえるわけですね。

■初期不良期間内の新品交換サービス
基本保証期間1年+延長期間2年の計3年です。

■安心パックサービス専用ダイヤル
専用ダイヤルが用意されており、パソコンに精通したスタッフが対応してくれるサービス。

これは意外に重要。通常のコールセンターだとパソコンに詳しい人からそうでない人まで千差万別。運悪く詳しくない人に当たってしまった場合は、全く話しにならないこともあります。それを防げるだけでも大助かりです。


基本保証

G-Tuneでは1年の標準保証がついています。有償のオプションで安心パックサービス付きプランを選択できます。

保証内容

【基本】1年の標準保証(初期不良対応1ヵ月+センドバック修理保証)

■1年の標準保証+安心パックサービス+センドバック修理保証【+3,000円(税別)】

■1年の標準保証+安心パックサービス+ピックアップ修理保証【+6,000円(税別)】

延長保証

有償のオプションで「3年延長保証」を選択することもできます。こちらも有償のオプションで安心パックサービス付きプランを選択できます。

さらにオンサイト修理保証、いわゆる出張修理サービスを選ぶこともできます。出張費や交換費は保証代にすべてコミコミ。その場で直してもらいたい…という方におすすめな究極の保証です。

保証内容

■3年延長保証+センドバック修理保証【+7,000円(税別)】

■3年延長保証+ピックアップ修理保証【+10,000円(税別)】

■3年延長保証+安心パックサービス+センドバック修理保証【+12,000円(税別)】

■3年延長保証+安心パックサービス+ピックアップ修理保証【+15,000円(税別)】

■3年延長保証+オンサイト修理保証【+15,000円(税別)】

■3年延長保証+安心パックサービス+オンサイト修理保証【+20,000円(税別)】

支払い

支払い方法

クレジットカード、銀行振込、代金引換、コンビニ決済、分割払い

そのほかJACCSのショッピングローンにも対応しています。

送料

送料はデスクトップ・ノートいずれも3,000円(税別)です。モニターなど大型商品をあわせて購入した場合、別途送料がかかるので注意。

キャンセル

G-Tuneでは購入後のキャンセルを一切受け付けていません。

ただし、注文後製品発送までの間であれば、製品代金(送料除く税込金額)の20%のキャンセル手数料を支払うことを条件にキャンセルできます。

G-Tuneのおすすめモデル(デスクトップ編)

モデル選びの前に…G-Tuneで気をつけること

モデル選びの際は下記2点に気をつけましょう。

■光学ドライブが搭載されていないモデルがある
上位モデルを除き、DVDなどを読み込むための光学ドライブは非搭載となっています。必要な場合にはカスタマイズで追加するのを忘れずに。

■キーボード・マウスは原則付属しない
一部モデルを除き、キーボードとマウスは付属しません。持っていない方は一緒に注文するなり、自前で準備する必要があります。届いたけど操作できない…なんてことがないように注意しましょう。

【NEXTGEAR】i670シリーズ

定番のミドルタワーモデル。NEXTGEARの中ではスペックと価格のバランスが良く、1番お買い得なシリーズ。

CPUには最新のインテル製CPU「Core i7-8700K/8700」を搭載。前世代のCore i7よりもコア数が増え、大幅に性能アップ!ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。

各パーツを搭載する基盤(マザーボード)には上位モデルの「Z370 チップセット」を搭載し、拡張性に優れています。

ケースは排熱性が高く、長時間でも安心してゲームをすることが可能。拡張性も高いのでSSDやHDDの増設もかんたんです。また、ケースのUSBポート類は上部に設置されており、床置きの場合でもアクセスがしやすいようになっています。

NEXTGEAR i670SA2-e-sports[シルバーモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■メモリ:16GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:149,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

使いやすいGTX 1060搭載スタンダードモデル

G-Tuneでは常連の売れ筋モデル。Core i7-8700にGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載し、フルHDでのゲーミングに最適。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージという充実した初期構成も魅力的。最近のメモリゴリ押しゲームのことを考えると、デフォルトで16GBというのはありがたいですね。また、省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもいいですね。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも熱くなっているので、長時間安定してCPUを冷却できるCPUクーラーとグリスのカスタマイズがおすすめ。用途・予算次第ではストレージや電源のカスタマイズをして、さらに上を目指すのもあり。

 icon-check-circle CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

・【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー【+2,800円(税別)】
→シンプルな空冷式CPUクーラーですが、負荷時には標準のクーラーより10℃~20℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。

・ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

 icon-check-circle SSD
・525GB SSD ( Crucial MX300 / SATA3 / 6Gbps 対応 )【+13,800円(税別)】
→読み書きムラなく速いMX300シリーズがおすすめ。

 icon-check-circle HDD
・3TB ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+4,800円(税別)】

 icon-check-circle 電源
電源は予算次第ですが、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )【+4,800円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源です。

NEXTGEAR i670PA1-SP2[プラチナモデル カスタム]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■メモリ:32GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 480GB+HDD3TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:249,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

サポートと保証重視ならG-Tuneがおすすめ

Core i7-8700KとGTX 1080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。32GBメモリを筆頭に、ストレージも電源も大容量!

ドスパラのモデルと優劣つけがたい内容ですが、メモリは16GBあれば十分ですし、その分CPUクーラーや電源などが充実しているので、ドスパラの方がおすすめ。

ただ、G-Tuneのいいところはサポートと保証が手厚い点。パソコン工房と同じく、サポートセンターが24時間365日稼働しており、困ったときにいつでも相談できます。

また、延長保証が定額制で安く、3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。

サポートと保証ならG-Tuneできまり!

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも熱くなっているので、長時間安定してCPUを冷却できるCPUクーラーとグリスのカスタマイズがおすすめ。予算次第で電源のカスタマイズをすればよりグッド。

 icon-check-circle CPUクーラー
・【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー【+2,800円(税別)】
→シンプルな空冷式CPUクーラーですが、負荷時には標準のクーラーより10℃~20℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
・ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

 icon-check-circle 電源
・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )【+6,800円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源です。

【NEXTGEAR-MICRO】im570シリーズ

価格の安さを重視したしたミニタワーモデル。10万円前後から購入できるエントリーシリーズです。

こちらは基盤に「H110チップセット」を搭載。最下位のグレードになりますが、拡張性が低いだけで、ゲームの性能に影響はありません

NEXTGEAR-MICRO im570SA10[シルバーモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:109,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

Core i5×GTX 1060のお手頃フルHD推奨モデル

Core i5-7500とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載したミニタワーモデル。CPUはミドルクラスのCore i5ですが、フルHDレベルであればこれでも十分です。

8GBメモリにSSD+HDDのデュアルストレージで初期構成も充実しています。電源は省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

おすすめカスタマイズ

エントリークラスとしては十分な内容なので、無理にカスタマイズする必要はありません。あくまでも予算に余裕があればどうぞ。

 icon-check-circle メモリ
・16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) ]【+11,800円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・525GB SSD ( Crucial MX300 / SATA3 / 6Gbps 対応 )【+13,800円(税別)】
→読み書きムラなく速いMX300シリーズがおすすめ。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+4,800円(税別)】
・3TB HDD ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+6,800円(税別)】

  電源
・700W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )【+5,800円(税別)】
・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )【+7,800円(税別)】
→電源変換効率90%を誇るゴールドクラス電源がおすすめ。

NEXTGEAR-MICRO im570SA8-TV[シルバーモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:HDD1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:114,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

Core i7×GTX 1060の人気モデル

Core i7とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載した、G-Tuneで人気のミニタワーモデル。メモリ8GB、1TB HDDのみのシンプル構成で安さを実現しており、格安モデルながらしっかりシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

重量級のゲームが増えているので、パワーのあるCore i7を入れておきたいところ。また、CPUを最初から高いグレードにしておくと、グラボの交換だけで新しいゲームに対応できるので、あとあとラクです。

おすすめカスタマイズ

シンプルながら、このままでも十分使えます。予算に余裕があればカスタマイズしてみましょう。高速のSSDを追加、16GBメモリへのアップグレードがおすすめです。

  CPUクーラー
・【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー【+2,800円(税別)】
→シンプルな空冷式CPUクーラーですが、負荷時には標準のクーラーより10℃~20℃程度低い安定した温度で冷却できます。

 icon-check-circle メモリ
・16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) ]【+11,800円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・275GB SSD ( Crucial MX300 / SATA3 / 6Gbps 対応 )【+14,800円(税別)】
・480GB SSD ( 6Gbps 対応 )【+20,800円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+4,800円(税別)】
・3TB HDD ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+6,800円(税別)】

  電源
・700W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )【+5,800円(税別)】
・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )【+7,800円(税別)】
→電源変換効率90%を誇るゴールドクラス電源がおすすめ。

【MASTERPIECE】i1630シリーズ

ミドルタワーの強化ガラスケースを採用したスタイリッシュなシリーズ。高級感漂うボディはインテリアにも最適。マザーボードは最新の「Z370チップセット」を搭載しています。

コスパ度外視のモデルなので、性能と見た目の両方にとことんこだわりたい方におすすめ。

MASTERPIECE i1630PA1-SP[プラチナモデル カスタム]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■メモリ:32GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1080Ti
■ストレージ:SSD 512GB+HDD 3TB
■電源:700W(80PLUS GOLD)
■価格:279,980円(税別)~

強化ガラスケースを採用した高級モデル

最新のインテル製CPU「Core i7-8700K」とGTX 1080 Ti搭載したミドルタワーモデル。前世代のCore i7-7700Kよりもコア数が増え、ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。4Kのゲーミングに最適!

ストレージは512GB SSD+3TB HDDの大容量デュアルストレージ構成で、SSDは超高速のNVMe SSDとなっています。メモリも32GBの大容量で、さらに省エネ・長寿命のゴールドクラス電源を搭載した充実の内容です。

フラグシップモデルにふさわしく、ゲーミングマウスにメカニカルキーボードまで付いてきます!このモデル一つでゲーミング環境がそろうのも魅力的。

おすすめカスタマイズ

ここまでやるなら…全部カスタマイズしませんか?

  CPUクーラー
・【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー【+2,800円(税別)】
→シンプルな空冷式CPUクーラーですが、負荷時には標準のクーラーより10℃~20℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
・ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  電源
・850W 電源(80PLUS PLATINUM)【+7,800円(税別)】
→ワンランク上の変換効率・省エネ性能を誇るプラチナクラスの電源です。

  ケース
・【G-Tune】MASTERPIECE専用 ガラスサイドパネル【+5,800円(税別)】

 

G-Tuneのおすすめゲーミングノート

NEXTGEAR-NOTE i5550BA1-SP[ブロンズモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■GPU:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:HDD 500GB
■価格:139,800円(税別)~

フルカラーキーボード搭載のGTX 1060では最安

ノート用のCore i7とGTX1060を搭載したフルHD推奨モデル。メモリ8GBに500GB HDDのみの最小構成で価格の安さを実現しています。

GTX 1060はグラフィックメモリ6GB版を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

このモデルの最大の強みは「フルカラーキーボードを搭載したGTX 1060モデルで最安」という点です。ドスパラにも同様のモデルがありますが、デュアルストレージ構成で価格が高いのがネックで、その差は約3万円

フルカラーキーボードの安いモデルを探している方におすすめの一台です。

おすすめカスタマイズ

予算次第ですが、重量級のゲームが多くなってきているので、メモリは16GBあると安心。用途に応じて、SSDを追加したり、HDDの容量を増やすのもいいでしょう。

  メモリ
・16GB メモリ  8GB×2 ( DDR4-2400)]【+11,800円(税別)】

  SSD
・256GB NVM Express SSD (インテル(R) 600p)【+15,800円(税別)】
・512GB SSD (M.2 SATA3 接続)【20,800円(税別)】

  HDD
・1TB HDD (5400rpm)【+3,800円(税別)】
・2TB HDD (5400rpm) [ Seagate 製 ]【+11,800円(税別)】

NEXTGEAR-NOTE i4400SA1[シルバーモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1050Ti
■ストレージ:SSD 240GB
■価格:129,800円(税別)~

GTX 1050 Ti搭載モデル最軽量で持ち運びがラク

ノート用のCore i7-7700HQにGTX1050Tiを搭載したフルHD入門モデル。8GBメモリにSSDのみと、速度重視のシンプルな構成です。今ならSSD容量が240GBのところ、512GBに無料アップグレードでおトク。

このモデルの最大の特徴はその軽さ。サイズを一回り小さい14インチサイズにすることにより、重さは約2.0kgと他社モデルより約300~700gも軽量化を実現しています。よく持ち運ぶ方には嬉しいですね。

ゲーミングモデルらしく、白色LED内蔵キーボードや、サウンドエンジン【Sound Blaster X-Fi MB5】を搭載しているほか、デュアルファンも搭載。冷却面も安心です。

軽量ボディのため、GTX 1050 Ti搭載モデルにしては価格が高めです。持ち運び用とわりきり、一番安いシルバーモデルがおすすめ。

おすすめカスタマイズ

HDDを追加すると割高になるので、SSDの容量が不安であれば増やしておきましょう。

  SSD
・525GB SSD ( Crucial MX300 / SATA3 / 6Gbps 対応 )【+13,800円(税別)】
→読み書きムラなく速いMX300シリーズがおすすめ。

NEXTGEAR-NOTE i5730BA3-SP[シルバーモデル]

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:15.6インチ フルHD ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:HDD 256GB+HDD 1TB
■価格:199,800円(税別)~

スタイリッシュなGTX 1070搭載モデル

ノート用のCore i7-7700HQとGTX 1070を搭載した15インチモデル。16GBメモリとGTX 1070のパワーで、重量級のゲームでも安定してプレイできます。また、SSD+HDDのデュアルストレージ構成というのも非常に使いやすい。

白色LED内蔵のキーボード指紋認証センサーを搭載。さらに、定番のサウンドエンジン「Sound Blaster X-Fi MB5」を搭載しており、迫力のあるサウンドでゲームを楽しむことができます。

また、ボディの天板とパームレストにはアルミヘアライン加工がされており、ハイスペックマシンにふさわしい、高級感あふれる仕様になっているのも魅力です。

おすすめカスタマイズ

予算に余裕があればストレージのカスタマイズをどうぞ。

  SSD(M.2)
・512GB NVM Express SSD ( インテル(R) 600p )【17,800円(税別)】
→通常のSSDよりも4~5倍速いNVMeタイプが安くておすすめ。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD ( 5400rpm ) [ Seagate 製 ]【+9,800円(税別)】

関連リンク

ほかのショップもチェック

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする