もう悩まない! 最短でゲーミングPCを選ぶ方法

ここが一番重要。

実際ゲームパソコンを選ぼうにも、どこから手を付ければいいのかわからない…と悩んでいませんか?そこで手っ取り早くモデル選びができる、2つの最短方法をご紹介します。

ゲーミングPCはこうして選ぼう!

まずは非常にオーソドックスな選び方を紹介しましょう。

ゲーム推奨PCを選ぶ

ゲームメーカーとBTOメーカーがコラボして、ゲーム推奨パソコンというのを販売しています。

ゲームの動作を保証しているので、安心して購入できるほか、モデルによってはオリジナル特典がつくメリットもあります。

なおFF14やPSO2、ドラクエ10など、ゲームによっては「ベンチマークソフト」の結果が記載されているので、それを参考にしてモデル選びをするのもありです。

ベンチマークソフトとは

ちなみに「ベンチマークソフト」とはゲームメーカーが配布しているソフトのこと。実際にゲームのデモムービーを流してパソコンの性能を測定するのに使います。

ゲームを滑らかに、快適にプレイできる目安である60FPS(1秒間に60回の描写スピード)を確保するには、最高評価の結果を出せることがほぼ必須です。

動作環境で選ぶ

もしゲーム推奨パソコンが見つからない場合はこちら。

ゲームメーカーから、ゲームが動作するスペックの目安となる「動作環境」が発表されているので、それをもとにモデルを選びます。

動作環境はほとんどの場合、公式HPに記載されており、「推奨動作環境」「必要動作環境」「動作環境」といったような形で掲載されています。

もし「推奨動作環境」や「必要動作環境」と記載されている場合には、快適にプレイできるスペックである推奨動作環境にあったモデルを選ぶようにしましょう。必要動作環境というのは、あくまでもプレイするのに最低限のスペックのことを指します。

【裏ワザ】ゲーミングPCはこうして選ぼう!?

グラフィックボード×解像度で選ぶ

これだけは知っておきたい!ゲームパソコンのパーツ選びをかんたんに解説で紹介した方法です。

ゲームの3D描写に欠かせない重要パーツ、グラフィックボードをベースにモデルを選びます。とてもシンプルで、わかりやすいのが特長。

各グラフィックボードごとに、得意とするディスプレイの解像度があるので、今持っている・今後購入予定のディスプレイの解像度をチェックするだけでOK。とてもかんたんです。

グラフィックボードのおさらい

グラボと解像度の関係をおさらいしてみましょう。できれば色々なゲームに応用が効くGTX1060ぐらいは入れておきたいものです。

性能目安

■Geforce GTX1080Ti
4K画質で余裕を持ってプレイしたい場合

■Geforce GTX1080
4K画質でプレイしたい場合

■Geforce GTX1070
フルHD以上の2K(WQHD)画質で快適にプレイしたい場合

■Geforce GTX1060
フルHDで快適にプレイしたい場合

■Geforce GTX1050/1050Ti
とりあえずフルHDでプレイしたい場合

シェアする

フォローする