G-Tune NEXTGEAR-MICRO im610SA1-Cをレビュー 大人気モデルがリニューアル!Core i5-8500×GTX 1060の高コスパPC

今回G-Tuneの【NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C】をお借りしました。

ミニタワーの【NEXTGEAR-MICROシリーズ】がフルモデルチェンジ!新開発のケースにCore i5-8500・GTX 1060・デュアルストレージを搭載し、高いコスパで大人気のモデルをチェックしてみましょう。

スペック

CPUクーラーを【高冷却仕様 オリジナルトップフローCPUファン】にカスタマイズしています。
NEXTGEAR-MICRO im610SA1-C
サイズ W188.8×D396×H400mm
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU インテル Core i5-8500
(6コア 3.0/最大4.1GHz)
メモリ 8GB(DDR4-2400)
ストレージ 240GB SSD+1TB HDD
グラフィクス GeForce GTX 1060(GDDR5 3GB)
チップセット インテル B360 チップセット
光学ドライブ オプション
電源 500W(80PLUS BRONZE)
保証 1年(最大3年)
価格 109,800円(税別)~
付属品 ・各種マニュアル
・電源ケーブル

※2018年7月30日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

ムダのないシンプルなデザイン

ユニークなケースでおなじみ、InWin製のミニタワーケース【301】をG-Tune用にカスタムしたモデルです。

ブラック一色のフラットボディに、フロント・天板部分の切り落とし処理のみの、シンプルなデザインです。一種の機能美を感じさせます。

ゲーマーの意見を反映したケースとのことですが、実際に自作界隈ではフラット&シンプルなケースが人気なので、トレンドをしっかり取り入れたケースということができますね。

高い冷却性能

通気口の設置場所がちょっと変則的で、メインの通気口は右サイド・底面に2か所設置されています。背面のケースファン1基で、前後のエアフローを生み出しています。

以前のケースに比べると、通気口・ケースファンともに少ないのですが、内部がエアフロー特化の構造になっているので、冷却性能はほぼ同等でしっかり冷えます。しかもファンが少ない分だけ静かというメリットも。のちほど詳しくチェックしてみましょう。

ちなみに防振用のインシュレーターですが、前モデルと同じくゴム製の頑丈なタイプが取り付けられており、安定性はバツグンです。

またほこり対策として、ダストフィルターも設置されています。マグネット式なので、簡単に取り外して丸ごと水洗いもできます。

VR機器の取り回しがとてもラク

このケースの独自ギミックとして、フロント部分にHDMI端子が設置されています。なんでこんなところに付いているのかというと、VR機器を接続するためです。

後ろにつなぐとなると、その分だけケーブルの長さがとられる上、他のケーブルと絡まったりするなど、取り回しに色々不便です。が、前に差し込めばそんな不便は一切なし。ケーブル周りで悩まされることはありません。

フロント部分のHDMI端子を使うときは、背面に収納されているケーブルをグラボに差し込みましょう。差し込むと下のような感じになります。

またインターフェースも非常に充実しており、USB端子はフロント・背面あわせて計8ポート搭載!そのうち背面の4ポートは大容量給電に対応したUSB3.1 Gen.1となっています。さらにPS2ポートも搭載しているので、古いマウスやキーボードを再利用でき地味ながら便利。

映像端子はDVI-D・HDMI・DisplayPort×3と一通りメジャーな端子はそろっています。DVIがあるので、古いモニターにもしっかり対応できます。

内部

チャンバー構造採用

サイドパネルのネジを外して内部にアクセスすると、この通りとてもスッキリした内部となっています。

これは【チャンバー構造】という方式で、通常はケース下部に配置されている電源や各種ベイを上部に集約。内部をスッキリさせエアフローを極限まで高めることにより、最小限の通気口・ケースファンで高い冷却性能を実現できます。

もちろん裏配線にも対応しており、かさばる配線類はケースの裏側の配線スペースに通すことで、エアフローを妨げるものはなにもなし。まさにパーフェクトな内部構造です。

拡張性は最小限

ミニタワーにしては拡張性が低く、スリムタイプの5インチベイ×1、3.5インチベイ×2、2.5インチ×2のみとなっています。特にHDDを搭載する3.5拡張ベイが1基というのがどうにも引っかかりますね。

SSDもかなりお手頃な価格になっていますが、大容量タイプとなるとラインナップが少なく、とにかく高いのが実情。2.5インチHDDという手もありますが、ノート用なので速度が遅く、大容量だと価格も高め。あえてデスクトップで使うものではないですよね。

一方3.5インチHDDは大容量化で価格も安く、2.5インチHDDよりも高速ということで、データの保存ならやはり3.5インチHDDに分があります

やはり購入後の増設を考えると、3.5インチベイは余分にある方が安心。拡張性でいうなら、ミドルタワーの【NEXTGEARシリーズ】のほうがおすすめです。

ASRock製マザーボード搭載

ミニタワーケースということで、マザーボードは一回り小さいmicro ATX規格で、ミドルクラスのB360チップセットとなっています。定番のパーツメーカーASRock製の【B360M】を搭載。どうやらBTO独自のボードのようですね。

CPUクーラーですが、一見標準ファンに見えますが、やや大型の【オリジナルトップフローCPUファン】へカスタマイズしてあります。クーラーマスターのスタンダードモデル【iシリーズ】っぽい感じ。肝心の温度は後でチェックしてみましょう。

ブロワファンタイプのGTX 1060

グラフィックボードはミドルクラスのGTX 1060を搭載。コスパに優れたグラフィックメモリ3GB版で、フルHDでのゲーミングであればまずこのレベルは欲しいところ。

ボードはオーソドックスなブロワファンタイプとなっています。グラボの排熱を内部にまき散らさず、直接背面に排気できるのがメリットです。

PCの心臓ともいえる電源は、500Wブロンズクラス電源を搭載。ブロンズクラス電源は最大85%の電力変換効率を誇り、コンセントからの電力を効率よく変換供給できる、省エネ・低発熱の優れた電源です。

温度

こちらはFF14ベンチマークを実行した際の各パーツの温度です。なお、室温は25℃です。

CPUは40℃~50℃台前半とよく冷えています。900円のCPUクーラーにしては上出来。また、グラボも70℃半ばとブロワファンタイプにしてはかなり低い温度です。ケースそのものの冷却性能が非常に高いことがわかりますね。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで性能をチェックしてみましょう。

CINEBENCH

CPUは最新のインテル第8世代【Core i5-8500】を搭載しています。ついに4コアの殻を破って6コアになり大幅にパワーアップ!

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックすると、前世代の4コア8スレッドCPU・Core i7-7700を超えるスペックになっています。

Core i5とは名前だけで、とんでもない性能になったものです。

FF14

ゲーミングPC業界において、ある意味「標準ベンチマークソフト」ともいえるFF14ベンチマーク。

DirectX 11・フルHD解像度・最高品質という重量級のグラフィック設定で、スコア7000以上の「非常に快適」をマークできれば、現行オンラインゲームを幅広くプレイできるスペックだと判断することができます。

ただし、平均60fpsをキープして快適にということであれば、スコア9000以上は欲しいです。

結果はフルHD・最高品質でスコア11019「非常に快適」となり、余裕で平均60fps以上キープできます。なお、WQHD・最高品質ではスコア7095と9000に届きませんでした。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価で、平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

フルHD・高品質ではスコア3721(普通)で全く歯が立ちません。フルHD・標準品質でもスコア5942(やや快適)となり、ギリギリで届かず。軽量品質にすればスコア7845(快適)になりますが、品質がかなり落ちるのでおすすめしません。

グラフィックメモリ6GB版のGTX 1060では6000オーバーが可能ということを考えると、メモリ容量の差がもろに影響していることがわかります。

オープンワールドやFPSゲームなど重量級のゲームでは、グラフィックメモリが性能に直結するので、性能重視であればやはりグラフィックメモリ6GB版がおすすめ

PUBG

人気沸騰中のバトルロイヤルゲーム【PUBG】のスコアも測ってみました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

測定条件

 解像度はフルHD

 時間帯は日中、快晴

 パラシュート降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

ウルトラ
平均fps 49fps 76fps 86fps 120fps
最低fps 41fps 62fps 73fps 104fps
最高fps 62fps 99fps 118fps 131fps

競技性の高いゲームなので、スムーズに動作する60fpsは絶対にキープしたいところ。

高設定でも最低60fpsをキープできますが、最低fpsが60スレスレなので、安定性を重視するのであれば中設定がおすすめ。きれいなグラフィックを堪能するようなゲームでもないので、中設定でも画質的には十分です。

ちなみに、解像度を一つ上げてWQHDでプレイしてみたところ、中設定で平均62/最低53/最高71fpsという結果に。最低fpsが60に届かないので、やはりフルHDでのプレイがおすすめ。

ちなみに、グラフィックメモリ6GB版のGTX 1060であれば、フルHD・中設定で平均100fpsをキープできるようになるので、さらにプレイの精度が高まります。

PUBGといえばメモリを多く使うことで有名ですが、このモデルでは最大でも5.5GB程度なので、ゲーム+録画配信などガッツリ使いこむのでもなければ、8GBのままで十分です。

Fortnite(フォートナイト)

無料版【PUBG】ということで最近人気のゲームです。対人戦にプラスして、採集や建築要素があり、無料のわりにできることが多いのがポイント。さらにPUBGよりも軽いということで、人気なのもわかります。

測定条件

 解像度はフルHD

 グライダー降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

エピック
平均fps 84fps 111fps 168fps 184fps
最低fps 72fps 97fps 135fps 129fps
最高fps 98fps 126fps 202fps 221fps

競技性が高いので、平均60fpsはしっかりキープし、平均100fpsを狙いたいところ。

軽いのはたしかですが、設定を上げるとガッツリ重くなるのが特徴。それでもエピックで平均84fpsと60fpsを大幅に超え、安定してプレイできます。高リフレッシュレートモニターを使うのであれば、高設定にするのがおすすめ。画質はほとんど変わりません。

ちなみにワンランク上のWQHDですが、高設定で平均71/最低62/最高83fps、中設定で平均102/最低89/最高120fpsなので、十分射程圏内です。

PSO2

以下軽めのゲームをチェックしていきましょう。

PSO2はエピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア4500で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・設定6でスコア39576と余裕のスコアをマーク。

ドラゴンズドグマ オンライン

スコア7000以上で「とても快適」となり、スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。フルHD・最高品質でスコア11537とこちらも余裕です。

モンスターハンターフロンティアZ

スコア6000で平均60fpsをキープできますが、フルHDでスコア22245と非常に高いスコアをマークし、高グラフィック版の「High Grade Edition」も余裕でプレイできます。

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60fpsをキープできます。…ケタ違いの高いスコアですね。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy)それぞれの条件で測定することができます。

グラボ性能の指標として参考までにどうぞ。

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルはSSD+HDDのデュアルストレージ構成となっています。ゲームや各種アプリは読み書きの早いSSDに、動画や画像などのかさばるデータ類はHDDに入れるといった便利な使い分けができます。

SSDはお手頃価格で人気のKINGSTON製となっています。肝心の速度は、ランダムの読み書きがいまいち振るいませんが、SSDだと数値以上の速度差を体感できないので、あまり気にする必要はありません。

ゲームのロードも早く、ブラウジングもサクサクで非常に快適!

おすすめカスタマイズ

コスパ重視のモデルとして完成度が高く、基本的にはカスタマイズの必要はありません。CPUクーラーですが、約900円ならついで感覚でカスタマイズするのがおすすめ。

そのほか動画編集や配信もやってみたいということであれば、ストレージやメモリの容量を増やしましょう。ストレージ、特にHDDのベイは1つしかないので、なおさら。

icon-check-circleG-Tuneのおすすめカスタマイズを徹底解説

まとめ

前世代のCore i7を超えたCore i5-8500のインパクトがなかなか大きいですね。デュアルストレージ付きで10万円強とコスパが非常に高く、フルHDのゲーミングPCということであればまずおすすめ。

ただ、新開発のケースについては好みが分かれそうですね。随所にトレンドを取り入れていますが、HDD用の3.5インチベイが1基のみなので、使い方によっては足りなくなります。こればかりは自分の用途とよく相談しましょう。

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする