ガレリア GCF1060GF-Eをレビュー 新機軸満載!第8世代Core i7とGTX 1060を搭載したスリムゲーミングノート

今回はドスパラの「GALLERIA(ガレリア) GCF1060GF-E」をお借りしました。

最新の第8世代Core i7とGTX 1060をスリム&コンパクトボディに詰め込み、さらに新機軸を採用したドスパラの意欲作をチェックしてみましょう。

スペック

ガレリア GCF1060GF-E
サイズ W360×D245×H27mm
重量 約2.0Kg
OS Windows 10 Home(64ビット)
CPU Core i7-8750H
(6コア12スレッド 2.2/最大4.1GHz)
メモリ 8GB(DDR4-2666)
ストレージ 250GB SSD+1TB HDD
グラフィクス GTX 1060(GDDR5 6GB)
ディスプレイ 15.6インチ、フルHD(1920×1080)、
ノングレア
インターフェース USB3.0 Type-A×2、
USB3.0 Type-C、、USB2.0、
HDMI、miniDisplayPort×2、
マイク入力、ヘッドフォン出力、
SDスロット、LANポート
光学ドライブ ×
カメラ HD画質 WEBカメラ
スピーカー ステレオスピーカー
キーボード 日本語キーボード
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.?
保証 1年(最大3年)
価格 169,980円(税別)~
159,980円(税別)~
付属品 ・ACアダプター/電源ケーブル
・各種マニュアル

※2018年6月24日時点での内容です。製品仕様・販売価格については変更となる可能性があります。

外観

高級感あふれる金属パネル仕上げ

ボディそのものはプラスチック製ですが、天板とキーボード面がヘアライン仕上げのアルミパネルでコーティングされており、とても高級感があります。また天板部分のロゴが省略され、スマートさも兼ね備えています。

ゲーミングノートではやはり冷却が心配になりますが、底面はこの通り大きく通気口が搭載されており、背面2基のデュアルファンで強力に排気します。あとで温度をチェックしますが、冷却性能はかなり高く、熱がこもる心配はありません

スリム&コンパクトボディ

このモデルの最大の特徴は「とにかく軽い」こと。15インチのゲーミングノートでは破格の約2.0Kgを実現しています。約2.35Kgだった旧モデルと比較すると、いかに軽いかがわかると思います。

その秘訣はスリム&コンパクトな筐体にあり。極細ベゼルを採用することで、旧モデルに比べ、幅・奥行きともに約3cm小さくなり、厚さは約2mm薄くなりました。

ゲーミングノートはお世辞にも持ち運びに適しているとは言い難いのですが、このサイズと重さであれば、持ち運び用としてもかなり魅力的ですね。

充実したインターフェース

スリムボディですが、インターフェースはなかなかの充実ぶり。

USB端子は、USB3.0・USB2.0を計4ポート搭載。USB3.0のうち一つは、最近スマートフォンなどで普及しつつある、小型&リバーシブルのType-Cポートとなっています。そのほかSDスロットが搭載されており、光学ドライブこそありませんが、便利なラインナップです。

画面出力はHDMI、miniDisplayPort×2が搭載され、複数画面への出力も可能です。ポートが背面配置という点に注目。ディスプレイケーブルって太さがあるので、けっこうかさばるんですよね。サイドをケーブルまみれにせず、分散させる発想はグッド!

ディスプレイ&キーボード

極細ベゼル採用ディスプレイ

ディスプレイサイズは15.6インチで、解像度は標準的なフルHDとなっています。映り込みの少ないノングレアタイプで、自分の顔とにらめっこすることなく、ゲームに集中できます。

外観でも触れた通り、ディスプレイのベゼル(枠)が幅7mmの極細仕様となっています。ボディの小型化はもちろん、見た目も野暮ったさがなく、とてもスタイリッシュですね。ゲーミングノートで極細ベゼルは珍しいですね。これだけでも希少価値あります。

ディスプレイの発色・コントラストともに高めできれいですね。目立った色ムラもなく、おそらくTNパネル以外の何かでしょう。

新型光学スイッチ採用!LED内蔵キーボード

ゲーミングノートらしく、華やかなフルカラーキーボードを搭載しています。もちろん、付属のソフトでカラーや発光パターンを調節可能です。

一般的なメンブレン式ではなく、最新の光学式スイッチを採用しているのがポイント。メカニカルのような…とのうたい文句ですが、深めのキーストロークとスイッチ感はまさにメカニカルそのものです。

例えるなら【青軸】に近い感じですね。「カチッ、カチッ」という大きめの操作音でスイッチ感もしっかりあります。また、見ての通りキートップが平面仕様なので、どっしりとした安定感という点では好みが分かれそうです。

ーボードそのものは縦6列、テンキー付きのフルサイズ規格です。見かけによらず、キーピッチもしっかり19mmと余裕があるので、タイピングやゲーム操作は快適。ゲームでよく使う「W・A・S・D」キーにはマーキング処理され、わかりやすくなっています。

慣れの問題ですが、「Z」キーの横に「¥」キー、「変換・無変換」キーが同一…などなど配列が変則的なので注意。

スムーズなタッチパッド

ぱっと見、一体型のよくあるタッチパッドですが、表面はさらさらしておりカーソル操作は非常にスムーズです。

またクリックボタンですが、とても反応がよく軽い力で操作できます。旧モデルだとグッと押し込む必要がありましたが、しっかり改善されています。

便利機能いろいろ

ゲーミングノートらしく【Control Center】で、ファンやキーボードのLEDの調整やシステムのモニタリングなど、各種設定がワンストップでできるようになっています。

キーボードのLEDは単色やレインボー、さらにはウェーブなどのアニメーションにも対応しており、調整が意外に楽しい?です。ちなみに、フロントのLEDバーは初期状態だと点灯していないので、こちらのカスタマイズもお忘れなく。

サウンド設定ツール【Sound BLASTER CINEMA5】も搭載。前バージョンよりも機能が拡張され、3Dバーチャルサラウンドが細かく設定できるようになりました。ヘッドセットでのゲーミングがよりはかどります。

ベンチマーク

各種ベンチマークソフトで実際の性能をチェックしてみました。

CINEBENCH

3Dグラフィックのレンダリングソフト「CINEBENCH」で、CPUのシングル・マルチでの性能をチェックしてみました。

このモデルでは、インテルのノート用ハイエンドCPU【Core i7-8750H】を搭載しています。

Core i7-8750Hは第8世代「Coffee Lake-H」のCPUで、デスクトップと同じく6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。4コア8スレッドの第7世代Core i7より約30~40%も性能が向上しています。

前世代の4コア8スレッドCPU・Core i7-7700HQと比べてみると、シングル・マルチともに性能が向上しており、特にマルチコアでは約31%と大幅にパワーアップしています。ゲームはもちろん、ゲーム+録画配信などのマルチタスクによりいっそう強くなりました

FF14

毎度おなじみDirectX 11の重量系ベンチマークです。DirectX 11・フルHD・最高設定で、スコア7000以上【非常に快適】をマークできれば、現行オンラインゲームを幅広くプレイできるスペックだと判断することができます。

ただし、平均60fpsをキープして快適にということであれば、スコア9000以上は欲しいです。

結果はフルHD・最高品質でスコア9948(非常に快適)となり、きっちり60fpsをキープできます。

FF15

「ファイナルファンタジー」シリーズ第15番目の最新作「ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION」のベンチマークです。スコア6000以上で【快適】評価で、平均60fps以上でプレイできます。

FF14と同じくDirectX 11ですが、オープンワールド&4K/8K解像度に公式対応していることもあり、ケタ違いに重くなっています。推奨GPUにGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を要求してくるレベルです。

やはり重い!フルHD・標準品質でスコア5722(やや快適)と6000に届かず。ノートなのでデスクトップに比べるとあと一歩といったところでしょうか。フルHD・軽量品質でようやくスコア6000をオーバーするようになります。

ただ、画質的に許容できるのは標準品質まで。軽量品質だと影とテクスチャの品質が大幅に落ちてしまうので、せっかくのきれいなグラフィックが台無しです。

標準品質で6000ギリギリだと動作に不安があるので、GTX 1070以上のモデルがおススメです。

PUBG

人気沸騰中のバトルロイヤルゲーム【PUBG】のスコアも測ってみました。重量級のグラフィックでゲーミングPC泣かせのタイトルです。

測定条件

 解像度はフルHD

 時間帯は日中、快晴

 パラシュート降下後、1分間のダッシュ&屋内探索

ウルトラ
平均fps 55fps 88fps 95fps 103fps
最低fps 46fps 74fps 67fps 78fps
最高fps 63fps 100fps 109fps 118fps

競技性が高いので、60fpsはしっかりキープしたいところ。

マルチコアCPUとグラフィックメモリ6GBで安定感はバツグン!「高」設定でも最低60fps以上をキープすることができ、高い画質で安定してプレイできます。

ちなみにPUBGはメモリの消費が激しいゲームですが、このモデルだと最大でも6GB前後なので、とりあえず8GBのままでもOK。ゲームと同時に録画配信ということであれば、16GBに増やしておきましょう。

PSO2

こちらは軽めのゲームです。エピソード4にてグラフィック描写が「設定6」に引き上げられましたが、それでもやはり軽いことに変わりありません。スコア2700以上で平均60fpsをキープできます。

結果はフルHD・設定6でスコア22404と朝飯前です。

ドラゴンズドグマ オンライン

このゲームもPSO2と同じく、軽めのゲームです。スコア7000以上で【とても快適】となり、スコア5800以上で平均60fpsをキープできます。

フルHD・最高品質でスコア9024(とても快適)をマークし、これもまた余裕です。

モンスターハンターフロンティアZ

こちらも軽いモンハンZのベンチマークスコアです。スコア6000以上で平均60fpsをキープできます。

フルHDでスコア21253と非常に高いスコアなので、高グラフィックバージョンの「High Grade Edition」もプレイ可能です

ドラクエ10

グラフィック品質にこだわらなければ、ノートPCでもプレイできるほどの軽さが特徴です。スコア5500以上で平均60 FPSをキープできます。

結果は言わずもがなでしょう。フルHD・最高品質でスコア17315(すごく快適)をマーク。

3DMARK

3DMARKは、グラフィックボードやCPUを含めたグラフィック能力を総合的に測定するベンチマークソフト。

DirectX 9(Ice Storm)・DirectX 10(Cloud Gate)・DirectX 11(Sky Diver/Fire Strike)、そして最新のDirectX 12(Time Spy)と、重量級から軽量級まで、それぞれの条件で測定することができます。

GPUの性能指標として、参考までにどうぞ。

CrystalDiskMark

【CrystalDiskMark】は、ストレージの読み書きの転送速度をチェックソフトです。ポイントはランダムデータ(4Kと書いてある項目)の転送速度。これが速いほど、ブラウジングやアプリの動作が速くなり、実用的なストレージといえます。

このモデルは250GB SSD+1TB HDDのデュアルストレージ構成となっています。ゲームは高速のSSDに、データ類はHDDに入れるという便利な使い分けができ、とても便利です。

SSDはSKhynixのスタンダードモデルです。SKHynixに東芝…ノートPCだとよく見かけますね。肝心の速度ですが、書き込みがやや遅いかなといった程度で、標準的な速度はしっかり出ています。

いずれにせよ、ゲームのロード時間は短く、ブラウジングなどもサクサクで快適そのものです。

温度

FF14実行時の温度を測定してみました。なお、室温は25℃です。

CPUは70℃台、GPUは60℃後半と、ゲーミングノートにしてはよく冷えています。スリムタイプとは思えないレベルです。

ただ、ファンの風切り音がかなり豪快で気になりますね。。PCの正面で計測してみると、最大54.5デシベルをマークしました※防音室や無響室での測定ではないので、あくまでも参考までにどうぞ

ちなみに最小時では46.3デシベルとありますが、アイドルなのでほぼ無音です。

対処法ですが、冷却には余裕があるので、ファンの回転数をカスタマイズするのがおすすめ。極論を言うなら、ヘッドホンやヘッドセットで一発解決です。

おすすめカスタマイズ

グラフィック描写が重いゲームが増えており、メモリは16GBあると安心です。後で増設するのもありですが、いまだに相性問題が付きまとうので、最初から入れておいた方があとあとラクです。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

まとめ

最新Core i7の高い性能もさることながら、15インチゲーミングノートをここまでコンパクト&軽量に仕上げてしまうとは驚きの一言。メカニカル風味のキーボードも斬新ですね。

全体的な完成度がとても高く、こだわりのGTX 1060モデルとしておすすめの一台です

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお...

シェアする

フォローする