15万円以上20万円未満のおすすめゲーミングPC ハイスペックマシンがよりどりみどり

  • ハイスペック~ハイエンドの価格帯
  • 4Kの高解像度に対応したモデルがよりどりみどり

15万円を超えるとスペックに余裕のあるゲームパソコンが多くなり、4K入門に最適GTX 1070 Ti・GTX 1080搭載モデルが登場します。

さらに、20万円近くになるとさらに性能が高いGTX 1080 Ti搭載モデルを狙うこともできます。4Kを快適にということであれば、こちらの方がおすすめ。

この価格帯も売れ筋分野なので、ラインナップが充実しています。

15万円以上20万円未満のおすすめゲーミングPC

GTX 1070 Ti搭載モデル

GTX 1080に匹敵する性能を誇る、4K入門スペック

  ガレリア ZV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 640GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:179,980円174,980円(税別)~

最新パーツを搭載したコスパ最強モデル

最新のインテル製CPU「Core i7-8700K」を搭載したミドルタワーモデル。前世代のCore i7-7700Kよりもコア数が増え、ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。

コアが増えた分、発熱も高くなったので、大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。なおチップセットは、拡張性に優れた上位の「Z370チップセット」を搭載しています。

GTX 1070 TiはGTX 1000シリーズでは最新のグラボです。型番こそGTX 1070ですが、その性能はほとんどGTX 1080そのもので、性能差は5%程度と誤差レベルです。GTX 1080並みの性能を予算を抑えてということであれば、GTX 1070 Tiがダンゼンおすすめ!

ストレージはSSD 640GB+HDD 2TBの大容量デュアルストレージにアップグレードされており、より多くのゲームをインストールできます。メモリは8GBと最低限の容量を搭載していますが、重量級のゲームが増えているので、16GBあったほうが安心。

またケースの完成度も高く、ケースのトップにもファンを搭載し、排熱性が高く、また拡張性も高いので、購入後に光学ドライブやストレージを増設することもできます。

そして納期については、最短2日のスピード出荷が可能なので、いち早くゲームをプレイすることができる点も魅力的です。

 icon-info-circle リーズナブルなCore i7-8700搭載モデルはこちら>>>ガレリア ZV 8700 icon-external-link 

おすすめカスタマイズ

グリスのカスタマイズも安いので、ついでにどうぞ。やはりメモリは16GBがおすすめ。HDDや電源は用途・予算次第ですね。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。コア数が増えた分、Core i7-7700Kよりも発熱が高くなっているので、ぜひ変更したいところ。

・高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)【+12,900円(税別)】

  HDD
・3TB HDD【+2,980円(税別)】

  電源
グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+9,600円(税別)】
→最大90%の電源変換効率を誇る、低発熱・省エネのゴールドクラスの電源です。

  LEVEL-R037-i7-TXR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:158,980円(税別)~

Core i7-8700搭載のデュアルストレージモデル

Core i7-8700と最強のグラボGTX 1070 Tiを搭載したミドルタワーモデル。

メモリは8GBに、デュアルストレージ構成とハイエンドモデルのポイントをおさえた使いやすい構成です。ただ、高解像度でのゲーミングであれば、やはりメモリは16GB欲しいですね。重量級のゲームが増えているので、なおさらです。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高いので、CPUクーラーとグリス程度はカスタマイズがおすすめ。メモリも8GB以上使うゲームが徐々に増えてきているので、16GBあると安心。ストレージや電源は用途・予算次第ですね。

  CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、交換がおすすめ。

・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

  SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】
→読み書きムラなく速いサムスン製がおすすめ。

  HDD
・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源がおすすめです。

GTX 1080搭載モデル

4K入門スペック

  LEVEL-R037-i7K-VNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:192,980円(税別)~

全部盛りのGTX 1080モデル

最新のインテル製CPU「Core i7-8700K」とGTX 1080を搭載したミドルタワーモデル。前世代のCore i7-7700Kよりもコア数が増え、ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。

大容量のメモリとデュアルストレージを搭載したフル装備で安心。特にメモリ16GBというのがポイント。最近のゲームはメモリの消費量が多くなってきており、8GBだと手におえないケースが出てきていますからね。

電源はパソコン工房ではおなじみ、省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しています。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高いので、CPUクーラーとグリス程度はカスタマイズがおすすめ。HDDや電源は用途・予算次第ですね。

  CPUクーラー
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。Core i7-8700KはCore i7-7700Kに比べ発熱が上がっているので、しっかり対策したいですね。

・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。コア数が増えた分、Core i7-7700Kよりも発熱が高くなっているので、ぜひ変更したいところ。

・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

  HDD
・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源がおすすめです。

  LEVEL-R037-i5-VNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:152,980円(税別)~

最新のCore i5-8400搭載デュアルストレージモデル

Core i5-8400とGTX 1080を搭載したミドルタワーモデル。前世代のCore i5よりもコア数が増え、前世代のCore i7-7700Kに匹敵する性能にパワーアップしました。

8GBメモリにSSD+HDDのデュアルストレージを搭載した、使いやすい初期構成が魅力です。さらに、電源はパソコン工房ではおなじみ、省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

ただ、最近のゲームはメモリの消費量が多くなってきており、また4Kの高い解像度でゲームをプレイするのであれば、メモリは多めの16GBにカスタマイズしたほうが安心です。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7なみの発熱なので、CPUクーラーとグリス程度はカスタマイズがおすすめ。メモリも8GB以上使うゲームが徐々に増えてきているので、16GBあると安心。ストレージや電源は用途・予算次第ですね。

  CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・DDR4-2666 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+11,980円(税別)】

  SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】
→読み書きムラなく速いサムスン製のSSDがおすすめ。

  HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+6,780円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源がおすすめです。

GTX 1080 Ti搭載モデル

4K推奨スペック

LEVEL-R037-i7-XNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:186,980円(税別)~

使いやすいデュアルストレージモデル

Core i7-8700とGTX 1080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。ハイエンドモデルだからといって、Core i7-8700Kにこだわる必要はなく、8700でも十分です。

8GBメモリに、デュアルストレージ、大容量電源とハイエンドマシンにふさわしい初期構成が嬉しいですね。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高いので、CPUクーラーとグリス程度はカスタマイズがおすすめ。最近のゲームはメモリを8GB以上使うゲームが増えてきているので、16GBあった方が安心です。ストレージや電源は用途・予算次第です。

  CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

 icon-check-circle SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】
→読み書きムラなく速いサムスン製のSSDがおすすめ。

  HDD
・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源がおすすめです。

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介してい...

関連リンク

ほかの価格帯もチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする