15万円以上20万円未満のおすすめゲーミングPC【ワンランク上の快適なハイスペックマシン】

  • ハイスペックの価格帯。20万円近くだとハイエンドモデルも射程圏内に
  • フルHD含む2K~4Kという高解像度を快適にプレイできるマシンスペック

15万円を超えるとスペックに余裕のあるゲームパソコンが多くなります。Core i7にGTX 1070という、現行のオンラインゲームをWQHDなどフルHD以上2K全般の高解像度で快適に遊べるスペックが見えてきます。

さらに、20万円近くになるとGTX 1080搭載モデルを狙うこともできます。最近普及してきた4Kモニターの超高解像度に対応できるハイエンドグラボで、美麗なグラフィックを楽しみながらプレイできます。

この価格帯も売れ筋分野なので、ラインナップが充実しています。が、お得なモデルがほぼ限られているので、ある意味わかりやすいのが特徴です。

15万円以上20万円未満のおすすめゲーミングPC

GTX 1070搭載モデル

 icon-trophy GALLERIA XF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:SSD 720GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:169,980円(税別)~167,980円(税別)~

 icon-bolt GTX 1070搭載のパソコンならドスパラがコスパ最強

Core i7にGTX 1070、大容量デュアルストレージとメモリを搭載した大満足モデル。電源もブロンズクラスの500Wのものを搭載しており、文句のつけようがありません。

さらに、各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)にはミドルクラスの「H270チップセット」を搭載。メーカーは品質の高さで評判の高い「ASUS」製という気合の入れようです。

今なら2,000円引き&SSD 720GBに無料アップグレード中と大変おトク!

おすすめカスタマイズ

CPUクーラーはできれば変更したいところです。HDDと電源は予算次第ですね。

 icon-check-circle CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

Core i7-7700K+静音パックまんぞくコース【+5,000円(税別)】
→大型の空冷式CPUクーラーを搭載されており、長時間のゲームでも安心してプレイできます。期間限定で上位のCPUと合わせて5,000円でカスタマイズでき、大変おトク!

 icon-check-circle HDD
動画編集マシンとしても使えるので、ゲームのプレイ動画を作成する場合には、保存用として多めにしておくのがいいでしょう。

・【SATA3】 3TB HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+8,780円(税別)】
・AcBel 700W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA015)【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

  G-GEAR GA7J-H91/T

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:HDD1TB
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■価格:151,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

カスタマイズ性の高さと安さを両立したモデル

Core i7にGTX 1070を搭載しているミドルタワーモデルです。基盤にはミドルクラスの「H270チップセット」を採用。メーカーはASUS製で定番の「ASUS PRIME H270-PLUS」を搭載しています。

初期構成ではHDDのみなので、ぜひSSDをカスタマイズしましょう。ちなみにツクモは自作PCに近いBTOメーカーなので、カスタマイズの幅が非常に広く、ポイントをおさえてカスタマイズすれば、質の高いパソコンに仕上げることができます。

おすすめカスタマイズ

CPUクーラーとSSDはぜひカスタマイズしましょう。HDDのカスタマイズ料金が安いので、ついでにどうぞ。それ以外は予算次第ですね。

 icon-check-circle CPUクーラー
・CoolerMaster製ヒートパイプ式CPUクーラー【+7,000円(税別)】
→定番のクーラーマスター製高冷却モデル「Hyper 212X」が搭載されます。通常のファンに比べ、高負荷時には最大20度ほど温度が下がります。

 icon-check-circle グラボ
【+7,000円(税別)】
→自作PCではおなじみの

 icon-check-circle SSD
最近のオンラインゲームのデータは容量が非常に多いので、大容量SSDがおすすめ。

・500GB (WD BLUE SSD / SATA 6Gbps)【+8,250円(税別)】
→速度と品質に優れたWesternDigital製のBLUEシリーズSSDです。

 icon-check-circle HDD
HDDはデータの容量によります。動画編集マシンとしても使えるので、ゲームのプレイ動画を作成する場合には、保存用として多めにしておくのがいいでしょう。

・HDD 【+2,000円(税別)】
・HDD 3【+5,000円(税別)】
→省エネ仕様が特長のWesternDigital製のBLUEシリーズHDDです。ド定番モデル。

・HDD 【+5,500円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。BLUEシリーズよりも故障しにくい安心モデル。

 icon-check-circle 電源
【+5,500円(税別)】
→ずば抜けた品質を誇る「Seasonic」ブランドの電源です。省電力・低発熱・高寿命に優れたゴールドクラスモデル。

GTX 1080搭載モデル

LEVEL-R027-LCi7K-VNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700K
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 480GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■CPUクーラー:水冷式
■価格:191,980円(税別)~

他社を圧倒する安さを誇るGTX 1080搭載モデル

ほぼカスタマイズ不要の全部入りで格安&高コスパを実現した驚きのミドルタワーモデル。

グラボは4K対応のGTX 1080に、CPUはCore i7のK付きアンロックモデルの組み合わせ。さらに冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーを搭載しています。基盤には機能性と性能に優れた上位の「Z270チップセット」を搭載し、まさにハイエンドというにふさわしい構成です。

他社と比べても圧倒的なので、GTX 1080搭載モデルを考えているのであればコレ一択です。

おすすめカスタマイズ

ここまでやるなら全部カスタマイズしたいですね。最低でもグリス程度はカスタマイズしましょう。

 icon-check-circle グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。Core i7-7700Kは無印のものに比べると発熱が高いので、ぜひ変更したいところ。

・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃温度が下がります。

 icon-check-circle HDD
・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
・700W [80PLUS GOLD認証]/ATX電源【+7,980円(税別)】

関連リンク

ほかの価格帯もチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

シェアする

フォローする