10万円以上15万円未満のおすすめゲーミングPC【実用的でお得なパソコンの激戦区】

  • ミドルモデルの価格帯。10万円を超えれば選択肢がかなり広がる
  • GTX 1060搭載モデルのど真ん中。フルHDで快適にプレイできるスペック

10万円の壁を超えると選べるモデルに幅が出てきます。Core i7にGTX 1060という、現行のオンラインゲームをフルHDで快適に遊べるスペックが見えてきます。15万円に近づけば、SSD搭載も射程圏内になり、さらに快適に。

この価格帯は激戦分野なので、ラインナップが非常に充実しています。各社よりどりみどりなので、選ぶ楽しみも味わえます。ですので、なんとか頑張って予算を確保しましょう!

10万円以上15万円未満のおすすめゲーミングPC

  LEVEL-M022-i7-RNJR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:121,980円(税別)~

非常にオーソドックスなモデルで、地味ながら安心の一台

パソコン工房で1番人気のミニタワーモデルです。Core i7とGTX 1060という鉄板の組み合わせに、SSD240GB+HDD1TBのデュアルストレージを格安で実現。電源もグレードの高いシルバークラスを標準搭載。

基盤には最下位のグレードとなる「H110チップセット」を搭載していますが、拡張性が低いだけで、ゲームの性能に影響はありません。

なお、GTX 1060には搭載メモリ3GB版と6GB版がありますが、性能的にはほぼ変わらないので特にこだわる必要はありません。

おすすめカスタマイズ

初期構成のコスパが魅力なので、カスタマイズはほどほどに。SSDの容量まで増やすと、下記のパソコン工房のミドルタワーモデル「LEVEL-R027-i7-RNA-L」とほぼ同じ価格になります。

CPUクーラーのカスタマイズが安くできるのでおすすめ。メモリやHDDは予算があれば。

 icon-check-circle CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,780円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

  LEVEL-R027-i7-RNA-L(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 480GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:144,980円(税別)~

 icon-bolt 初期構成がパーフェクトでコスパ最強

各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、拡張性が高く、グラボの性能を最大限引き出す「Z270チップセット」を搭載。

そしてCPU・メモリ・グラボ・ストレージどれをとっても快適そのもの。さらに、電源がシルバークラスとグレードが高いのもいいですね。

3番目の「GALLERIA XT」と同価格ですが、Z270チップセット、メモリ16GB、シルバークラス電源を搭載しているので、こちらがおすすめです。

おすすめカスタマイズ

冷却能力の高い水冷式CPUクーラーのカスタマイズが安くできるのでおすすめ。HDDと電源は予算次第ですが、HDDのカスタマイズ料金が安いので、せっかくだから増やしてみては?

 icon-check-circle CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→空冷式よりも冷却能力が高い水冷式CPUクーラーです。負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

 icon-check-circle HDD
ゲームの動画編集など、かさばるデータを保存するということであれば、HDDを3TBにするのもあり。

・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
電源は意外に重要なパーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源 [余裕のある大容量]【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

  GALLERIA XT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 500GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:149,980円(税別)~144,980円(税別)~

排熱性と拡張性に優れたモデル

ガレリアでは人気のミドルタワーモデルで、基盤にはミドルクラスの「H270チップセット」を搭載。全体的なバランスに優れていますが、パソコン工房のモデルと比べると、どうしても見劣りしてしまうのが実際のところ。

しかし、ケースの上部にもファンが搭載されているので、排熱性が高く、また拡張性も高いです。見た目もエッジが効いており精悍でかっこいいですね。ケースで選んでも…いいんですよ!?

納期も最短2日と業界最速なので、すぐほしい方にもおすすめ!

おすすめカスタマイズ

CPUクーラーはできれば変更したいところです。

メモリやHDD、電源は予算次第。HDDのカスタマイズ料金が安くなったので、ついでに増やしておくのもありです。

 icon-check-circle CPUクーラー
Core i7-7700K+静音パックまんぞくコース【+5,000円(税別)】
→大型の空冷式CPUクーラーを搭載されており、長時間のゲームでも安心してプレイできます。期間限定で上位のCPUと合わせて5,000円でカスタマイズでき、大変おトク!

 icon-check-circle HDD
・【SATA3】 3TB HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・16GB DDR4 SDRAM(PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)【+8,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+8,780円(税別)】
・AcBel 700W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA015)【+4,480円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

im570 シルバーモデル[CPU強化モデル] (G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:HDD1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:109,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

G-Tuneで1番人気のミニタワーモデル。こちらも「H110チップセット」を搭載。HDDのみのシンプル構成で、Core i7&GTX1060モデルでは最安値となっています。とにかく安さを求めるのであればこれ。

なお、光学ドライブ非搭載なので必要な場合にはカスタマイズで追加を。また、キーボード・マウスも付属しないので、あわせて注文するか、自前で準備する必要があります。

おすすめカスタマイズ

初期構成+αのコスパが光るモデルなので、カスタマイズはほどほどに。SSDを入れればかなり快適になるのでおすすめ。メモリやHDDは予算があれば。

 icon-check-circle SSD
・240GB (6Gbps 対応)【+12,800円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・HDD 2TB ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+4,800円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・16GB メモリ [8GB×2]【+8,800円(税別)】

i660 シルバーモデル(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:139,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

G-Tuneでは常連の売れ筋モデル。基盤には「Z270チップセット」を搭載。初期構成でメモリが16GBと多めなのが特長。最近のメモリゴリ押しゲームのことを考えると、デフォルトで16GBというのはありがたいですね。

また、電源はワングレード上のシルバークラスのものを搭載。省電力・低発熱・高寿命に優れている長持ちモデルです。

しかし、パソコン工房のモデルと比べると、やはり内容が厳しいのはたしか。G-Tuneはサポートと保証が充実しているので、購入後の安心感という点ではおすすめです。

おすすめカスタマイズ

やはりCPUクーラーを変更したいですね。SSDやHDD、電源は予算次第です。

ちなみにSSDにはOSがインストールされているので、容量を増やすなら最初にカスタマイズしておくのがおすすめ。後から容量を増やそうとすると再インストール&初期設定が必要になり、けっこう面倒です。

 icon-check-circle CPUクーラー
・[12cmファン×1基]Cooler Master Hyper 212 EV【+4,800円(税別)】
→冷却能力に定評のある空冷式のCPUクーラーです。CPUクーラーのファンは2基搭載できますが、1基もあれば十分です。

 icon-check-circle SSD
・Samsung 512GB SSD ( SATA3 / 6Gbps 対応 )【+7,800円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・【SATA3】 3TB HDD【+4,800円(税別)】

 icon-check-circle 電源
・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD ) 【+4,800円(税別)】
・700W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )【+3,800円(税別)】
→価格差がほとんど無いので、グレードの高いゴールドモデル一択です。

関連リンク

ほかの価格帯もチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

シェアする

フォローする