20万円以上のおすすめゲーミングノート 4Kディスプレイ搭載のロマンモデルが登場

  • GTX 1070からGTX 1080 SLIのモンスターマシンまでよりどりみどり
  • 20万円前半で大型の17インチGTX1070搭載モデル
  • GTX 1080はノートだとオーバースペック

20万円前半では、現行のオンラインゲームをフルHDで余裕を持ってプレイできるGTX 1070に大型の17インチディスプレイ搭載モデルが登場します。ノートのディスプレイは基本的にフルHDなので、実質この辺りが上限となります。

GTX 1080搭載モデルもありますが、フルHDでの運用ではオーバースペックなのでおすすめしません。例外として、GTX 1080×2枚構成(SLI)のモンスターモデルでは、4Kディスプレイが搭載されていますが、お値段は40万円台後半と目玉が飛び出るような価格です。

でもロマンは大事

20万円以上のおすすめゲーミングノート

GTX1070搭載モデル

GALLERIA GKF1070NF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7820HK
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
■価格:239,980円(税別)~

デスクトップに近い性能の17インチノート

Core i7にメモリ8GB、デュアルストレージ搭載という実用的な構成。

ですが、CPUがただものではありません。Core i7-7820HKはCore i7-7700HQと同じ4コア8スレッドではありますが、動作周波数が上がっており、約10%性能が高くなっています。ノートはCPUが弱点ですが、デスクトップにより近いパフォーマンスを発揮することができます。

そして、大型の17インチディスプレイを搭載。当然15.6インチよりもゲームの没入感は上です。自宅での据え置き用ということであればもってこい。

さらにNVIDIAの映像同期技術「G-Sync」にも対応しています。スタッター(カクつき)やテアリング(分断)などを抑え、スムーズな描写でゲームをプレイすることができます。

そのほか機能面では、有線LANに「Killer E2400」を、無線LANにインテル製の無線LANチップを搭載しており、ラグの少ない安定したネット接続を実現しています。もちろんゲーミングノートということで、キーボードには白色LEDを搭載しています。

これでもか!というくらいに充実しており、価格もかなり高めですが、価格以上の満足度を得られる一台です。

おすすめカスタマイズ

コスパ度外視のモデルなので、SSD・HDD・メモリ全部盛りでさらに使いやすくするのがおすすめ。

 icon-check-circle メモリ
・16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)【+7,980円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・500GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)【+8,000円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・【ハードディスク】 2TB (5400rpm)【+7,800円(税別)】

GTX1080搭載モデル

LEVEL-17FG109-i7K-WNR2(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
17.3インチ 4K(3840×2160) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700K
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1080×2(SLI)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:444,980円(税別)~

GTX1080 SLI構成のロマンあふれるモデル

このモデルはノートの形をしたデスクトップというのが正しい表現ですね。まずCPUですが、デスクトップ用のCore i7-7700Kを搭載しています。K付きのアンロックモデルということで、動作周波数を上げて性能をさらに引き出す「オーバークロック」に対応。アプリケーションによってかんたんに設定することができます。

ストレージはSSD 256GB+HDD 1TBのデュアルストレージ構成で、メモリは16GB搭載。このままでも十分ですが、せっかくのハイエンドモデルなので、しっかり拡張しておきたいところ。

ディスプレイの解像度は、ついにフルHDの4倍の解像度をもつ4Kに。さらにこのモデルでもNVIDIAの映像同期技術「G-Sync」にも対応しています。

17.3インチの大型ディスプレイも相まって、美麗なグラフィックを楽しみながら、スムーズにゲームをプレイすることができます。

機能もかなり充実しており、サウンド面ではハイレゾ再生にも対応しているこだわりよう。対応しているヘッドフォンを使えば、クリアで迫力のある、豊かなサウンドを楽しむことができます。

最近流行りのフルカラーキーボードも搭載。いかにもゲーミングらしいド派手な見た目は、視認性だけではなく、カラーやパターンを変更することで視覚的にも楽しむことができるようになっています。

さらにタッチパッドにはWindows Hello対応の指紋認証センサーもついており、面倒なPINコードやパスワードの入力も必要ないので、スムーズなログインが可能です。

そのほかインターフェースも充実しており、USBポートはなんと計7つ。うち2つは高速充電・高速データ転送・映像出力に対応した最新のThunderbolt 3を搭載しています。もちろんHDMIやMini Displayportも搭載しているので、外部出力も安心。

おすすめカスタマイズ

ハイエンドなので、全カスタマイズがおすすめ。せめてグリスくらいは変更して、熱くなりやすいノートを少しでも冷やしましょう。

 icon-check-circle CPUグリス
→「CPUグリス」という、CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。Core i7-7700Kはノート用のCPUよりも発熱が高いので、ぜひ変更したいところ。なお、ノーマルのものより2~3℃ほど温度が下がります。

・【熱伝導率が標準グリスの約15倍!】シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DR4-2400 8GB/SO-DIMM×4(デュアルチャンネル/計32GB)【+17,980円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】

関連リンク

ほかの価格帯もチェック

ノート

デスクトップ

あわせて知りたい

シェアする

フォローする