10万円以上15万円以下のおすすめゲーミングノート【エントリーからミドルクラスの激戦区】

  • GTX 1050、GTX 1050 Ti、GTX 1060が入り乱れる激戦区
  • GTX 1060でもSSD+HDDのデュアルストレージ構成が可能

ノートパソコンの場合、この価格帯からスタートします。

フルHD入門用のGTX1050やGTX1050Ti搭載モデルが中心となります。しかし値下げに伴い、フルHD推奨のGTX 1060を搭載したデュアルストレージモデルも射程圏内に入ってくるようになりました。

特にGTX 1050TiモデルとGTX 1060搭載モデルの価格差がほとんどないので、GTX 1060搭載モデルを選ぶのがおすすめです。

忘れてはならないのが、ノートはデスクトップと異なり、GPU(グラフィックボード)を交換できないということ。最近のオンラインゲームはアップデートのたびにゲームの推奨スペックが上がるので、できればGTX1060搭載モデルがおすすめです。

10万円以上15万円までのおすすめゲーミングノート

GTX 1050搭載モデル

NEXTGEAR-NOTE i5320BA1

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 500GB
■価格:109,800円(税別)~

どうしても安く!という方向け

ノート用のCore i7にメモリ8GB、HDD500GBというスタンダードな構成です。

SSDモデルやSSD+HDDのデュアルストレージモデルがありますが、あくまでも価格重視ということで、ノーマルのブロンズモデルがおすすめ。

GTX1050Tiとの性能差が約20%と大きく、価格差は約1万円程度と小さいので、できればGTX1050Ti搭載モデルを狙ったほうがいいです。

エントリーモデルながら、キーボードには白色LEDを内蔵し、インターフェースも充実。熱くなりがちなノートパソコンですが、ツインファンを搭載しており、冷却面も安心です。

おすすめカスタマイズ

カスタマイズ料金が安いので、HDDを1TBの大容量にしておくと安心。

 icon-check-circle HDD
■1TB HDD ( 5400rpm )【+5,800円(税別)】

GTX 1050 Ti搭載モデル

  G-GEAR note N1564J-710/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 240GB
■価格:117,800円(税別)~

SSD+HDD構成が最安&物損保証も安い!

こちらはノート用のCore i7にメモリ8GB、SSD240GBという構成です。ディスプレイには発色と視野角に優れたIPSパネルを搭載しており、視野角が広く、きれいな発色でゲームを楽しむことができます。もちろん白色LEDキーボードも搭載。

そして何と言っても、誤って落としてしまった場合や飲み物をこぼしてしまった場合にも対応できる、物損保証込みの3年延長保証に格安で加入できるのが魅力。しかもドスパラとは異なり、月額ではなく、購入時の掛け捨てタイプなのでとてもわかりやすいのもポイント。

例えばSSD240GB+HDD1TBという構成にしても、税込7,560円で加入することができます。仮にキーボードの上に飲み物をこぼし、下の基盤も巻き添えになった場合、同じパソコンがもう一台買えるくらいの修理金額がかかることを考えると、かなり安いことがわかります。

ありえないようで実はよくある物損事故に対応するためにも、そして何より長く使うためにも、ぜひ加入しておきたいですね。

つづいて機能面ですが、最近のゲーミングノートは、エントリーモデルであろうが機能が非常に充実しており、このモデルも例外ではありません。

ます、ディスプレイには発色と視野角に優れたIPSパネルを搭載。きれいな画面でゲームを楽しむことができます。そして、キーボードには白色LEDを内蔵し、インターフェースも充実。

さらにツインファンを搭載しており、熱くなりがちなノートパソコンの冷却も安心です。「クーラーブースト」機能もついているので、さらに冷却能力を高めることもできます。

おすすめカスタマイズ

HDDは必須アイテム。料金も安いので、ぜひカスタマイズしましょう。メモリは予算次第ですね。

 icon-check-circle SSD&HDD
・【SSD】 240GB (M.2 SATA) + 【HDD】500GB【+4,000円(税別)】
・【SSD】 240GB (M.2 SATA) + 【HDD】 1TB【+6,000円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・16GB(8GB×2枚)DDR4-2400 (PC4-19200) DDR4 SO-DIMM 【+9,000円(税別)】

  GALLERIA GKF1050TGF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■GPU:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 250GB
■価格:139,980円(税別)~132,980円(税別)~

フルカラーLEDキーボード搭載のド派手なモデル

こちらもノート用のCore i7にメモリ8GB、SSDのみ搭載した高速仕様の構成です。SSDの容量が少ないので、データ保存用のHDDを追加したいですね。

キーボードにはいかにもゲーミングPCらしく、フルカラーLEDを搭載。フロントグリルも赤く塗装されており、いかにもゲーミングらしくかっこいいです。

このモデルでもデュアルファンが搭載されており、強力に排熱できるようになっています。さらに冷却能力を向上させる「クーラーブースト機能」も搭載されています。

おすすめカスタマイズ

SSDとHDDのデュアルストレージ構成にするなら、下記のようにカスタマイズを変更しましょう。例えばSSD250GB+HDD 1TBという構成にするのであれば、差し引き+2,800円でカスタマイズできます。

なお、メモリを16GBにするのもありですが、あくまで価格重視のエントリーモデルなので、予算次第といったところです。

 icon-check-circle SSD
・250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)【+8,500円(税別)】
・500GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)【+15,000円(税別)】

 icon-check-circle ハードディスク/SSD
・【ハードディスク】 1TB HDD (5400rpm)【-5,700円(税別)】
・【ハードディスク】 2TB (5400rpm)【+1,100円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・16GB DDR4 SO-DIMM (PC4-19200/8GBx2/デュアルチャネル)【+8,580円(税別)】

  NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
14インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格:149,800円(税別)~

最軽量で持ち運びがラク

サイズを一回り小さい14インチサイズにして最軽量を実現したモデルです。重さは約2.0kgと他社製よりも約300~700gも軽いので、よく持ち運ぶ方には嬉しいですね。

SSD+HDDの構成にメモリ16GBというフルスペックの安心構成。もちろん白色LEDキーボードにツインファンを標準搭載しています。

14インチサイズの特殊な筐体を採用しているせいか、ベースモデルの価格が高めに設定されています。軽量のこだわりモデルということで、ゴールドモデルがおすすめです。

おすすめカスタマイズ

ノート用のHDDカスタマイズはデスクトップ用よりも高いので、どうして必要であれば。ここまでやると最強マシンのできあがり。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD ( 5400rpm ) [ Seagate 製 ]【+7,800円(税別)】

GTX 1060搭載モデル

LEVEL-15FX093-i7-RNSR-L

■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:139,980円(税別)~

GTX 1060搭載モデルが感動レベルの安さ!

ノート用のCore i7にグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載したフルHDスタンダードモデル。ストレージはSSD 240GB+HDD 1TBのデュアルストレージ構成で、メモリは8GB搭載し、使い勝手は上々。

機能面も充実しており、ハイレゾオーディオ対応ヘッドホンアンプを内蔵。対応するヘッドホンを使えば豊かなサウンドを堪能することができます。もちろん最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

何がすごいかというと、この内容で14万円ということ。他社だとこの構成は16万円レベルです。とんでもない安さですよ、これは…

おすすめカスタマイズ

予算に余裕があれば、SSDやHDD、メモリを増量して長く使えるパソコンに仕上げるのもあり。

 icon-check-circle SSD
・480GB 2.5インチ Serial-ATA SSD【+7,980円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

関連リンク

ほかの価格帯もチェック

ノート

デスクトップ

あわせて知りたい

シェアする

フォローする