今週のゲーミングPC通信【2018/7/14~2018/7/20】 ~取っ手付き!Lenovo Legion T530/C530が発売

今週見つけたゲーミングPCを気ままに紹介するコーナー。意外な掘り出し物が見つかるかも!?

今回はレノボの新モデル2機種をチェックしてみます。

Lenovo Legion T530

公式サイト icon-external-link

現行のLenovo Legion Y520とはまた趣向の異なるミニタワーモデルですね。

ミニタワーに取っ手を付けた大胆なデザイン

ぱっと見スリムケースに見えますが、寸法はW185×D456×H440mmのミニタワーケースです。

フロント部は大胆に穴あけ加工し、赤いライティングによるアクセントで、いかにもゲーミングPCらしく視覚的にも楽しむことができます。ボディ全体が黒塗装されているので、統一感がるのも好印象。

LANパーティーでの持ち運びを意識して、取っ手付きというのがいかにも海外モデルらしいですね。

このモデルでは、DVDスーパーマルチドライブが搭載されていますが、どこにあるのかというと…ここ↓

スムーズなエアフロー

ケースファンはフロントの吸気ファン2基、背面の排気ファン1基の計3基構成で、スムーズなエアフローを実現しています。ミニタワーにしてはしっかりしており、ケース内部に熱がこもるような心配はありません。

ちなみに拡張性ですが、3.5インチベイが2基用意されています。あくまでも最低限の数ですが、拡張するなら大容量のHDDなり入れてあげればいいので、特に気にする必要もないでしょう。価格もかなり安くなってますから。

インテル Optaneメモリー搭載

CPUはインテルとAMD搭載モデルが用意されていますが、現状ではインテルCPU搭載モデルのみ発売されており、AMD搭載モデルは後日とのこと

インテルは最新のインテル第8世代Core i7-8700とCore i5-8400を搭載。グラボはフルHDでのゲーミングに最適なGTX 1060~UHD630(CPU内蔵)とかなり広め。ゲーミングPCなのに何故か内蔵GPUモデルがあるのは、まさにレノボあるあるですね

画期的な技術として、HDDを搭載した一部モデルでは、【インテル Optaneメモリー】をあわせて搭載しています。

Optaneメモリーとは、インテルとマイクロンが共同開発した高速メモリー技術「3D XPoint」を採用したSSDの事です。SATA接続のHDDやSSDのキャッシュとして使うことで、読み書きの速度を格段に向上させます

メモリの容量にもよりますが、HDDの読み込み速度はSSDレベルかそれ以上になり、もはやHDDとは言えないレベルに。低コストでHDDをSSD並みにしてしまう驚きの技術ですね。

ラインナップ

計5種類のラインナップが用意されています。

イチオシ!Lenovo Legion T530【90JL0014JM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 2TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:212,760円159,570円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

Lenovo Legion T530【90JL002VJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:HDD 2TB(Optane 16GB)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:201,960円143,392円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

イチオシ!Lenovo Legion T530【90JL006RJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:HDD 1TB(Optane 16GB)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:145,800円103,518円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

Lenovo Legion T530【90JL0017JM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:124,740円82,328円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

Lenovo Legion T530【90JL002WJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:UHD630(CPU内蔵)
■ストレージ:SSD 256GB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:100,980円68,666円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

Lenovo Legion C530

公式サイト icon-external-link

Lenovo Legion Y720 Cube以来となる、久々のコンパクトモデルです。

やはり取っ手付きのコンパクトケース

キューブ型のコンパクトモデルで、寸法はW238×D358×H305mmとT530よりも奥行きと高さがそれぞれ約10cmほど小さくなっています。

フロントの全面に通気口を設置する大胆なデザインはこのモデルでも健在。もちろん取っ手付きで、サイズ的に持ち運びがしやすいですね。なお、LEDイルミネーションはフロントではなく、天面に搭載されています。

チャンバー構造で熱源を分離

特にコンパクトケースともなると内部に熱がこもりがちになりますが、CPUを搭載したマザーボードのエリアと、電源エリアを分離したチャンバー構造となっており、排熱が干渉しないようになっています。

さらにグラボは、天面から吸気し背面へ強制排気するブロワファンタイプを採用する徹底ぶり。前後のスムーズなエアフローも相まって、内部に熱がこもらないようになっています。

ちなみに、こう見えて3.5インチベイが2基設置されているので、最低限の拡張性はしっかり確保されています。

ラインナップ

性能面での仕様はT530とほぼ同じ。第8世代インテルCoreシリーズのCore i7・Core i5にGTX 1060・GTX 1050 Tiを搭載。一部モデルにはOptaneメモリーを搭載しています。

ラインナップは全4モデルです。

イチオシ!Lenovo Legion C530【90JX003LJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 2TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:212,760円159,570円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

Lenovo Legion C530【90JX003MJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:HDD 2TB(Optane 16GB)
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:201,960円143,392円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

Lenovo Legion C530【90JX003NJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:146,880円104,285円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

Lenovo Legion C530【90JX003PJM】

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:B360チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:124,200円81,972円(税・送料込)~
■キーボード・マウス無し

あわせて知りたい

シェアする

フォローする