GTX 1080 Ti搭載のおすすめゲーミングPC 最強の4K対応モデル

  • ウルトラハイエンドのグラフィックボード
  • 4KもVRも快適にプレイできるスペック
  • 搭載パソコンの予算は20万円~25万円

さらに高みを目指す貴方におすすめ

4Kという超解像度での描写負荷は相当のもの。そんな負荷をものともせず快適にプレイできるのがこのGTX 1080 Tiです。

堂々の20万円超えもこの価格帯からとなります。せっかくなので、とことんカスタマイズして最強の一台に仕上げましょう。

グラフィックボードの性能比較表

グラフィックボードの性能を測るベンチマークソフト「3DMark Fire Strike」でのスコアをチェックしてみましょう。

型番 スコア(3DMark Fire Strike)
TITAN X 20772
GTX 1080 Ti 21132
GTX 1080 17895
GTX 1070 Ti 17101
GTX 1070 14451
【前世代】TITAN X 14644
【前世代】GTX 980Ti 14535
【前世代】GTX 980 11581
【前世代】GTX 970 10060
GTX 1060(メモリ6GB) 10903
GTX 1060(メモリ3GB) 10116
GTX 1050 Ti 6757
GTX 1050 6145

TITAN Xという最上級のグラボがあったのですが、GTX 1080Tiが抜き去るという逆転現象が起きています。ポジション的には2番手ですが、性能は最強です。

まさに言うことなし!

GTX 1080Ti搭載のおすすめゲーミングPC

  LEVEL-R037-i7K-XNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:209,980円(税別)~

全部盛りのGTX 1080 Tiモデル

最新のインテル製CPU「Core i7-8700K」と4Kでのゲーミングに最適なGTX 1080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。前世代のCore i7-7700Kよりもコア数が増え、ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。

大容量メモリ・デュアルストレージ・電源を搭載したフル装備の安心モデルです。特にメモリ16GBというのがポイント。最近のゲームはメモリの消費量が多くなってきており、8GBだと手におえないケースが出てきていますからね。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高いので、CPUクーラーとグリス程度はカスタマイズがおすすめ。HDDや電源は用途・予算次第ですね。

  CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。

・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・DDR4-2666 16GB×2(デュアルチャンネル/計32GB)【+18,980円(税別)】

  HDD
・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】
・4TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+8,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・WD Red 2TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+4,980円(税別)】
・WD Red 3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+7,980円(税別)】
・WD Red 4TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+13,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
電源は隠れ重要パーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+4,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源がおすすめです。

  ガレリア ZZ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 3TB
■電源:800W(80PLUS GOLD)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:249,980円229,980円(税別)~

フル装備のGTX 1080 Ti搭載モデルが20,000円引き!

こちらも最新のCore i7-8700Kを搭載したミドルタワーモデル。大容量メモリ・ストレージ・ゴールドクラス電源・大型のCPUクーラーの全部盛りで、大満足の一台です。

またケースの完成度も高く、ケースのトップにもファンを搭載し、排熱性が高く、また拡張性も高いので、購入後に光学ドライブやストレージを増設することもできます。

そして納期については、最短2日のスピード出荷が可能なので、いち早くゲームをプレイすることができる点も魅力的です。

おすすめカスタマイズ

このままでも十分使えますが、最後のひと押しでグリスを交換しましょう。メモリは予算次第ですね。

  グリス
・高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・32GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx4/2チャネル)【+24,600円(税別)】

  LEVEL-R037-i7-XNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:186,980円(税別)~

お手頃なデュアルストレージモデル

Core i7-8700とGTX 1080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。ハイエンドモデルだからといって、Core i7-8700Kにこだわる必要はなく、8700でも十分です。

8GBメモリに、デュアルストレージ、大容量電源とハイエンドマシンにふさわしい初期構成が嬉しいですね。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高いので、CPUクーラーとグリス程度はカスタマイズがおすすめ。最近のゲームはメモリを8GB以上使うゲームが増えてきているので、16GBあった方が安心です。ストレージや電源は用途・予算次第です。

  CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

 icon-check-circle SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】
→読み書きムラなく速いサムスン製のSSDがおすすめ。

  HDD
・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源がおすすめです。

  NEXTGEAR i670PA1-SP2[プラチナモデル カスタム]

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■メモリ:32GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 480GB+HDD3TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:249,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

サポートと保証重視ならG-Tuneがおすすめ

Core i7-8700KとGTX 1080 Tiを搭載したミドルタワーモデル。32GBメモリを筆頭に、ストレージも電源も大容量!

ドスパラのモデルと優劣つけがたい内容ですが、メモリは16GBあれば十分ですし、その分CPUクーラーや電源などが充実しているので、ドスパラの方がおすすめ。

ただ、G-Tuneのいいところはサポートと保証が手厚い点。パソコン工房と同じく、サポートセンターが24時間365日稼働しており、困ったときにいつでも相談できます。

また、延長保証が定額制で安く、3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。

サポートと保証ならG-Tuneできまり!

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも熱くなっているので、長時間安定してCPUを冷却できるCPUクーラーとグリスのカスタマイズがおすすめ。予算次第で電源のカスタマイズをすればよりグッド。

 icon-check-circle CPUクーラー
・【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー【+2,800円(税別)】
→シンプルな空冷式CPUクーラーですが、負荷時には標準のクーラーより10℃~20℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
・ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

 icon-check-circle 電源
・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )【+6,800円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源です。

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介してい...

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする