GTX 1080搭載のおすすめゲーミングPC ワンランク上の4K入門モデル

  • ハイエンドのグラフィックボード
  • 4Kゲーム入門に最適
  • 搭載パソコンの予算は15~20万円

4Kモニターの普及にあわせて、4Kに対応したオンラインゲームが増えてきました。GTX 1080はその高い解像度に対応できるハイエンドのグラフィックボードです。

GTX 1080に匹敵するグラボ「GTX 1070 Ti」が登場してから、やや影が薄くなってしまった印象。4KならGTX 1080 Ti、4K入門レベルであれば安いGTX 1070 Tiでいいじゃないといった感じで、中途半端なんですね。

ちなみに、最新第8世代Core i5の性能が、前世代のCore i7に匹敵するので、予算を抑えるのであれば第8世代Core i5でもOK。

グラフィックボードの性能比較表

グラフィックボードの性能を測るベンチマークソフト「3DMark Fire Strike」でのスコアをチェックしてみましょう。

型番 スコア(3DMark Fire Strike)
TITAN X 20772
GTX 1080 Ti 21132
GTX 1080 17895
GTX 1070 Ti 17101
GTX 1070 14451
【前世代】TITAN X 14644
【前世代】GTX 980Ti 14535
【前世代】GTX 980 11581
【前世代】GTX 970 10060
GTX 1060(メモリ6GB) 10903
GTX 1060(メモリ3GB) 10116
GTX 1050 Ti 6757
GTX 1050 6145

トップスリー入りの高性能グラボです。前世代は遥か彼方に…。この性能なら、しばらく交換する必要はないですね。

GTX 1080搭載のおすすめゲーミングPC

  LEVEL-R037-i7K-VNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:189,980円(税別)~

全部盛りのGTX 1080モデル

最新のインテル製CPU「Core i7-8700K」とGTX 1080を搭載したミドルタワーモデル。前世代のCore i7-7700Kよりもコア数が増え、ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。

大容量のメモリとデュアルストレージを搭載したフル装備で安心。特にメモリ16GBというのがポイント。最近のゲームはメモリの消費量が多くなってきており、8GBだと手におえないケースが出てきていますからね。

電源はパソコン工房ではおなじみ、省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しています。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高いので、CPUクーラーとグリス程度はカスタマイズがおすすめ。HDDや電源は用途・予算次第ですね。

  CPUクーラー
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。Core i7-8700KはCore i7-7700Kに比べ発熱が上がっているので、しっかり対策したいですね。

・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。コア数が増えた分、Core i7-7700Kよりも発熱が高くなっているので、ぜひ変更したいところ。

・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

  HDD
・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源がおすすめです。

  G-GEAR GA7J-J92/ZT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:199,800円194,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

自作クオリティのGTX 1080モデル

最新のインテル製CPU「Core i7-8700K」と4K入門スペックのGTX 1080を搭載したミドルタワーモデル。

このモデルの最大の特徴は、各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)に、高い耐久性と信頼性を誇るASUS製「TUF(The Ultimate Force)」シリーズのZ370チップセットを採用している点。

各パーツが軍事規格に準拠しており、耐久性に特に優れ、長時間・長期間の使用でも安定したパフォーマンスを発揮します。さらに高品質なインテル製のLANコントローラを搭載しており、安定したネット環境で快適にオンラインゲームをプレイすることができます。

大容量のメモリ・ストレージ・電源を装備し、充実した初期構成も魅力的。ケースの排熱性や拡張性にも優れ、長く使える一台です。

おすすめカスタマイズ

CPUの発熱対策でCPUクーラーとグリスの変更がおすすめ。カスタマイズ料金が安めに設定されているので、さらに上を目指すのもあり。

  CPUクーラー
・CoolerMaster製ヒートパイプ式CPUクーラー【+3,000円(税別)】
→定番のクーラーマスター製高冷却モデル「Hyper 212X」が搭載されます。通常のファンに比べ、高負荷時には最大20度ほど温度が下がります。

  グリス
・高性能熱伝導グリス (Thermal Grizzly Kryonaut)【+1,980円(税別)】
→ダイヤモンドグリス並みに熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・32GB (16GB x2枚) DDR4 SDRAM PC4-19200【+19,000円(税別)】

  SSD【+6,000円(税別)】
→速度と品質に優れたWesternDigital製のBLUEシリーズSSDです。

  HDD
【+2,000円(税別)】
→省エネ仕様が特長のWesternDigital製のBLUEシリーズHDDです。ド定番モデル。

・2TB SATA6Gbps対応(WD Red WD20EFRX)【+3,000円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。BLUEシリーズよりも故障しにくい安心モデル。

  電源
【+4,500円(税別)】
→ずば抜けた品質を誇る「Seasonic」ブランドの電源です。省電力・低発熱・高寿命に優れたゴールドクラスモデル。

  LEVEL-R037-i5-VNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:152,980円(税別)~

最新のCore i5-8400搭載デュアルストレージモデル

Core i5-8400とGTX 1080を搭載したミドルタワーモデル。前世代のCore i5よりもコア数が増え、前世代のCore i7-7700Kに匹敵する性能にパワーアップしました。

8GBメモリにSSD+HDDのデュアルストレージを搭載した、使いやすい初期構成が魅力です。さらに、電源はパソコン工房ではおなじみ、省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

ただ、最近のゲームはメモリの消費量が多くなってきており、また4Kの高い解像度でゲームをプレイするのであれば、メモリは多めの16GBにカスタマイズしたほうが安心です。

 icon-info-circle 同タイプのHDDのみのシンプルモデルはこちら>>>LEVEL-R037-i5-VN icon-external-link 

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7なみの発熱なので、CPUクーラーとグリス程度はカスタマイズがおすすめ。メモリも8GB以上使うゲームが徐々に増えてきているので、16GBあると安心。ストレージや電源は用途・予算次第ですね。

  CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・DDR4-2666 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+11,980円(税別)】

  SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】
→読み書きムラなく速いサムスン製のSSDがおすすめ。

  HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+6,780円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇る省エネ・低発熱のゴールド電源がおすすめです。

  NEXTGEAR-MICRO im570PA8-SP2-C[プラチナモデル カスタム](G-Tune)

■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■チップセット:H110チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:174,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

サポートと保証重視ならG-Tuneがおすすめ

Core i7-7700とGTX 1080を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。16GBの大容量メモリにデュアルストレージ、さらに省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載し、文句なしの魅力的な初期構成です。

G-Tuneのいいところはサポートと保証が手厚い点。サポートセンターが24時間365日稼働しているので、困ったときにいつでも相談できます。

また、延長保証が定額制で安く、3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。

サポートと保証ならG-Tuneできまり!

おすすめカスタマイズ

十分完成された初期構成なので、基本的にはカスタマイズ不要です。CPUを静かに、安定して冷却するのであれば、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。

  CPUクーラー
・【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー【+2,800円(税別)】
→シンプルな空冷式CPUクーラーですが、負荷時には標準のクーラーより10℃~20℃程度低い安定した温度で冷却できます。静音性を重視するのであれば「Hyper 212 EVO」がおすすめ。

  グリス
・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,200円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

  SSD
・525GB SSD ( Crucial MX300 / SATA3 / 6Gbps 対応 )【+10,800円(税別)】
→読み書きむらなく速いCrucial製のMX300シリーズがおすすめ。

  HDD
・3TB HDD ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+4,800円(税別)】

  電源
・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )【+7,800円(税別)】
→最大90%の電源変換効率を誇る、低発熱・省エネのゴールドクラスの電源がおすすめ。

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介してい...

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする