GTX 1070搭載のおすすめゲーミングPC【フルHDの安心感がケタ違い】

  • ハイスペックのグラフィックボード
  • フルHDを含む2Kの高い解像度でゲームをプレイできるスペック
  • 搭載パソコンの予算は15万円前後~17万円程度

このグラフィックボードがあれば安心

GTX 1070はハイスペックのグラフィックボードです。解像度はフルHDを含む2K(WQHDなど)全般の高い解像度をカバーしています。4Kはゲームの設定を落とせばプレイ可能です。

その性能は前世代のハイエンドモデルをすべて飲み込んでしまうほどのもの。高い性能の割に消費電力が少ないので、ワットパフォーマンスはGTX 1000シリーズでは最強です。

「2K止まりじゃ中途半端なのでは?」と思うかもしれませんが、現状では主流のフルHDにめっぽう強いというのがポイント。

乱戦状態でのエフェクトなど、瞬間的に大きな負荷がかかる場面では、GTX 1060でも処理が追いつかない場合があります。しかし、パワーに大きな差があるGTX 1070ではびくともしません。この圧倒的な安心感こそが最大の強みです。

搭載モデルの価格は15万円前後~17万円程度と高くなります。この価格帯ともなれば、ハイスペックマシンにふさわしい構成にしたいですね。SSD+HDDのデュアルストレージなど、内容にこだわりましょう。

グラフィックボードの性能比較表

グラフィックボードの性能を測るベンチマークソフト「3DMark Fire Strike」でのスコアをチェックしてみましょう。

型番 スコア(3DMark Fire Strike)
TITAN X 20772
GTX 1080 Ti 21132
GTX 1080 17895
GTX 1070 14451
【前世代】TITAN X 14644
【前世代】GTX 980Ti 14535
【前世代】GTX 980 11581
【前世代】GTX 970 10060
GTX 1060(メモリ6GB) 10903
GTX 1060(メモリ3GB) 10116
GTX 1050 Ti 6757
GTX 1050 6145

恐るべき性能。GTX 1060よりも大幅に性能が向上し、前世代のモデルをほぼ全て抜き去っています。GTX 1000シリーズがいかに高性能なのかがわかりますね。

どんなゲームでもフルHD・最高設定は朝飯前。高解像度のモニターで綺麗なグラフィックを楽しむのもいいでしょう。

GTX 1070搭載のおすすめゲーミングPC

  GALLERIA XF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:SSD 720GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:169,980円(税別)~167,980円(税別)~

 icon-bolt GTX 1070搭載のパソコンならドスパラがコスパ最強

全てにおいてバランスの良いミドルタワーモデル。各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)にはミドルクラスの「H270チップセット」を搭載。メーカーは品質の高さで評判の高い「ASUS」製という気合の入れようです。

メモリやストレージの容量もまさに理想的で、文句のつけようがないパーフェクトな構成。売れる理由がよくわかります。今なら2,000円引き&SSD 720GBに無料アップグレード中と大変おトク!

おすすめカスタマイズ

CPUクーラーはできれば変更したいところです。HDDと電源は予算次第ですね。

 icon-check-circle CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

Core i7-7700K+静音パックまんぞくコース【+5,000円(税別)】
→大型の空冷式CPUクーラーを搭載されており、長時間のゲームでも安心してプレイできます。期間限定で上位のCPUと合わせて5,000円でカスタマイズでき、大変おトク!

 icon-check-circle HDD
HDDはデータの容量によります。動画編集マシンとしても使えるので、ゲームのプレイ動画を作成する場合には、保存用として多めにしておくのがいいでしょう。

・【SATA3】 3TB HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+8,780円(税別)】
・AcBel 700W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA015)【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

  G-GEAR GA7J-H91/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:HDD1TB
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■価格:151,800円(税別)149,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

カスタマイズ性の高さと安さを両立したモデル

Core i7を搭載しているミドルタワーモデルです。基盤にはミドルクラスの「H270チップセット」を採用。メーカーはASUS製で定番の「ASUS PRIME H270-PLUS」を搭載しています。

初期構成ではHDDのみなので、ぜひSSDをカスタマイズしましょう。ちなみにツクモは自作PCに近いBTOメーカーなので、カスタマイズの幅が広く、ポイントをおさえてカスタマイズすれば、質の高いパソコンに仕上げることができます。

おすすめカスタマイズ

CPUクーラーとSSDはぜひカスタマイズしましょう。HDDのカスタマイズ料金が安いので、ついでにどうぞ。それ以外は予算次第ですね。

  icon-check-circle CPUクーラー
・CoolerMaster製ヒートパイプ式CPUクーラー【+7,000円(税別)】
→定番のクーラーマスター製高冷却モデル「Hyper 212X」が搭載されます。通常のファンに比べ、高負荷時には最大20度ほど温度が下がります。

 icon-check-circle グラボ
【+7,000円(税別)】
→自作PCではおなじみの

 icon-check-circle SSD
最近のオンラインゲームのデータは容量が非常に多いので、大容量SSDがおすすめ。

・500GB (WD BLUE SSD / SATA 6Gbps)【+8,250円(税別)】
→速度と品質に優れたWesternDigital製のBLUEシリーズSSDです。

 icon-check-circle HDD
・HDD 【+2,000円(税別)】
・HDD 3【+5,000円(税別)】
→省エネ仕様が特長のWesternDigital製のBLUEシリーズHDDです。ド定番モデル。

・HDD 【+5,500円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。BLUEシリーズよりも故障しにくい安心モデル。

 icon-check-circle 電源
電源は隠れ重要パーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

【+5,500円(税別)】
→ずば抜けた品質を誇る「Seasonic」ブランドの電源です。省電力・低発熱・高寿命に優れたゴールドクラスモデル。

  LEVEL-R027-i7-TNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:SSD 240GB+HDD1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:149,980円(税別)~

少しでも安く購入したい場合におすすめ

こちらもミドルタワーモデルです。各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、拡張性が高い上位の「Z270チップセット」を搭載。

「GALLERIA XF」からストレージとメモリの容量を減らして15万円切りを実現しています。しかし内容の割に価格が高く、コスパが悪いので、どうしても安くという場合のみおすすめします。

おすすめカスタマイズ

カスタマイズすると「GALLERIA XF」の価格にあっという間に追いつくので、せめて1カ所程度におさえましょう。

 icon-check-circle CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→空冷式よりも冷却能力が高い水冷式CPUクーラーです。負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源 [余裕のある大容量]【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

シェアする

フォローする