GTX 1050搭載のおすすめゲーミングPC 安い価格が魅力のフルHD入門マシン

  • エントリーミドルのグラフィックボード
  • とりあえずフルHD解像度でゲームをプレイできるスペック
  • 搭載パソコンの予算は7~9万円程度

最新のGTX 1000シリーズは、省エネ・高性能にさらに磨きがかかった「Pascal(パスカル)」世代のグラフィックボードです。

そのポテンシャルは高く、GTX 1050はそれこそエントリーミドルクラスのポジションではありますが、前世代のミドルクラスのスペックをもっています。価格も安く、フルHD入門用としてうってつけのグラボです。

7万円~9万円前後のモデルに搭載されており、できるだけ予算をおさえたいという方におすすめ。

グラフィックボードの性能比較表

グラフィックボードの性能を測るベンチマークソフト「3DMark Fire Strike」でのスコアをチェックしてみましょう。

型番 スコア(3DMark Fire Strike)
TITAN X 20772
GTX 1080Ti 21132
GTX 1080 17895
GTX 1070 14451
GTX 1060(メモリ6GB) 10903
GTX 1060(メモリ3GB) 10116
GTX 1050 Ti 6757
GTX 1050 6145
【前世代】GTX 960 6746
【前世代】GTX 950 5697

さすがに上位陣との性能差は大きいですが、前世代の同型モデル「GTX 950」よりも性能が上がり、さらにミドルモデルの「GTX 960」とほぼ同等のスペックとなっています。

エントリーレベルでこのスコアを叩き出すのですから、ほんとうにいい時代になったものです。

「ドラクエ10」「PSO2」「AVA」…など、従来のゲームをフルHDで動かすくらいであれば、GTX 1050でも十分です。しかし、最近のゲームは要求水準が高くなっているので、やはりGTX 1060は欲しいですね。

GTX 1050搭載のおすすめゲーミングPC

  LEVEL-M022-i5-LN-L(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:価格:84,980円(税別)~

ミニタワーケースにCore i5とGTX 1050を搭載したフルHD入門モデル。SSD非搭載でHDDのみ搭載し、価格を極限まで下げています。パソコン工房の得意とするスタイルです。

格安モデルと言えども、省電力・低発熱・高寿命に優れたシルバークラスの電源を入れているこだわりよう。隠れ重要パーツである電源にこだわるのはさすがです。

おすすめカスタマイズ

価格重視&初期構成のバランスの良さが魅力なので、無理にカスタマイズする必要はなし。用途・予算次第でHDDの容量を増やしてみてもいいでしょう。

  HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

  LEVEL-M037-i5-LNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:99,980円(税別)~

ワンランク上のデュアルストレージモデル

Core i5-8400とGTX1050を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。前世代のCore i5よりもコア数が増え、前世代のCore i7-7700Kに匹敵する性能にパワーアップしました。

ストレージはSSD 240GB+HDD 1TBの2台構成で、メモリも8GB搭載しており充実した内容です。さらに省電力・低発熱・高寿命に優れたシルバークラス電源を入れているこだわりよう。隠れ重要パーツである電源にこだわるのはさすがですね。

おすすめカスタマイズ

前世代よりも発熱が上がっているので、CPUクーラーとグリスのカスタマイズがおすすめ。重量級のゲームが増えており、できればメモリは16GB欲しいです。ストレージや電源は用途・予算次第で増やしましょう。

  CPUクーラー
・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,980円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。

・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃温度が下がります。

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+9,980円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】
→読み書きムラなく速いサムスン製のSSDがおすすめ。

 icon-check-circle HDD
・2TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+3,480円(税別)】
・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+4,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+6,780円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
電源は隠れ重要パーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS GOLD認証]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇るゴールドクラス電源がおすすめ。

  ガレリア DS(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■チップセット:B250チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:89,980円(税別)~

納期重視ならドスパラがおすすめ

Core i5-7500とGTX 1050を搭載したミニタワーモデル。8GBメモリに1TB HDDのみのシンプル構成で格安モデルながらしっかりポイントをおさえた構成になっています。

ドスパラはとにかく納期が早く、ほとんどのモデルが2日出荷に対応しています。いち早くゲームをしたいのであればおすすめ!

おすすめカスタマイズ

ゲームのロードやブラウジングなどを速く、快適にしたい場合はSSDを追加するのがおすすめ。また、用途によってHDDの容量を増やすのもありです。電源は予算次第でアップグレードしましょう。

 icon-check-circle SSD
・240GB SSD【+11,180円(税別)】
・500GB SSD【+19,680円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・【SATA3】 2TB HDD【+3,280円(税別)】
・【SATA3】 3TB HDD【+5,180円(税別)】

  電源
・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+10,300円(税別)】
→最大90%の電源変換効率を誇る、低発熱・省エネのゴールドクラスの電源がおすすめ。

  NEXTGEAR-MICRO im590BA1-TV[ブロンズモデル](G-Tune)

■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:94,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

サポートと保証重視ならG-Tuneがおすすめ

最新のCore i5-8400とGTX 1050を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。このモデルも8GBメモリにHDDのみのシンプルな構成で、シルバークラス電源を搭載しています。

G-Tuneのいいところはサポートと保証が手厚い点。サポートセンターが24時間365日稼働しているので、困ったときにいつでも相談できます。

また、延長保証が定額制で安く、3年延長保証+センドバック修理保証に7,560円(税込)で加入することができます。

サポートと保証ならG-Tuneできまり!

おすすめカスタマイズ

Core i7-7700Kに匹敵する熱いCPUなので、CPUクーラーとグリスのカスタマイズがおすすめ。ストレージや電源は予算次第でどうぞ。

  CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

・【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー【+2,800円(税別)】
→シンプルな空冷式CPUクーラーですが、負荷時には標準のクーラーより10℃~20℃程度低い安定した温度で冷却できます。静音性を重視するのであれば「Hyper 212 EVO」がおすすめ。

  グリス
・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,200円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃ほど温度が下がります。

  SSD
・275GB SSD ( Crucial MX300 / SATA3 / 6Gbps 対応 )【+14,800円(税別)】
・525GB SSD ( Crucial MX300 / SATA3 / 6Gbps 対応 )【+22,800円(税別)】
→読み書きむらなく速いCrucial製のMX300シリーズがおすすめ。

  HDD
・2TB HDD ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+4,800円(税別)】
・3TB HDD ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+6,800円(税別)】

  電源
・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD )【+7,800円(税別)】
→最大90%の電源変換効率を誇る、低発熱・省エネのゴールドクラスの電源がおすすめ。

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介してい...

関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

デスクトップ

ノート

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする