GTX 1050搭載のおすすめゲーミングノート【デスクトップとほぼ同じ性能のフルHD入門マシン】

  • エントリーミドルのGPU
  • とりあえずフルHD解像度でゲームをプレイできるスペック
  • 予算に余裕があればGTX 1050 Tiがおすすめ

前世代よりも大幅に性能が上がり、省エネになった最新のGTX 1000シリーズでは、デスクトップ用GPUとノート用GPUの仕様が統一されました。

従来はデスクトップとノートでGPUが分けられており、同じ型番でも例えば、「GTX 960」と「GTX 960M」といったように、ノート用では「M」付きの性能が低いGPUが搭載されていまいた。

最新シリーズではその区別が無くなり、デスクトップに比べGPUの性能が低いというノートのデメリットが解消されたことになります。ということで、実用的にもほぼデスクトップと同じと考えてOKです。

GTX 1050はフルHD解像度の入門レベルの性能ですが、その分価格も安いので、とりあえずゲーミングノートがほしい方におすすめ。

ただノートなので、デスクトップのように後からGPUを交換することができない点に注意。フルHDで快適にということであれば、せめてGTX 1050 Ti、できればGTX 1060搭載モデルをおすすめします。

特にGTX 1060搭載モデルのお値段はそれなりにしますが、総合的な満足度は圧倒的に上です。

グラフィックボードの性能比較表

グラフィックボードの性能を測るベンチマークソフト「3DMARK FireStrike」でのスコアをチェックしてみましょう。

型番 スコア(3DMARK FireStrike)
GTX 1080 16322
GTX 1070 12375
GTX 1060 9581
GTX 1050 Ti 6805
GTX 1050 5311
【デスクトップ】GTX 1050 6145
【前世代】GTX 960M 4107

デスクトップ版と比べると13%の差がありますが、CPUはデスクトップ用のほうが性能が高いので、その分も考えると妥当な結果でしょう。むしろよくここまで縮めたな…という印象です。

それより気になるのが、GTX 1050 Tiとの差です。21%と無視できない差になっています。同じくフルHD入門機というポジションではありますが、予算に余裕があれば素直にGTX 1050Tiを選びましょう。

「ドラクエ10」「PSO2」「モンハン」など、従来のゲームをフルHDで動かすくらいであれば十分なスペックです。しかしデスクトップ版より性能が下回るので、「FF14」といった最近の重いゲームでは、しっかり設定を落とす必要があります。

GTX 1050搭載のおすすめゲーミングノート

NEXTGEAR-NOTE i5320SA1

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ:フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■GPU:GTX 1050
■ストレージ:HDD 500GB
■価格:109,800円(税別)~

ノート用のCore i7にメモリ8GB、HDD500GBというスタンダードな構成です。

SSDモデルやSSD+HDDのデュアルストレージモデルがありますが、あくまでも価格重視ということで、ノーマルのブロンズモデルがおすすめ。上位を選ぶ余裕があれば、GTX 1050Ti搭載モデルを狙ったほうがいいです。

エントリーモデルながら、キーボードには白色LEDを内蔵し、インターフェースも充実。熱くなりがちなノートパソコンですが、ツインファンを搭載しており、冷却面も安心です。

おすすめカスタマイズ

カスタマイズ料金が安いので、HDDを1TBの大容量にしておくと安心。

 icon-check-circle HDD
・1TB HDD ( 5400rpm )【5,800円(税別)】

 関連リンク

ほかのグラフィックボードもチェック

ノート

デスクトップ

あわせて知りたい

シェアする

フォローする