ウォッチドッグス 2の推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

ウォッチドッグス 2をサクッと解説

「Watch Dogs 2」は、ユービーアイソフトのオープンワールド型ハッキングゲームです。前作「Watch Dogs」の続編ですが、前作をプレイしていなくても大丈夫。初見さんでも楽しめるようになっています。

舞台は前作のシカゴからサンフランシスコへ。有名な「ゴールデン・ゲート・ブリッジ」があるベイエリアで物語は進みます。

ちなみにオープンワールド式ということもあり、市内をうろついたり、郊外へドライブして、サンフランシスコを思う存分堪能する楽しみ方もありですよ。自撮り機能がついているので、いろいろな場所を回って、お気に入りの一枚を撮影してみては?

前作よりもハッキング能力が多彩になり、ドローンやラジコンなどのガジェットも使えるようになっているため、やれることはかなり多くなっています。そのぶんミッションの進め方も自由自在。勢いに任せた強行突破でも、能力を駆使して慎重にやるのもOKです。

とはいうものの、やはり頼れるガジェット&多彩なハッキング能力を生かしたスマートな攻略がおすすめ。主人公の耐久力が低いので、バレたら最後、多勢に無勢で蜂の巣にされてしまいます。

そのミッションもメインミッションのほか、サブミッションも多く用意されているので、ソロでも十分楽しめるようになっています。もちろん前作と同じくハッキングモードは健在。他のプレイヤーが街中に潜んでいるので、突然ハッキングされることも。ソロだからと言って気は抜けません。

そして今作ではマルチプレイが強化され、ハッキングモードに加え、オンライン協力・バウンティーハンターが追加されました。バウンティーハンターというのは「ドロケー」のようなもので、バウンティー(賞金首)をハンターが追う対戦型のプレイモードです。

特にハンター側に回ったときが厄介で、圧倒的な物量を誇る警察よりも早く倒すのは至難の業。しっかりした装備とプレイスキルが必要になるので、結構やりごたえがあります。

なお、個人的には着せ替えがお気に入り。洋服・靴・小物類の種類がとにかくが多いので、オシャレし放題。なかなかやり応え?がありますよ。

推奨スペック

動作環境

  必要動作環境 推奨動作環境
OS Windows 7 SP1(64bit)
Windows 8.1(64bit)
Windows 10(64bit)
CPU Core i5-2400S
FX-6120
Core i5-3470以上
FX-8120以上
メモリ 6GB 8GB以上
グラフィックボード Geforce GTX 660
Radeon HD7870
Geforce GTX 780
Geforce GTX 970
Geforce GTX 1060以上
(グラフィックメモリ3GB)
Radeon  R9 290以上
ストレージ容量 50GB
 
最低動作環境は、あくまでも動作する最低ラインの目安です。

推奨動作環境はCPUにCore i5、グラボに現行モデルのミドルスペックを要求しています。オープンワールドにしてはCPUがちょっと心もとない…という印象ですね。

 

FPS計測テスト

実機を用いたFPSテスト(平均値)の結果をまとめました。60FPSあれば滑らかで、快適なプレイが可能です。

測定条件

  CPUは最新世代のCore i7-7700

  メモリは16GB

  フルHD/ゲーム設定は「最大」「超高」「高」「中」の4種類

  最大 超高
GTX 1080Ti 81 FPS 90 FPS 97 FPS 107 FPS
GTX 1080 73 FPS 85 FPS 91 FPS 95 FPS
GTX 1070 59 FPS 64 FPS 67 FPS 72 FPS
GTX 1060
(メモリ6GB)
51 FPS 60 FPS 63 FPS 67 FPS
GTX 1060
(メモリ3GB)
48 FPS 56 FPS 59 FPS 64 FPS
GTX 1050 Ti 36 FPS 42 FPS 47 FPS 50 FPS
GTX 1050 32 FPS 39 FPS 42 FPS 45 FPS

実際はフルHDレベルでもこの通りの激重仕様でございます。なめらかな描写ができる60Hzを維持できるグラボは、最大設定だとGTX 1080以上、超高設定だとGTX 1070、高設定でGTX 1060(メモリ6GB版)あたりです。

なおオープンワールドなので、ゲーム内の時間帯や天候、人や車の量などシチュエーションによってFPSは大きく変動します。オープンワールドの60Hzはそれこそ「目安」なので、あくまでも参考程度にどうぞ。

上の動画は各種設定での比較動画です。低設定では、明らかに光と影がおさえられており、テクスチャもペラペラなので問題外。最大設定ではリアルに近い美しい描写ですが、ちょっと重すぎますね…。

高設定でも最大設定に比べて大きく劣るわけではないので、高設定かよくて超高設定を目安に選ぶのがおすすめです。

推奨スペックまとめ

フルHD・最大

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:16GB  icon-check-circle グラボ:GTX1080以上

フルHD・超高

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:16GB  icon-check-circle グラボ:GTX1070

フルHD・高

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:8/16GB  icon-check-circle グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)

ウォッチドッグス 2のおすすめゲーミングPC
【デスクトップ編】

各社とも推奨パソコンの取扱いはありません。

  GALLERIA XF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1070
■ストレージ:SSD 720GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:169,980円(税別)~167,980円(税別)~

コスパが高いGTX1070搭載のハイスペックマシン

Core i7にGTX 1070を搭載したハイスペックのミドルタワーモデル。フルHD・非常に高いで快適にプレイできるスペックをもちます。メモリ16GB大容量デュアルストレージ構成とパーフェクトな内容です。

さらに、各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)にはミドルクラスの「H270チップセット」を搭載。メーカーは品質の高さで評判の高い「ASUS」製という気合の入れよう。

描写設定は超高設定ができれは十分!これ一台あれば他のゲームにも応用が効く万能モデルです。今なら2,000円引き&SSD 720GBに無料アップグレード中と大変おトク!

おすすめカスタマイズ

CPUクーラーはできれば変更したいところです。HDDと電源は予算次第ですね。

  CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

Core i7-7700K+静音パックまんぞくコース【+5,000円(税別)】
→大型の空冷式CPUクーラーを搭載されており、長時間のゲームでも安心してプレイできます。期間限定で上位のCPUと合わせて5,000円でカスタマイズでき、大変おトク!

  HDD
動画編集マシンとしても使えるので、ゲームのプレイ動画を作成する場合には、保存用として多めにしておくのがいいでしょう。

・【SATA3】 3TB HDD【+2,980円(税別)】

  電源
グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+8,780円(税別)】
・AcBel 700W 静音電源 (80PLUS BRONZE / PCA015)【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

  LEVEL-R027-i7-RNA-L(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 480GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:144,980円(税別)~

フル装備でコスパの高いGTX1060マシン

こちらCore i7にグラフィックメモリ6GB版のGTX1060を搭載したミドルタワーモデル。フルHD・高設定でプレイできる最低限のスペックです。

各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、拡張性が高い上位モデルの「Z270チップセット」を搭載。

そしてメモリ16GBにストレージはSSD 480GB+HDD 2TBと大容量。さらにシルバークラスの高グレード電源を採用し、内容が非常に充実しています。他社のモデルと比べても、コスパの高さが特に光るモデルです。

おすすめカスタマイズ

冷却能力の高い水冷式CPUクーラーのカスタマイズが安くできるのでおすすめ。HDDと電源は予算次第ですが、HDDのカスタマイズ料金が安いので、せっかくだから増やしてみては?

 icon-check-circle CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→空冷式よりも冷却能力が高い水冷式CPUクーラーです。負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

 icon-check-circle HDD
ゲームの動画編集など、かさばるデータを保存するということであれば、HDDを3TBにするのもあり。

・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源 [余裕のある大容量]【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

ウォッチドッグス 2のおすすめゲーミングノート

各社とも推奨パソコンの取扱いはありません。

  G-GEAR note N1585J-710/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1070
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格:199,800円(税別)~

GTX1070搭載!フルカラーキーボード&超高速SSD搭載の高コスパモデル

ノート用のCore i7にGTX1070、SSD 256GB+HDD 1TBのデュアルストレージ、メモリ16GBというハイスペックマシンにふさわしい初期構成です。しかもSSDには通常のタイプよりも4~5倍高速の、M.2 NVMe接続タイプを搭載しており、かなりお得感があります。

なかでも一番目を引くのがフルカラーキーボード。いかにもゲーミングらしいド派手な見た目は、視認性だけではなく、カラーやパターンを変更することで視覚的にも楽しむことができるようになっています。

さらにスピーカーにはオンキヨー製の大型チャンバーを採用したスピーカーを採用。また、今流行りのハイレゾ再生にも対応しているので、対応しているヘッドフォンを使えば、クリアで迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

そのほかインターフェースも充実しており、USBポートは計5つ搭載し、うち2つは最新規格のType-Cポートという内容。さらに、HDMIとMini Displayportを使うことにより、最大4画面まで画像出力が可能です。

そして忘れてはいけないのがツクモの保証。誤って落としてしまった場合や飲み物をこぼしてしまった場合にも対応できる、物損保証込みの3年延長保証に格安で加入できます。

例えば標準構成のままであれば、税込10,800円で加入することができます。仮に落としてしまてしまうと、最悪ディスプレイ・基盤を含む全交換になる場合があり、もう一台買える修理金額がかかることもざらです。

うっかり手が触れてジュースをこぼしてしまった…というように、ノートは一瞬の不注意が命取りになるケースが多いので、ぜひ加入しておきましょう。

おすすめカスタマイズ

同じくM.2 NVMe接続タイプの512GB SSDに安くアップグレードできるので、せっかくだからカスタマイズしてみては?

 icon-check-circle SSD
・【SSD】 intel製 512GB (M.2 NVMe接続) + 【HDD】 WD製 1TB【12,000円(税別)】

  LEVEL-15FX093-i7-RNSR-L(パソコン工房)

■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:139,980円(税別)~

感動レベルの安さを実現したGTX1060マシン

ノート用のCore i7にグラフィックメモリ6GB版のGTX1060を搭載したフルHDスタンダードモデル。ストレージはSSD 240GB+HDD 1TBのデュアルストレージ構成で、メモリは8GB搭載し、使い勝手は上々。

機能面も充実しており、ハイレゾオーディオ対応ヘッドホンアンプを内蔵。対応するヘッドホンを使えば豊かなサウンドを堪能することができます。もちろん最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

何がすごいかというと、この内容で14万円ということ。他社だとこの構成は16万円レベルです。とんでもない安さですよ、これは…

おすすめカスタマイズ

予算に余裕があれば、SSDやHDD、メモリを増量して長く使えるパソコンに仕上げるのもあり。

 icon-check-circle SSD
・480GB 2.5インチ Serial-ATA SSD【+7,980円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・1TB 2.5インチ Serial-ATA HDD【+5,480円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

  あわせてチェック

シェアする

フォローする