ドン勝ことPUBGの推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

PUBGをサクッと解説

Bluehole社が開発したTPS(第三者視点)ゲーム。正式名称は「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(プレイヤーアンノウンズ・バトルグラウンズ)」ですが、非常に長いため、PUBGと呼ばれることが多いです。

アーリーアクセス版にも関わらず、2017年3月にSteamで発売し、わずか3か月で400万本を突破。8月には800万本に達し、さらにSteamの同時接続数で1位を獲得するなど、2017年で最も熱いタイトルといっても過言ではありません。

日本語対応もしていますが、一部怪しい訳もあり。有名なのがリザルト画面のこれー

PUBGの代名詞ともいえる「ドン勝(どんかつ)」です。下の画像が元となった英語版ですが、アメリカではお祝いの日に縁起物の七面鳥を食べる習慣があり、それをモチーフにした一種のジョークです。

しかしその日本語訳が「ドン勝」になる理由は謎。ともあれフレーズとしてはこの上なくユニークなので、はやる理由もわかりますね。


ゲーム内容はバトルロワイアルで、8Km×8Kmの島で繰り広げられるバトルには、最大100名もの大人数が参加可能。勝利条件は「最後の一人になるまで生き残る」ことのみ。ルールといえば、時間経過とともに戦闘地域が狭くなることくらい。

その他細かいことは一切なく、いたるところに落ちてる武器や車両を使って敵を倒すだけ。「芋」になるもよし、漁夫の利を狙うもよし、ひたすら車両でひき殺すのもよし。シンプルな分、最後まで生き残るプロセスを思う存分楽しめるのが最大の魅力です。

アーリーアクセス版ということもあり、現在は孤島のみですが、新マップを開発中とのこと。現状でこの盛況ぶりなので、今後もさらに盛り上がりそうですね。

推奨スペック

動作環境

  最低動作環境
OS Windows 7/8.1/10(64bit)
CPU Core i3-4340
FX-6300
メモリ 6GB以上
グラフィックボード GeForce GTX 660
Radeon HD 7850
ストレージ容量 30GB以上
DirectX Ver.11

とにかく重いゲームなので、最低動作環境はやはりアテになりません。

FPS計測テスト

実機を用いたFPSテスト(平均値)の結果をまとめました。動きの激しいゲームなので、最低でも60 FPSを安定してキープしたいですね。競技性が高いので、100 FPSキープできるとさらに安心。

測定条件

  CPUは最新世代のCore i7-7700K

  メモリは16GB

  解像度は4K/WQHD/フルHD。ゲーム設定は最高/中

設定:中

  フルHD
GTX1080 Ti 101 FPS
GTX 1080 104 FPS
GTX 1070 99 FPS
GTX 1060
(メモリ6GB)

86 FPS

GTX 1060
(メモリ3GB)
78 FPS
GTX 1050 Ti 55 FPS
GTX 1050 48 FPS

そこまで厳しい条件ではありませんが、GTX 1050シリーズは60 FPSに一歩及ばず、GTX 1060が必要になります。コスパに優れたグラフィックメモリ3GB版のGTX 1060で60 FPS以上をキープできるのが幸いです。

100 FPS前後ということであれば、GTX 1080Ti・GTX 1080・GTX 1070がほぼ変わらない性能を発揮します。モデルの価格差を考えると、やはりGTX 1070がおすすめですね。

設定:ウルトラ

  4K WQHD フルHD
GTX1080 Ti 45 FPS 77 FPS 85 FPS
GTX 1080 30 FPS 62 FPS 86 FPS
GTX 1070 24 FPS 52 FPS 81 FPS
GTX 1060
(メモリ6GB)
15 FPS 35 FPS 57 FPS
GTX 1060
(メモリ3GB)
× 29 FPS 50 FPS

ウルトラ設定ともなると、ガクンとフレームレートが落ちてしまいます。GTX 1050シリーズはあえなく脱落です。

フルHDだと、これまたGTX 1080Ti・GTX 1080・GTX 1070がほぼ変わらない性能なので、GTX 1070で十分です。WQHDともなると、描写負荷が増えるので、GTX 1080 Tiが地力を発揮します。GTX 1080だと60 FPSすれすれなのでNG。

4Kは…さすがに無理ですね。

CPU・メモリ

インテル製CPUが高い性能を発揮します。安定した性能を発揮する、4コア8スレッドのCore i7-7700/7700Kがおすすめ。

メモリの容量に注意!とにかく大喰らいで、フルHD・中設定でもメモリは8~10GB使います。ということで、しっかり16GB搭載しましょう。8GBメモリで大丈夫…という時代も少しづつ変わってきてますね。

推奨スペックまとめ

フルHD・中

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:16GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1060

フルHD・中・100 FPS/フルHD・ウルトラ

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:16GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1070

WQHD・ウルトラ

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:16GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1080 Ti

PUBGのおすすめゲーミングPC【デスクトップ編】

  ガレリア ZV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:179,980円(税別)~

最新パーツを搭載したコスパ最強モデル

最新のインテル製CPU「Core i7-8700K」とGTX 1070 Tiを搭載したミドルタワーモデル。

Core i7-8700Kは前世代のCore i7-7700Kよりもコア数が増え、大幅にパワーアップ。ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。

GTX 1070 TiはGTX 1000シリーズでは最新のグラボです。型番こそGTX 1070ですが、その性能はほとんどGTX 1080そのもので、性能差は5%程度と誤差レベルです。GTX 1070との価格差もほとんどないので、今ならGTX 1070 Tiがダンゼンおすすめ!

発熱の多いCPUですが、大型CPUクーラーが標準搭載されているのが嬉しいですね。ストレージは大容量デュアルストレージ構成で、多くのゲームをインストールできます。メモリは8GBなので、16GBにカスタマイズしましょう

またケースの完成度も高く、ケースのトップにもファンを搭載し、排熱性が高く、また拡張性も高いので、購入後に光学ドライブやストレージを増設することもできます。

おすすめカスタマイズ

メモリ16GBは必須!グリスのカスタマイズも安いので、ついでにどうぞ。HDDや電源は用途・予算次第ですね。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。コア数が増えた分、Core i7-7700Kよりも発熱が高くなっているので、ぜひ変更したいところ。

・高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)【+12,000円(税別)】

  HDD
・【SATA3】 3TB HDD【+2,980円(税別)】

  電源
グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・Enhance 600W 静音電源 (80PLUS TITANIUM / ATX-1860)【+8,000円(税別)】
→最高峰の変換効率・省エネ性能を誇るチタンクラスの電源です。

  ガレリア ZJ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:143,980円(税別)~

最新のCore i7-8700を搭載したGTX 1060搭載モデル

最新のCore i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したミドルタワーモデル。グラボはグラフィックメモリが多いので、同じGTX 1060といえども、3GBメモリ版よりフレームレートが安定しやすくなります。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた構成ですが、PUBGであればメモリは16GBあると安心ですね。

ケースの完成度も高く、排熱性と拡張性に優れており、購入後に光学ドライブやストレージを増設することもできたりと、色々便利。

おすすめカスタマイズ

メモリはできれば16GB欲しいですね。グリスのカスタマイズも安くておすすめ。その他は用途・予算次第です。

  グリス
・高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)【+12,000円(税別)】

  SSD
・500GB SSD【+8,880円(税別)】

  HDD
・【SATA3】 2TB HDD【+3,280円(税別)】
・【SATA3】 3TB HDD【+5,180円(税別)】

  電源
・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+9,600円(税別)】
→最大90%の電源変換効率を誇る、低発熱・省エネのゴールドクラスの電源です。

  G-GEAR GA7J-J92/ZT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:209,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

最新のCore i7を搭載した自作クオリティのGTX 1080Tiモデル

最新のインテル製CPU「Core i7-8700K」を搭載したミドルタワーモデル。

このモデルの最大の特長は、各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)に、高い耐久性と信頼性を誇るASUS製「TUF(The Ultimate Force)」シリーズのZ370チップセットを採用している点。

各パーツが軍事規格に準拠しており、耐久性に特に優れ、長時間・長期間の使用でも安定したパフォーマンスを発揮します。さらに高品質なインテル製のLANコントローラを搭載しており、安定したネット環境で快適にオンラインゲームをプレイすることができます。

高解像度でのゲームでも安心な16GBメモリを搭載。さらに大容量のデュアルストレージと電源を装備し、充実した初期構成も魅力的。ケースの排熱性や拡張性にも優れ、長く使える一台です。

おすすめカスタマイズ

CPUの発熱対策でCPUクーラーとグリスの変更がおすすめ。カスタマイズ料金が安めに設定されているので、さらに上を目指すのもあり。

  CPUクーラー
標準の空冷式CPUクーラーよりも強力で静かなモデルに安く変更できます。

・CoolerMaster製ヒートパイプ式CPUクーラー【+3,000円(税別)】
→定番のクーラーマスター製高冷却モデル「Hyper 212X」が搭載されます。通常のファンに比べ、高負荷時には最大20度ほど温度が下がります。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。コア数が増えた分、Core i7-7700Kよりも発熱が高くなっているので、ぜひ変更したいところ。

・高性能熱伝導グリス (Thermal Grizzly Kryonaut)【+1,980円(税別)】
→ダイヤモンドグリス並みに熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・32GB (16GB x2枚) DDR4 SDRAM PC4-19200【+12,000円(税別)】

  HDD
【+2,000円(税別)】
→省エネ仕様が特長のWesternDigital製のBLUEシリーズHDDです。ド定番モデル。

・2TB SATA6Gbps対応(WD Red WD20EFRX)【+3,000円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。BLUEシリーズよりも故障しにくい安心モデル。

  電源
電源は隠れ重要パーツで、グレードを上げれば長寿命になります。

【+4,500円(税別)】
→ずば抜けた品質を誇る「Seasonic」ブランドの電源です。省電力・低発熱・高寿命に優れたゴールドクラスモデル。

PUBGのおすすめゲーミングノート

  G-GEAR note N1585J-710/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格:194,800円(税別)~

フルカラーキーボード&超高速SSD搭載の高コスパモデル

ノート用のCore i7にSSD 256GB+HDD 1TB、メモリ16GBというスペックで、ゲームも配信もこなす万能モデルです。しかもSSDには通常のタイプよりも4~5倍高速の、M.2 NVMe接続タイプを搭載しており、かなりお得感があります。

なかでも一番目を引くのがフルカラーキーボード。いかにもゲーミングらしいド派手な見た目は、視認性だけではなく、カラーやパターンを変更することで視覚的にも楽しむことができるようになっています。

さらにスピーカーにはオンキヨー製の大型チャンバーを採用したスピーカーを採用。また、今流行りのハイレゾ再生にも対応しているので、対応しているヘッドフォンを使えば、クリアで迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

そのほかインターフェースも充実しており、USBポートは計5つ搭載し、うち2つは最新規格のType-Cポートという内容。さらに、HDMIとMini Displayportを使うことにより、最大4画面まで画像出力が可能です。

そして忘れてはいけないのがツクモの保証。誤って落としてしまった場合や飲み物をこぼしてしまった場合にも対応できる、物損保証込みの3年延長保証に格安で加入できます。

例えば標準構成のままであれば、税込10,800円で加入することができます。仮に落としてしまてしまうと、最悪ディスプレイ・基盤を含む全交換になる場合があり、もう一台買える修理金額がかかることもざらです。

うっかり手が触れてジュースをこぼしてしまった…というように、ノートは一瞬の不注意が命取りになるケースが多いので、ぜひ加入しておきましょう。

おすすめカスタマイズ

同じくM.2 NVMe接続タイプの512GB SSDに安くアップグレードできるので、せっかくだからカスタマイズしてみては?

 icon-check-circle SSD
・【SSD】 intel製 512GB (M.2 NVMe接続) + 【HDD】 WD製 1TB【+6,000円(税別)】

  LEVEL-15FX093-i7-RNSR-L(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:139,980円(税別)~

GTX 1060搭載モデルが感動レベルの安さ!

ノート用のCore i7にグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載したフルHDスタンダードモデル。ストレージはSSD 240GB+HDD 1TBのデュアルストレージ構成で、メモリは8GB搭載し、使い勝手は上々。

機能面も充実しており、ハイレゾオーディオ対応ヘッドホンアンプを内蔵。対応するヘッドホンを使えば豊かなサウンドを堪能することができます。もちろん最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

何がすごいかというと、この内容で14万円ということ。他社だとこの構成は16万円レベルです。とんでもない安さですよ、これは…

おすすめカスタマイズ

メモリ16GBは必須。予算に余裕があれば、SSDやHDDを増やすのもあり。

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・480GB 2.5インチ Serial-ATA SSD【+7,980円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 2.5インチ Serial-ATA【+5,480円(税別)】

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介してい...

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
G-Tuneでは現在、12月25日まで最新のCore i7×GTX 1080モデルを超特価で販売中です。かなり魅力的なお値段なのでお...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする