PSO2の推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

なんと450万IDもの登録数を誇る、大規模な国産MMORPGです。

人気の理由は何と言っても「とっつきやすさ」。アクションゲームですが、どちらかというとカジュアル路線なので、操作は割とシンプル。アクションが得意な方も、そうでない方も十分に楽しむことができるようになっています。

また、忘れてはいけないのが独特のキャラクタークリエイトで、その奥の深さもなかなかのもの。美少女やロボット、はては乗り物までなんでも作れます。こちらをメイン?でやるのも、それはそれでありです。

ついにサービス開始から5周年。エピソード5に突入し、上級職の「ヒーロー」が登場しました。「ソード」「タリス」「ツインマシンガン」3種の武器を駆使したコンボは自由自在。さらに爽快なアクションが楽しめるようになっています。

推奨スペック

動作環境

  動作環境
OS Windows 7/8.1/10(32・64bit)
CPU Intel Core 2 Duo E6300 以上
メモリ 2GB以上
グラフィックボード NVIDIA GeForce 7800GT以上
AMD RADEON HD2900XT以上
ストレージ容量 40GB以上
解像度 1280×720以上

サービス開始から変わっていない動作環境なので、全く当てになりません。

2016年のアップデートで新たなグラフィック設定の「簡易設定6」が追加されたので、なおさらです。

ベンチマークスコア(性能目安)

PSO2では↑のようなデモムービーを流してPCの性能を測る「ベンチマークソフト」が配布されているので、現行グラフィックボードの性能をあわせてチェックしてみましょう。

スコア5000以上で快適にプレイできる目安となります。

測定条件

 icon-check CPUは最新世代のCore i7-7700

 icon-check メモリ容量は16GB

 icon-check ソフトの設定は簡易設定6/フルHD

  スコア
GTX1080Ti 87905
GTX1080 53040
GTX1070 52644
GTX1060(メモリ6GB) 49356
GTX1060(メモリ3GB) 45371
GTX1050Ti 23589
GTX1050 18736

結論から言うと全てのグラフィックボードで快適にプレイできます。GTX1060もあれば十分。また、CPUもCore i7だけではなく、Core i5でもプレイできます。

設定6で重くなったとはいえ、エントリーレベルのスペックで楽しめるのは、さすがPSO2といったところでしょうか。

推奨スペックまとめ

フルHD・設定6で余裕をもってプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:8/16GB  icon-check-circle グラボ:GTX1060

フルHD・設定6でプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i5  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX1050

PSO2のおすすめゲーミングPC【デスクトップ編】

PSO2に関してはBTOメーカー各社とも、推奨モデルに特典がつかないので、通常モデルを選べばOKです。

  LEVEL-M022-i7-RNJR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:121,980円(税別)~

GTX1060搭載でフルHD・最高品質のスタンダードモデル

パソコン工房で1番人気のミニタワーモデルです。Core i7とGTX1060という鉄板の組み合わせに、SSD240GB+HDD1TBのデュアルストレージを格安で実現。電源もグレードの高いシルバークラスを標準搭載。

各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、最下位のグレードとなる「H110チップセット」を搭載していますが、拡張性が低いだけで、ゲームの性能に影響はありません。

おすすめカスタマイズ

初期構成のコスパが魅力なので、カスタマイズはほどほどに。SSDの容量まで増やすと、下記のパソコン工房のミドルタワーモデル「LEVEL-R027-i7-RNA-L」とほぼ同じ価格になります。

CPUクーラーのカスタマイズが安くできるのでおすすめ。メモリやHDDは予算があれば。

 icon-check-circle CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,780円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

  LEVEL-R027-i7-RNA-L(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 480GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:144,980円(税別)~

グラフィックメモリ6GB版GTX1060を搭載した満足モデル

こちらも同じくGTX1060を搭載していますが、さらに強力なグラフィックメモリ6GB版を搭載しています。

そして充実した初期構成も魅力的。ストレージとメモリの容量が上記モデルの2倍となる大容量なので、ゲームを多くインストールすることができるほか、ゲームをプレイしながら配信するようなマルチタスクもラクラクできます。

また、各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、拡張性が高い上位モデルの「Z270チップセット」を搭載。大型のミドルタワーケースなので、購入後の拡張・増設も容易にできます。

長く使うことを考えるとこちらのほうがおすすめです。

おすすめカスタマイズ

冷却能力の高い水冷式CPUクーラーのカスタマイズが安くできるのでおすすめ。HDDと電源は予算次第ですが、HDDのカスタマイズ料金が安いので、せっかくだから増やしてみては?

 icon-check-circle CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→空冷式よりも冷却能力が高い水冷式CPUクーラーです。負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

 icon-check-circle HDD
ゲームの動画編集など、かさばるデータを保存するということであれば、HDDを3TBにするのもあり。

・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
電源は意外に重要なパーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源 [余裕のある大容量]【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

  LEVEL-M022-i5-LNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:95,980円(税別)~92,980円(税別)~

GTX1050搭載の格安モデル

Core i5とGTX1050を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。これでもフルHD・最高設定OKです。ストレージはSSDとHDDの2台構成でメモリも8GB搭載し、使い勝手は上々。

格安モデルと言えども、省電力・低発熱・高寿命に優れたシルバークラスの電源を入れているこだわりよう。隠れ重要パーツである電源にこだわるのはさすがです。

おすすめカスタマイズ

価格重視&初期構成のバランスの良さが魅力なので、無理にカスタマイズする必要はなし。CPUクーラーくらいはついでに交換してみては?なお、メモリはカスタマイズできません。

 icon-check-circle CPUクーラー
・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,780円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

PSO2のおすすめゲーミングノート

ノートもデスクトップ同様に、推奨モデルに特典がつかないので、通常モデルを選べばOKです。

  NEXTGEAR-NOTE i5540SA1(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格:164,800円(税別)~

万能グラボのGTX1060搭載モデル。全部盛りでコスパ最強!

ノート用のCore i7とGTX1060の組み合わせです。ストレージはSSD 256GB+HDD 1TBのW構成で、さらにメモリ16GBを搭載したパーフェクトなマシン。GTX1050でも十分ですが、GTX1060なら他のゲームにも応用がききます。

機能面も非常に充実しており、ディスプレイには発色と視野角に優れたIPSパネルを搭載。きれいな画面でゲームを楽しむことができます。そして、キーボードには視認性の高い白色LEDを内蔵し、ゲーミングマシンの雰囲気作りに一役買っています。

さらにWindows Hello対応の指紋認証センサーを搭載しているので、煩わしいパスワード入力の必要もなくスムーズにログインできます。また、サウンドエンジンには「Sound Blaster X-Fi MB5」を採用し、立体感のあるパワフルなサウンドを楽しめます。

そのほか充実したインターフェースで4画面まで画像出力が可能…などなどいたれりつくせりですね。

おすすめカスタマイズ

ほぼカスタマイズする必要がない構成です。予算に余裕があればHDDの容量を増やすのもあり。やはりノートのHDDは値段が高いですね。

 icon-check-circle HDD
■2TB HDD ( 5400rpm ) [ Seagate 製 ]【9,800円(税別)】

  G-GEAR note N1564J-710/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■GPU:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 240GB
■価格:117,800円(税別)~

GTX 1050Ti&SSD+HDD構成が最安!物損保証も安く加入できる安心モデル

ノート用のCore i7にGTX 1050 Ti、メモリ8GB、SSD240GBのみという高速仕様の構成です。ディスプレイには発色と視野角に優れたIPSパネルを搭載しており、視野角が広く、きれいな発色でゲームを楽しむことができます。もちろん白色LEDキーボードも搭載。

なお、ゲーミングノートはデスクトップよりも熱がこもりやすいですが、デュアルファンが搭載されており、強力に排熱できるようになっています。長時間のプレイでも安心です。

そして何と言っても、誤って落としてしまった場合や飲み物をこぼしてしまった場合にも対応できる、物損保証込みの3年延長保証に格安で加入できるのが魅力。しかもドスパラとは異なり、月額ではなく、購入時の掛け捨てタイプなのでとてもわかりやすいのもポイント。

例えばSSD240GB+HDD1TBという構成にしても、税込7,020円で加入することができます。仮にキーボードの上に飲み物をこぼし、下の基盤も巻き添えになった場合、同じパソコンがもう一台買えるくらいの修理金額がかかることを考えると、かなり安いことがわかります。

ありえないようで実はよくある物損事故に対応するためにも、そして何より長く使うためにも、ぜひ加入しておきたいですね。

おすすめカスタマイズ

HDDは必須アイテム。料金も安いので、ぜひカスタマイズしましょう。メモリは予算次第ですね。

 icon-check-circle SSD&HDD
・【SSD】 240GB (M.2 SATA) + 【HDD】500GB【+4,000円(税別)】
・【SSD】 240GB (M.2 SATA) + 【HDD】 1TB【+6,000円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・16GB(8GB×2枚)DDR4-2400 (PC4-19200) DDR4 SO-DIMM 【+9,000円(税別)】

  あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報~格安モデルが勢ぞろい
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
ドスパラのゲーミングPCセール情報~格安モデルが勢ぞろい
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな限定モデルをお見逃しなく!
公式ページ   G-Tuneでは9月12日~26日まで「World of Tanks(WoT)」推奨モデルの特価セールを実施し...

シェアする

フォローする