オーバーウォッチの推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

「Overwatch」は、ウォークラフトやディアブロシリーズで有名なBlizzard Entertainmentが放つ初のFPSタイトルです。

選べるキャラクター(ヒーロー)は総勢21人。オフェンス・ディフェンス・タンク・ヒーラーの役割がしっかり分けられており、エイムが苦手が人でもサポート役に徹することができるなど、FPSにしてはとっつきやすくなっています。

対戦形式は6対6で、ルールはエリア確保やペイロード防衛があります。がむしゃらに相手をキルするだけではなかなか勝てず、メンバーのバランスや連携、戦術などがとても重要になってきます。

ひたすらキル数を稼ぐガチのFPSとは異なり、カジュアルに楽しめるので、FPSデビューにおすすめ!

推奨スペック

動作環境

  必要動作環境 推奨動作環境
OS Windows 7(64bit)
Windows 8(64bit)
Windows 10(64bit)
CPU Core i3
Phenom X3 8650
Core i5以上
Phenom X3 8650以上
メモリ 4GB 6GB以上
グラフィックボード Geforce GTX 460
Radeon HD 4850
インテル HD4400
GTX6600以上
Radeon HD 7950以上
ストレージ容量 30GB以上
解像度 1024×768以上
 
最低動作環境は、あくまでも動作する最低ラインの目安です。推奨動作環境は数世代前のミドルクラス程度のスペックを要求しており、そこまで重いゲームではないことがわかります。
 

FPS計測テスト

実機を用いたFPSテストの結果をまとめました。60FPSあれば滑らかで、快適なプレイが可能です。ちなみにこのゲームではFPS上限は300です。

測定条件

 icon-check CPUは最新世代のCore i7-7700

 icon-check メモリは16GB

 icon-check ゲーム設定は「低」「高」「エピック」の3種類

  エピック
GTX1080Ti 159 FPS 205 FPS 300 FPS
GTX1080 115 FPS 161 FPS 247 FPS
GTX1070 100 FPS 152 FPS 222 FPS
GTX1060(メモリ6GB) 98 FPS 151 FPS 225 FPS
GTX1060(メモリ3GB) 93 FPS 145 FPS 219 FPS
GTX1050Ti 66 FPS 98 FPS 172 FPS
GTX1050 57 FPS 90 FPS 168 FPS

ご覧のとおり、ほとんどのグラボで60FPSをクリアしています。GTX1080Tiが突出しており、GTX1080~GTX1060あたりで大きく差がつかないのが面白いですね。

上の動画は各設定での比較動画です。「低」ではテクスチャが荒く、さらにオブジェクトの数が減らされています。「中」では光源がおさえられており、全体的に控えめ。ただ「エピック」でも劇的にきれいになるわけではないので、「高」設定でも十分楽しめます。

ということで、GTX1060もあれば十分ですね。

推奨スペックまとめ

フルHD・エピックでプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:8/16GB  icon-check-circle グラボ:GTX1060

フルHD・高でプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i5  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX1050/1050Ti

オーバーウォッチのおすすめゲーミングPC
【デスクトップ編】

推奨パソコンの取扱いはありません。

  LEVEL-M022-i7-RNJR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:121,980円(税別)~

GTX1060×デュアルストレージのオーソドックスなモデル

パソコン工房で1番人気のミニタワーモデルです。Core i7とグラフィックメモリ3GB版のGTX1060という鉄板の組み合わせ。フルHD・エピックの設定で快適にプレイすることができます。

SSD240GB+HDD1TBのデュアルストレージを格安で実現。電源もグレードの高いシルバークラスを標準搭載。価格を抑えた実用的な

おすすめカスタマイズ

初期構成のコスパが魅力なので、カスタマイズはほどほどに。SSDの容量まで増やすと、下記のパソコン工房のミドルタワーモデル「LEVEL-R027-i7-RNA-L」とほぼ同じ価格になります。

CPUクーラーのカスタマイズが安くできるのでおすすめ。メモリやHDDは予算があれば。

 icon-check-circle CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,780円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

  LEVEL-R027-i7-RNA-L(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 480GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:144,980円(税別)~

 icon-bolt 初期構成がパーフェクトでコスパ最強のGTX1060マシン

こちらはグラフィックメモリ6GB版のGTX1060を搭載したミドルタワーモデル。各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、拡張性が高い上位モデルの「Z270チップセット」を搭載。

そしてメモリ16GBにストレージはSSD 480GB+HDD 2TBと大容量。そして、電源がシルバークラスとグレードが高いのもいいですね。長く、安心して使うことができる充実したスペックになっています。

おすすめカスタマイズ

冷却能力の高い水冷式CPUクーラーのカスタマイズが安くできるのでおすすめ。HDDと電源は予算次第ですが、HDDのカスタマイズ料金が安いので、せっかくだから増やしてみては?

 icon-check-circle CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→空冷式よりも冷却能力が高い水冷式CPUクーラーです。負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

 icon-check-circle HDD
ゲームの動画編集など、かさばるデータを保存するということであれば、HDDを3TBにするのもあり。

・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
電源は意外に重要なパーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源 [余裕のある大容量]【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

  LEVEL-M022-i5-LNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:95,980円(税別)~92,980円(税別)~

GTX1050搭載の格安モデル

Core i5とGTX1050を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。これでもフルHD・最高設定OKです。ストレージはSSDとHDDの2台構成でメモリも8GB搭載し、使い勝手は上々。

格安モデルと言えども、省電力・低発熱・高寿命に優れたシルバークラスの電源を入れているこだわりよう。隠れ重要パーツである電源にこだわるのはさすがです。

おすすめカスタマイズ

価格重視&初期構成のバランスの良さが魅力なので、無理にカスタマイズする必要はなし。CPUクーラーくらいはついでに交換してみては?なお、メモリはカスタマイズできません。

 icon-check-circle CPUクーラー
・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,780円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

オーバーウォッチのおすすめゲーミングノート

推奨パソコンの取扱いはありません。

  NEXTGEAR-NOTE i5540SA1(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格:164,800円(税別)~

全部盛りでコスパ最強のGTX1060搭載モデル

ノート用のCore i7とGTX1060の組み合わせです。ストレージはSSD 256GB+HDD 1TBのW構成で、さらにメモリ16GBを搭載したパーフェクトなマシン。しかも安い!

機能面も非常に充実しており、ディスプレイには発色と視野角に優れたIPSパネルを搭載。きれいな画面でゲームを楽しむことができます。そして、キーボードには視認性の高い白色LEDを内蔵し、ゲーミングマシンの雰囲気作りに一役買っています。

さらにWindows Hello対応の指紋認証センサーを搭載しているので、煩わしいパスワード入力の必要もなくスムーズにログインできます。また、サウンドエンジンには「Sound Blaster X-Fi MB5」を採用し、立体感のあるパワフルなサウンドを楽しめます。

そのほか充実したインターフェースで4画面まで画像出力が可能…などなどいたれりつくせりですね。

おすすめカスタマイズ

ほぼカスタマイズする必要がない構成です。予算に余裕があればHDDの容量を増やすのもあり。やはりノートのHDDは値段が高いですね。

 icon-check-circle HDD
■2TB HDD ( 5400rpm ) [ Seagate 製 ]【9,800円(税別)】

  G-GEAR note N1564J-710/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■GPU:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 240GB
■価格:117,800円(税別)~

GTX 1050Ti&SSD+HDD構成が最安!物損保証も安く加入できる安心モデル

ノート用のCore i7にGTX 1050 Ti、メモリ8GB、SSD240GBのみという高速仕様の構成です。ディスプレイには発色と視野角に優れたIPSパネルを搭載しており、視野角が広く、きれいな発色でゲームを楽しむことができます。もちろん白色LEDキーボードも搭載。

なお、ゲーミングノートはデスクトップよりも熱がこもりやすいですが、デュアルファンが搭載されており、強力に排熱できるようになっています。長時間のプレイでも安心です。

そして何と言っても、誤って落としてしまった場合や飲み物をこぼしてしまった場合にも対応できる、物損保証込みの3年延長保証に格安で加入できるのが魅力。しかもドスパラとは異なり、月額ではなく、購入時の掛け捨てタイプなのでとてもわかりやすいのもポイント。

例えばSSD240GB+HDD1TBという構成にしても、税込7,020円で加入することができます。仮にキーボードの上に飲み物をこぼし、下の基盤も巻き添えになった場合、同じパソコンがもう一台買えるくらいの修理金額がかかることを考えると、かなり安いことがわかります。

ありえないようで実はよくある物損事故に対応するためにも、そして何より長く使うためにも、ぜひ加入しておきたいですね。

おすすめカスタマイズ

HDDは必須アイテム。料金も安いので、ぜひカスタマイズしましょう。メモリは予算次第ですね。

 icon-check-circle SSD&HDD
・【SSD】 240GB (M.2 SATA) + 【HDD】500GB【+4,000円(税別)】
・【SSD】 240GB (M.2 SATA) + 【HDD】 1TB【+6,000円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・16GB(8GB×2枚)DDR4-2400 (PC4-19200) DDR4 SO-DIMM 【+9,000円(税別)】

  あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報~格安モデルが勢ぞろい
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
ドスパラのゲーミングPCセール情報~格安モデルが勢ぞろい
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな限定モデルをお見逃しなく!
公式ページ   G-Tuneでは9月12日~26日まで「World of Tanks(WoT)」推奨モデルの特価セールを実施し...

シェアする

フォローする