モンスターハンターフロンティアZ(MHFZ)の推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

スポンサードリンク

言わずと知れた狩りゲー、モンハンシリーズ初のオンラインRPG「モンスターハンターフロンティア」の最新バージョンです。

スポンサードリンク

2007年7月にサービスを開始し、2013年4月には「モンスターハンターフロンティアG」に、2016年11月には「モンスターハンターフロンティアZ」にアップグレードされています。かれこれサービス開始から10年たつご長寿ゲームです。

ゲーム内容はかなりシビア。モンスターの耐久性や攻撃力が上がっており、油断すると1乙どころか3乙は必至。装備の強化はもちろん、正確な立ち回りやプレイスキルが必要とされます。ある意味本格派向けといえますね。

以下推奨スペックやおすすめモデルをチェックしてみましょう。

推奨スペック

推奨スペック(オリジナル)

スペック
OS Windows 7/8/8.1/10(32/64bit)
CPU Core 2(Duo、Extreme、Quad)シリーズ
Core(i3、i5、i7)シリーズ
Core(i5-2000、i7-2000)シリーズ
Athlon X2 デュアルコア・プロセッサ4600+以上
Phenom シリーズ
AthlonII シリーズ
PhenomII シリーズ
A-Series APU(A8-3850,A6-3650)
メモリ 1GB以上
グラフィックボード GeForce 8600シリーズ以上
GeForce 9600シリーズ以上
GeForce 200シリーズ以上
Radeon HD 2600シリーズ以上
Radeon HD 3650シリーズ以上
Radeon HD 4650シリーズ以上
Radeon HD 5550シリーズ以上
Radeon HD 6450シリーズ以上
ストレージ容量 20GB以上
解像度(目安) 1600×1200

High Grade Edition

スペック
OS Windows 7/8//8.1/10(64bit)
CPU Core i5 2.66GHz以上
メモリ 4GB以上
グラフィックボード GTX 660シリーズ以上
ストレージ容量 20GB以上
解像度(目安) 1920×1080

High Grade Editionとは2014年12月に実装された、高グラフィックバージョンのことです。動画を見ても分かる通り、光と影の情報量が増え、より鮮やかになっています。オリジナル推奨スペックの上位版となりますが、数世代前のミドルクラス程度と、要求スペックは低めです。

しかし、実際はオプション項目が非常に多く、光や影をマシマシにすると、とてつもなくグラフィック描写が重くなります。それこそGTX1070どころか、GTX1080というハイエンドモデルが必要なレベルです。

そもそも低スペックで手軽に遊べるのが特徴のモンハンに、ハイエンドマシンはちょっとやりすぎな感じがします。ということで、GTX 1050で手軽に、他のゲームもということであれば、余裕を持ってGTX 1060もあれば十分です。

推奨スペックまとめ

フルHD・High Grade Edition

icon-check-circle CPU:Core i5  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1050

フルHD・High Grade Editionを快適に

icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1060

モンハンZのおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。
ドスパラ、G-Tune、パソコン工房特典付き推奨モデルあり。内容的にドスパラかG-tuneの2択です。ただ、モデルのラインナップが古いので、特典不要であれば一般モデルを選ぶのもあり

【共通特典】
■G級防具:トゥールムGPシリーズ
■武器:ポルトランスⅠ(ランス)・アクリシスイデアⅠ(ガンランス)
■防具:フィディシリーズ・テリオグシリーズ
■消耗アイテム:教官見習いネコの差し入れ

【ドスパラ独自特典】
■ドスパライズ(ハンマー)☆G級強化可能

【G-Tune限定特典】
■G-Tuneソード

【推奨モデル】GALLERIA XT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■チップセット:H270チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 640GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:145,980円142,980円(税別)~

ドスパラで定番のGTX 1060搭載モデル

前世代のCore i7-7700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したミドルタワーモデル。

グラボはフルHDに最適なグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

8GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。今なら640GB SSDに無料アップグレードでとてもおトク。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

【推奨モデル】im570 ブロンズモデル(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7400
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:89,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

とにかく安く!ということであればコレ。

前世代のCore i5-7400とGTX 1050を搭載した格安モデル。8GBメモリに1TB HDDのシンプルな初期構成で価格の安さを実現しています。

おすすめカスタマイズ

基本をしっかり押さえた構成ですが、SSDを追加するとゲームの読み込みが速くなり、さらに快適になります。

icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i7-RNJR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:126,980円(税別)~

コスパ重視のGTX 1060搭載デュアルストレージモデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載したミドルタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージの充実した構成です。電源は省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i5-LNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:102,980円(税別)~

デュアルストレージ搭載のGTX 1050モデル

前世代のCore i7に匹敵する性能を持つ、Core i5-8400とGTX 1050を搭載したミドルタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージの充実した構成です。電源は省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

icon-info-circleリーズナブルなミニタワータイプはこちら>>>LEVEL-M037-i5-LNR icon-external-link

おすすめカスタマイズ

フルHD入門モデルとして完成された初期構成で、基本的にカスタマイズ不要です。その他は用途・予算次第でストレージや電源をカスタマイズするのもいいでしょう。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介しています...

モンハンZのおすすめゲーミングノート

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

LEVEL-15FX078-i7-LNSV(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:99,980円98,980円(税別)~

デュアルストレージを10万円以下で実現した格安モデル

ノート用のCore i7-7700HQとGTX 1050を搭載したエントリーモデル。8GBメモリにSSD+HDDのデュアルストレージ構成の充実した初期構成ながら、10万円以下を実現しています。

格安モデルながら、白色LED内蔵キーボードを搭載しており、最近のゲーミングノートでは必須のポイントをしっかり押さえています。

おすすめカスタマイズ

エントリーモデルとしては十分な構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。用途に応じてストレージの容量を増やすくらいでしょうか。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-15FX095-i7-RNSV(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 120Hz
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:136,980円(税別)~

FPSにもおすすめ!格安の120Hzディスプレイ搭載モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8750HとGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なモデル。

最新のCore i7-8750Hは第8世代「Coffee Lake-H」のCPUで、デスクトップと同じく6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。4コア8スレッドの第7世代Core i7より約30~40%も性能が向上しています。

最大の特長は高速の120Hzディスプレイを搭載していること。1秒間に描写できる回数は、通常の60Hzモニターの2倍。描写回数が多い分、ぬるぬる滑らか。その差は一目瞭然で、FPSゲームでの視点移動がとてもスムーズになり、プレイの精度がグッと上がります。

8GBメモリにデュアルストレージ構成の充実した初期構成となっており、最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが多くなってきているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングノートは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
各GPU別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルをメインに紹介しています。 ...

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
スポンサードリンク

シェアする

フォローする