League of Legendsの推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

League of Legendsをサクッと解説

「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)」は、Riot Gamesが2009年にサービスを開始した、まさにオンラインゲームの大御所とも言うべきタイトルです。

世界レベルで人気があり、総プレイヤー数約7000万人を超え、平均同接数300万人を超えます。プロゲーマーによる公式戦も行われるほどの盛り上がりを見せており、2016年には日本サーバーの運用が開始されました。

ゲームのジャンルは「MOBA」と呼ばれるもの。あまり馴染みがないかもしれませんが、「RTS(リアルタイムストラテジー)」と「アクションRPG」を足して2で割ったようなゲームです。

つまり、第三者的視点でマップを眺めつつ、リアルタイムで戦況の変化に対応するRTS要素に、プレイヤーキャラを操作するアクションRPG要素を混ぜたもの。といえば、少しはピンとくるかもしれません。動画もあわせてチェック!

このゲームでは5対5のチーム戦となっており、最終的に相手側の陣地を攻略したほうが勝ちとなります。チャンピオン(プレイヤーキャラ)はレベル1からスタートし、敵側のミニオン(雑魚キャラ)を倒してレベル上げ&お金を稼ぎ、さらに装備を整えつつ、敵側陣地に侵攻していくという流れです。

説明だけだとシンプルなように感じますが、育成要素に加え、プレイヤーの職バランスや戦術によって戦況がガラリと変わるので、かなり奥が深いです。また、課金で強くなるといったことも一切なし。そのやりこみ度の高さこそが人気の秘訣ですね。

チャンピオンの数も100種類を超え、好みのキャラクターを選ぶ楽しみもあります。基本無料なので、とりあえず触ってみてはどうでしょうか?

推奨スペック

  推奨動作環境
OS Windows 7/8.1/10
CPU 3GHz Processor
メモリ 4GB以上
グラフィックボード GeForce 8800 GT以上
Radeon HD 5670以上
ストレージ容量 12GB以上
 推奨動作環境のみピックアップしてみました。それでもこの通りのスペックの低さ。設定にこだわらないのであれば、普通のノートパソコンでもOK。

ちなみに上の動画は「低設定」と「最高設定」で画質を比較したもの。「低設定」ではテクスチャがペラペラで紙芝居のようですが、「最高設定」では光もテクスチャもしっかり描写されており、立体感が段違いです。やはりやるからには「最高設定」がおすすめ。

しかしそうなると、やはりゲーミングPCが必要になります。それでも軽いことには変わりないので、Core i5・GTX 1050を搭載したエントリーレベルのモデルで十分です。ノートならGTX 960MでもOK。

ちなみにプロゲーマーなどのやりこみ派は、プレイの精度を上げるため、100Hz以上の高リフレッシュレートモニターを使うこともあります。そうなるとやはり負荷が大きく上がるので、Core i7・GTX 1060搭載モデルが必要になります。

 

推奨スペックまとめ

最高設定でプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i5  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1050

最高設定・高リフレッシュレートモニターでプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:8/16GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1060

LOLのおすすめゲーミングPC

  LEVEL-M037-i5-LNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:99,980円(税別)~

GTX1050搭載の入門モデル

Core i5-8400とGTX1050を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。前世代のCore i5よりもコア数が増え、前世代のCore i7-7700Kに匹敵する性能にパワーアップしました。

ストレージはSSD 240GB+HDD 1TBの2台構成で、メモリも8GB搭載しており充実した内容です。さらに省電力・低発熱・高寿命に優れたシルバークラス電源を入れているこだわりよう。隠れ重要パーツである電源にこだわるのはさすがですね。

おすすめカスタマイズ

前世代よりも発熱が上がっているので、CPUクーラーとグリスのカスタマイズがおすすめ。重量級のゲームが増えており、できればメモリは16GB欲しいです。ストレージや電源は用途・予算次第で増やしましょう。

  CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,980円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。

・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃温度が下がります。

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】
→読み書きムラなく速いサムスン製のSSDがおすすめ。

 icon-check-circle HDD
・2TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+3,480円(税別)】
・4TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+10,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+6,780円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
・4TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+15,480円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
電源は隠れ重要パーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS BRONZE認証]【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇るゴールドクラス電源がおすすめ。

  ガレリア ZJ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700K
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:149,980円(税別)~142,980円(税別)~

ド安定のCore i7-8700K×GTX 1060搭載モデル

Core i7-8700KとGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したミドルタワーモデル。

前世代のCore i7-7700Kよりもコア数が増え、ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。熱いCPUなので、冷却能力が高い大型CPUクーラーが搭載されているのが嬉しいですね。

グラボはグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた構成ですが、フルHDでもメモリ8GB以上使うゲームが増えてきているので、できれば16GBあると安心です。

ケースの完成度も高く、排熱性と拡張性に優れており、購入後に光学ドライブやストレージを増設することもできたりと、色々便利。

おすすめカスタマイズ

とりあえずこのままでも使えますが、グリスのカスタマイズが安くておすすめ。メモリはできれば16GB欲しいですね。その他は用途・予算次第です。

  グリス
・高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)【+12,000円(税別)】

  SSD
・500GB SSD【+8,880円(税別)】

  HDD
・【SATA3】 2TB HDD【+3,280円(税別)】
・【SATA3】 3TB HDD【+5,180円(税別)】

  電源
・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+9,600円(税別)】
→最大90%の電源変換効率を誇る、低発熱・省エネのゴールドクラスの電源です。

LOLのおすすめゲーミングノート

G-GEAR note N1564J-710/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■GPU:GTX 1050 Ti
■ストレージ:SSD 240GB
■価格:114,800円(税別)~

SSD+HDD構成と物損保証が安い安心のGTX 1050 Tiモデル

ノート用のCore i7にメモリ8GB、SSD240GBのみという高速仕様の構成です。ディスプレイには発色と視野角に優れたIPSパネルを搭載しており、視野角が広く、きれいな発色でゲームを楽しむことができます。もちろん白色LEDキーボードも搭載。

なお、ゲーミングノートはデスクトップよりも熱がこもりやすいですが、デュアルファンが搭載されており、強力に排熱できるようになっています。長時間のプレイでも安心です。

そして何と言っても、誤って落としてしまった場合や飲み物をこぼしてしまった場合にも対応できる、物損保証込みの3年延長保証に格安で加入できるのが魅力。しかもドスパラとは異なり、月額ではなく、購入時の掛け捨てタイプなのでとてもわかりやすいのもポイント。

例えばSSD240GB+HDD1TBという構成にしても、税込7,020円で加入することができます。仮にキーボードの上に飲み物をこぼし、下の基盤も巻き添えになった場合、同じパソコンがもう一台買えるくらいの修理金額がかかることを考えると、かなり安いことがわかります。

ありえないようで実はよくある物損事故に対応するためにも、そして何より長く使うためにも、ぜひ加入しておきたいですね。

おすすめカスタマイズ

HDDは必須アイテム。料金も安いので、ぜひカスタマイズしましょう。

なお、メモリを16GBにするのもありですが、あくまで価格重視のエントリーモデルなので、予算次第といったところです。

 icon-check-circle SSD&HDD
・【SSD】 240GB (M.2 SATA) + 【HDD】500GB【+4,000円(税別)】
・【SSD】 240GB (M.2 SATA) + 【HDD】 1TB【+6,000円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・16GB(8GB×2枚)DDR4-2400 (PC4-19200) DDR4 SO-DIMM 【+9,000円(税別)】

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
G-Tuneでは現在、12月25日まで最新のCore i7×GTX 1080モデルを超特価で販売中です。かなり魅力的なお値段なのでお...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする