League of Legendsの推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

League of Legendsをサクッと解説

「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)」は、Riot Gamesが2009年にサービスを開始した、まさにオンラインゲームの大御所とも言うべきタイトルです。

世界レベルで人気があり、総プレイヤー数約7000万人を超え、平均同接数300万人を超えます。プロゲーマーによる公式戦も行われるほどの盛り上がりを見せており、2016年には日本サーバーの運用が開始されました。

ゲームのジャンルは「MOBA」と呼ばれるもの。あまり馴染みがないかもしれませんが、「RTS(リアルタイムストラテジー)」と「アクションRPG」を足して2で割ったようなゲームです。

つまり、第三者的視点でマップを眺めつつ、リアルタイムで戦況の変化に対応するRTS要素に、プレイヤーキャラを操作するアクションRPG要素を混ぜたもの。といえば、少しはピンとくるかもしれません。動画もあわせてチェック!

このゲームでは5対5のチーム戦となっており、最終的に相手側の陣地を攻略したほうが勝ちとなります。チャンピオン(プレイヤーキャラ)はレベル1からスタートし、敵側のミニオン(雑魚キャラ)を倒してレベル上げ&お金を稼ぎ、さらに装備を整えつつ、敵側陣地に侵攻していくという流れです。

説明だけだとシンプルなように感じますが、育成要素に加え、プレイヤーの職バランスや戦術によって戦況がガラリと変わるので、かなり奥が深いです。また、課金で強くなるといったことも一切なし。そのやりこみ度の高さこそが人気の秘訣ですね。

チャンピオンの数も100種類を超え、好みのキャラクターを選ぶ楽しみもあります。基本無料なので、とりあえず触ってみてはどうでしょうか?

推奨スペック

  推奨動作環境
OS Windows 7/8.1/10
CPU 3GHz Processor
メモリ 4GB以上
グラフィックボード GeForce 8800 GT以上
Radeon HD 5670以上
ストレージ容量 12GB以上
 推奨動作環境のみピックアップしてみました。それでもこの通りのスペックの低さ。設定にこだわらないのであれば、普通のノートパソコンでもOK。

ちなみに上の動画は「低設定」と「最高設定」で画質を比較したもの。「低設定」ではテクスチャがペラペラで紙芝居のようですが、「最高設定」では光もテクスチャもしっかり描写されており、立体感が段違いです。やはりやるからには「最高設定」がおすすめ。

しかしそうなると、やはりゲーミングPCが必要になります。それでも軽いことには変わりないので、Core i5・GTX 1050を搭載したエントリーレベルのモデルで十分です。

ちなみにプロゲーマーなどのやりこみ派は、プレイの精度を上げるため、100Hz以上の高リフレッシュレートモニターを使うこともあります。そうなるとやはり負荷が大きく上がるので、Core i7・GTX 1060搭載モデルが必要になります。

 

推奨スペックまとめ

最高設定でプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i5  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1050/GTX 960M

最高設定・高リフレッシュレートモニターでプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:8/16GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1060

LOLのおすすめゲーミングPC【デスクトップ編】

G-Tuneのみ推奨モデルの取扱がありますが、特典がつかず、価格も通常モデルと変わらないので、一般モデルをご紹介します。

  LEVEL-M022-i5-LNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:95,980円(税別)~92,980円(税別)~

GTX1050搭載の格安モデル

Core i5とGTX 1050を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。これでもフルHD・最高設定OKです。ストレージはSSDとHDDの2台構成でメモリも8GB搭載し、使い勝手は上々。

格安モデルと言えども、省電力・低発熱・高寿命に優れたシルバークラスの電源を入れているこだわりよう。隠れ重要パーツである電源にこだわるのはさすがです。

おすすめカスタマイズ

価格重視&初期構成のバランスの良さが魅力なので、無理にカスタマイズする必要はなし。CPUクーラーくらいはついでに交換してみては?なお、メモリはカスタマイズできません。

 icon-check-circle CPUクーラー
・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,780円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

  LEVEL-R027-i7-RNA-L(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 480GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:144,980円(税別)~

 icon-bolt 初期構成がパーフェクトでコスパ最強のGTX 1060マシン

Core i7にグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載したミドルタワーモデル。各種パーツを搭載する基盤(マザーボード)には、拡張性が高い上位モデルの「Z270チップセット」を搭載。

そしてメモリ16GBにストレージはSSD 480GB+HDD 2TBと大容量。そして、電源がシルバークラスとグレードが高いのもいいですね。

まさに現行オンラインゲームのスタンダードモデルと言える充実したスペック。長く、安心して使うことができる理想的なモデルです。

おすすめカスタマイズ

冷却能力の高い水冷式CPUクーラーのカスタマイズが安くできるのでおすすめ。HDDと電源は予算次第ですが、HDDのカスタマイズ料金が安いので、せっかくだから増やしてみては?

 icon-check-circle CPUクーラー
・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→空冷式よりも冷却能力が高い水冷式CPUクーラーです。負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

 icon-check-circle HDD
ゲームの動画編集など、かさばるデータを保存するということであれば、HDDを3TBにするのもあり。

・3TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+2,980円(税別)】

 icon-check-circle 電源
電源は意外に重要なパーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS GOLD認証] / ATX電源 [大容量+高変換効率]【+7,980円(税別)】
・700W [80PLUS BRONZE認証] / ATX電源 [余裕のある大容量]【+4,980円(税別)】
→できればグレードの高いゴールドモデルがおすすめ。

LOLのおすすめゲーミングノート

推奨パソコンの取扱いはありません。一般モデルをご紹介します。

GALLERIA QSF960HE2(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-6700HQ
■メモリ:4GB(DDR4)
■GPU:GTX960M
■ストレージ:HDD 500GB
■価格:96,980円(税別)~

前世代のパーツを搭載したおトクなモデル

前世代のノート用Core i7にGTX960Mを搭載。GTX960Mは前世代のミドルクラスのノート用グラフィックボードですが、LOLでは十分なスペックです。安いのも魅力的。

ストレージはHDDのみのシンプルな構成。メモリ4GBに注意!ゲーム用だと4GBでは足りないので、せめてここだけは増やしておきましょう。

エントリーモデルながら細かい部分にも気配りされているのが印象的。まず、ゲームの移動でよく使う「W・A・S・D」キーにわかりやすくマーキングされており、識別しやすくなっています。

また排気ファンが2基搭載されており、クーラーブースト機能と相まって排熱性はバツグン。長時間のゲームでも熱暴走の心配がありません。

そのほかインターフェース類が後ろにも搭載されているので、LANケーブルや有線マウスを接続しても邪魔にならないようになっています。

おすすめカスタマイズ

メモリ8GBは必須。その他、割高になりますが、高速のSSDを搭載してHDDとの2台構成にする。もしくはそのままHDDのみで、大容量にするというのもありです。

 icon-check-circle メモリ
・8GB DDR4 SO-DIMM (PC4-17000/4GBx2/デュアルチャネル)【+5,080円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・250GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)【+13,580円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・【ハードディスク】 1TB (5400rpm)【+2,680円(税別)】
・【ハードディスク】 2TB (5400rpm)【+9,480円(税別)】

  あわせてチェック

シェアする

フォローする