ドラクエ10の推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

ドラゴンクエストシリーズでは初となるオンライン要素を取り入れたMMORPGです。2012年からサービスを開始して以来拡張を重ねて、現在は「いにしえの竜の伝承 オンライン」が最新となっています。

このゲームの特徴はとにかく軽いということ。設定を落とせば一般のノートパソコンでも動作するほど。

しかし、フルHDなどの高い解像度で最高品質を狙うのであれば話は別。きれいなグラフィックで快適にプレイするためにも、しっかりゲーミングPCを用意する必要があります。

推奨スペック

動作環境

  デスクトップ ノート
OS Windows 7(32/64bit)
Windows 8(32/64bit)
Windows 8.1(32/64bit)
Windows 10(32/64bit)
Windows 7(32/64bit)
Windows 8(32/64bit)
Windows 8.1(32/64bit)
Windows 10(32/64bit)
CPU Core 2 Duo(1.6GHz以上)
メモリ 2GB以上
グラフィックボード Geforce 7600GT以上
Radeon HD2600 Pro以上
HD Graphics 2000以上
Geforce GT230M以上
Radeon HD2600 Pro以上
HD Graphics 3000以上
ストレージ容量 16GB以上
解像度 800×600以上
 
Geforce 7600GTなど、懐かしい型番が出てきましたね…あくまでもとりあえず動く程度のスペックなので、はっきり言って当てになりません。

ただ、グラフィック要件にインテルCPUの内蔵グラフィックが記載されていることから、軽いゲームであることは想像できます。

ベンチマークスコア(性能目安)

ドラクエ10では、デモムービーを流してPCの性能を測る「ベンチマークソフト」が配布されているので、現行グラフィックボードの性能をあわせてチェックしてみましょう。

スコア5500以上で「すごく快適」の最高評価を獲得できます。

測定条件

 icon-check CPUはCore i7-7700

 icon-check メモリ容量は16GB

 icon-check ソフトの設定は最高品質/フルHD

  スコア
GTX 1080 Ti 20513(すごく快適)/60FPS
GTX 1080 19897(すごく快適)/60FPS
GTX 1070 18765(すごく快適)/60FPS
GTX 1060(メモリ6GB) 18624(すごく快適)/60FPS
GTX 1060(メモリ3GB) 18114(すごく快適)/60FPS
GTX 1050 Ti 17896(すごく快適)/60FPS
GTX 1050 17482(すごく快適)/60FPS

全てのグラボで「すごく快適」をマーク。カクつかず、スムーズな描写ができる60FPSもしっかりキープしています。ある程度のスペックがあればスコアが頭打ちになるのが面白いですね。

推奨スペックまとめ

フルHD・最高設定でも低いスペックで十分ですね

 icon-check-circle CPU:Core i5  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1050/GTX 960M

ドラクエ10のおすすめゲーミングPC【デスクトップ編】

ドラクエ10に関してはBTOメーカー各社とも、推奨モデルに特典がつかないので、通常モデルを選べばOKです。

  LEVEL-M022-i5-LNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:95,980円(税別)~94,980円(税別)~

GTX1050を搭載したデュアルストレージモデル

Core i5とGTX 1050を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。フルHD・最高設定には十分すぎるほどです。ストレージはSSD 240GB+HDD 1TBの2台構成で、メモリも8GB搭載しており充実した内容です。

格安モデルと言えども、省電力・低発熱・高寿命に優れたシルバークラスの電源を入れているこだわりよう。隠れ重要パーツである電源にこだわるのはさすがです。

おすすめカスタマイズ

価格重視&初期構成のバランスの良さが魅力なので、無理にカスタマイズする必要はなし。CPUクーラーくらいはついでに交換してみては?なお、メモリはカスタマイズできません。

 icon-check-circle CPUクーラー
・COOLER MASTER Hyper 212 EVO【+3,980円(税別)】
→定番中の定番の空冷式CPUクーラーです。高負荷時には標準ファンよりも約20℃程度温度が下がります。

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+3,480円(税別)】
・3TB HDD / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】

 icon-trophy LEVEL-M022-i5-LN-L(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:84,980円(税別)~

GTX 1050搭載の格安モデル

こちらもミニタワーケースにCore i5とGTX 1050を搭載したモデル。SSD非搭載でHDDのみ搭載し、価格を極限まで下げています。パソコン工房の得意とするスタイルです。

格安モデルと言えども、省電力・低発熱・高寿命に優れたシルバークラスの電源を入れているこだわりよう。隠れ重要パーツである電源にこだわるのはさすがです。

とにかく安く済ませたい方向けです。

おすすめカスタマイズ

価格重視&初期構成のバランスの良さが魅力なので、あえてカスタマイズする必要はなし。

ドラクエ10のおすすめゲーミングPC【ノート編】

GALLERIA QSF960HE2(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-6700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■GPU:GTX 960M
■ストレージ:HDD 500GB
■価格:99,980円(税別)~

前世代のパーツを搭載したおトクなモデル

前世代のノート用Core i7にGTX 960Mを搭載。GTX960Mは現行のGTX1050よりも性能は下ですが、ドラクエでは十分すぎる性能です。

ストレージはHDDのみのシンプルな構成。メモリは8GB搭載しており、最低限のポイントはしっかり押さえています。

エントリーモデルながら細かい部分にも気配りされているのが印象的。

キーボードには、ゲームの移動でよく使う「W・A・S・D」キーにわかりやすくマーキングされており、識別しやすくなっているほか、赤のLEDが内蔵されています。なお、文字プリントも。さらにフロントグリルもと赤づくし。いかにもなゲーミングマシンですね。

また排気ファンが2基搭載されており、クーラーブースト機能と相まって排熱性はバツグン。長時間のゲームでも熱暴走の心配がありません。

そのほかインターフェース類が後ろにもついているため、LANケーブルや有線マウスを接続しても邪魔にならないようになっています。

おすすめカスタマイズ

エントリーモデルなのでこのままでもOK。もしよさんがあれば、高速のSSDを搭載してHDDとの2台構成にする。もしくはそのままHDDのみで、大容量にするというのもありです。

 icon-check-circle SSD
・240GB SSD (M.2スロット / AHCI接続)【+10,980円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・【ハードディスク】 1TB (5400rpm)【+2,680円(税別)】
・【ハードディスク】 2TB (5400rpm)【+9,480円(税別)】

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
G-Tuneでは現在、GTX 1080 Ti搭載ゲーミングPCを格安で販売しています。かなり思い切った価格になっているので、...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする