ドラゴンズドグマ オンラインの推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

ドラゴンズドグマオンラインー通称「DDON」

元はオープンワールドアクションRPGだったものに、オンライン要素を取り入れた大規模MMORPGです。オンラインになっても従者のポーンシステムやキャラメイクの自由度、大型モンスターへのしがみつき攻撃など、ドラゴンズドグマらしさは変わらず。

2015年からサービスを開始しているので、まだシーズン2どまり。2017年8月にはシーズン3への大型アップデートが予定されています。

推奨スペック

動作環境

必須スペック 推奨スペック
OS Windows 7(32/64bit)
Windows 8(32/64bit)
Windows 10(32/64bit)
Windows 7(64bit)
Windows 8(64bit)
Windows 10(64bit)
CPU Core 2Duo E7600以上 Core i5-4690以上
メモリ 2GB以上 4GB以上
グラフィックボード Geforce 8800以上
Radeon HD 3870以上
Geforce GTX 570以上
Radeon HD 7870以上
ストレージ容量 35GB以上
解像度 1280×720以上 1920×1080以上

必須スペックは、とりあえず動作する最低ラインの目安なので気にする必要なし。推奨スペックも低めで、数世代前のミドルモデルを指定しており、そこまで重いゲームではありません。

ベンチマークスコア(性能目安)

ドラゴンズドグマオンラインでは、デモムービーを流してPCの性能を測る「ベンチマークソフト」が配布されているので、現行グラフィックボードの性能をあわせてチェックしてみましょう。

スコア7000以上で「とても快適」の判定が出ます。

測定条件

icon-check CPUはCore i7-7700

icon-check メモリ容量は16GB

icon-check ソフトの設定は最高品質/フルHD

スコア
GTX 1080 Ti 13771
GTX 1080 12925
GTX 1070 12413
GTX 1060
(メモリ6GB)
11859
GTX 1060
(メモリ3GB)
11672
GTX 1050 Ti 11364
GTX 1050 10701

スコア7000以上がとても快適にプレイできる目安です。全てのモデルでとても快適にプレイ可能です。GTX 1060もあれば十分ですね。

それにしても上位と下位のグラフィックボードとのスコアにそこまで差が出ないのが面白いですね。。性能差は相当あるのですが。

推奨スペックまとめ

フルHD・最高設定

icon-check-circle CPU:Core i5  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1050

フルHD・最高設定で快適に

icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX 1060

ドラゴンズドグマのおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。
ドスパラにて特典付き推奨モデルあり。

【特典】
いずれも性能が高く、レベル1から装備可能です。
■オーフリングボウ(ハンター)
■オーフリングソード/オーフリングシェル(ファイター)
■オーフリングロッド/オーフリングガード

【推奨モデル】GALLERIA XT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■チップセット:H270チップセット
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 640GB+HDD2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:142,980円(税別)~

GTX1060搭載の高性能モデル

Core i7-7700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。8GBメモリにデュアルストレージを搭載した使いやすい初期構成が魅力的です。

グラボはフルHDに最適なグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

8GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。今なら640GB SSDに無料アップグレードでとてもおトク。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i7-RNJR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:126,980円(税別)~

コスパ重視のGTX 1060搭載デュアルストレージモデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載したミドルタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージの充実した構成です。電源は省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

おすすめカスタマイズ

前世代のCore i7よりも発熱が高く、CPUクーラーのカスタマイズがおすすめ。重量級のゲームが増えており、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R037-i5-LNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8400
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:102,980円(税別)~

ワンランク上のデュアルストレージモデル

前世代のCore i7に匹敵する性能を持つ、Core i5-8400とGTX 1050を搭載したミドルタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージの充実した構成です。電源は省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

icon-info-circleリーズナブルなミニタワータイプはこちら>>>LEVEL-M037-i5-LNR icon-external-link

おすすめカスタマイズ

フルHD入門モデルとして完成された初期構成で、基本的にカスタマイズ不要です。その他は用途・予算次第でストレージや電源をカスタマイズするのもいいでしょう。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介しています...

ドラゴンズドグマのおすすめゲーミングノート

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

LEVEL-15FX095-i7-RNSV(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD ノングレア 120Hz
■CPU:Core i7-8750H
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:136,980円(税別)~

FPSにもおすすめ!格安の120Hzディスプレイ搭載モデル

6コア12スレッドのハイパワーCPU、Core i7-8750HとGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載した、フルHDでのゲーミングに最適なモデル。

最新のCore i7-8750Hは第8世代「Coffee Lake-H」のCPUで、デスクトップと同じく6コア12スレッドになり大幅にパワーアップ。4コア8スレッドの第7世代Core i7より約30~40%も性能が向上しています。

最大の特長は高速の120Hzディスプレイを搭載していること。1秒間に描写できる回数は、通常の60Hzモニターの2倍。描写回数が多い分、ぬるぬる滑らか。その差は一目瞭然で、FPSゲームでの視点移動がとてもスムーズになり、プレイの精度がグッと上がります。

8GBメモリにデュアルストレージ構成の充実した初期構成となっており、最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが多くなってきているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-15FX078-i7-LNSV(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:99,980円98,980円(税別)~

デュアルストレージを10万円以下で実現した格安モデル

ノート用のCore i7-7700HQとGTX 1050を搭載したエントリーモデル。8GBメモリにSSD+HDDのデュアルストレージ構成の充実した初期構成ながら、10万円以下を実現しています。

格安モデルながら、白色LED内蔵キーボードを搭載しており、最近のゲーミングノートでは必須のポイントをしっかり押さえています。

おすすめカスタマイズ

エントリーモデルとしては十分な構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。用途に応じてストレージの容量を増やすくらいでしょうか。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

GPU別激安ゲーミングノートまとめ 予算重視の方は必見!
各GPU別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルをメインに紹介しています。 ...

あわせてチェック

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする