黒い砂漠の推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

アクションRPG「C9」を手掛けたスタッフが独立・結成した、Pearl Abyssが放つMMORPG。

目玉はアクション要素の高いノンターゲティングバトルですが、オープンワールドということもあり、遊び方は無限大。

馬を育てるブリーダになる、行商になる、山登りを極める…など戦闘以外で自分なりのやりこみ要素を見つけられるのも醍醐味です。

さらに、キャラクタークリエイトの自由度もかなり高いので、キャラクリ目的でプレイしてみるのもありですね。

それでは推奨スペックやおすすめモデルをチェックしていきましょう。

推奨スペック

必要動作環境・推奨動作環境(LOW)

  必要動作環境 推奨動作環境(LOW)
OS Windows 7(32/64bit)
Windows 8(32/64bit)
Windows 8.1(32/64bit)
Windows 10(32/64bit)
Windows 7(64bit)
Windows 8(64bit)
Windows 8.1(64bit)
Windows 10(64bit)
CPU Core i3(3GHz以上) Core i5(3.3GHz以上)
メモリ 4GB以上 6GB以上
グラフィックボード GTS250
Geforce 9800 GTX以上
Radeon HD 3870 X2以上
GTX550Ti/GTX650以上
Radeon HD 7700/6770以上
ストレージ容量 90GB以上
解像度 1280×720

推奨動作環境(MIDDLE/HIGH)

  推奨動作環境(MIDDLE) 推奨動作環境(HIGH)
OS Windows 7(64bit)
Windows 8(64bit)
Windows 8.1(64bit)
Windows 10(64bit)
CPU Core i5(3.3GHz以上) Core i7(3GHz以上)
メモリ 8GB以上 16GB以上
グラフィックボード GTX750Ti/760以上
Radeon R7 260X
Radeon R9 270以上
GTX960以上
Radeon R9 380以上
ストレージ容量 90GB以上
解像度 1280×720

最低動作環境は、あくまでも動作する最低ラインの目安です。公式ページでは「一部のコンテンツ、及び長時間のプレイは正常に行えない可能性があります。」というように、さらっと怖いことが書いてあります。

「HIGH」設定では、Core i7に前世代のミドルクラスのグラフィックボードを要求しているあたり、重めのゲームであることがわかります。

注意すべきなのがストレージ容量。ダウンロードとインストールで約90GBが必要になるので、120GBのSSDを搭載したモデルは厳禁です。SSDなら最低でも240(256)GB、できれば480(512)GBを確保するようにしましょう。

FPS計測テスト

実機を用いたFPSテストの結果をまとめました。60FPSあれば滑らかで、快適なプレイが可能です。ちなみにこのゲームでは60FPSが上限となっているので、いかに上限をキープできるかがキモです。

測定条件

 icon-check CPUは最新世代のCore i7-7700

 icon-check メモリは16GB

 icon-check ゲーム設定は次の3種類
  ・LOW(テクスチャ品質:LOW グラフィック品質:LOW)
  ・MIDDLE(テクスチャ品質:MIDDLE グラフィック品質:MIDDLE)
  ・VERY HIGH(テクスチャ品質:HIGH グラフィック品質:VERY HIGH)

  VERY HIGH MIDDLE LOW
GTX1080Ti 60 FPS 60 FPS 60 FPS
GTX1080 60 FPS 60 FPS 60 FPS
GTX1070 60 FPS 60 FPS 60 FPS
GTX1060(メモリ6GB) 60 FPS 60 FPS 60 FPS
GTX1060(メモリ3GB) 60 FPS 60 FPS 60 FPS
GTX1050Ti 44 FPS 60 FPS 60 FPS
GTX1050 40 FPS 60 FPS 60 FPS

飛躍的に性能が向上したGTX1000番台ですが、さすがに最高設定の「VERY HIGH」だとGTX1050では力不足。

上記の動画は各品質の比較動画となっており、「MIDDLE」だとテクスチャの粗が目立つようになっています。できれば「HIGH」以上の設定でプレイしたいところですね。

ということで、最低でもGTX1060、安定感や今後のアップデートを考えると、GTX1070は欲しいですね。

推奨スペックまとめ

フルHD・VERY HIGHでプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:16GB  icon-check-circle グラボ:GTX1060/1070

フルHD・HIGHでプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i5  icon-check-circle メモリ:16GB  icon-check-circle グラボ:GTX1060

黒い砂漠のおすすめゲーミングPC【デスクトップ編】

G-Tune、パソコン工房で特典付き推奨モデルあり。ドスパラは在庫切れのため除外。

【特典】
序盤の移動手段として重宝する「3等級の馬」がついてきます。

  【推奨モデル】im570 シルバーモデル(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:132,800円(税別)~
■光学ドライブ非搭載・キーボード・マウス無し

GTX1060搭載のデュアルストレージモデル

Core i7にGTX1060を搭載したミニタワーモデル。メモリ16GB、SSDとHDDのデュアルストレージ構成で使いやすく、さらにシルバークラスの電源を搭載しているので低発熱で長寿命。そのわりに価格も安くコスパ◎

なお、光学ドライブ非搭載なので必要な場合にはカスタマイズで追加を。また、キーボード・マウスも付属しないので、あわせて注文するか、自前で準備する必要があります。

おすすめカスタマイズ

初期構成のコスパが光るモデルなので、カスタマイズはほどほどに。動画編集など、データ類を多く保存するのであれば、HDDの容量を増やすのもありでしょう。

icon-check-circle CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので交換推奨。ですが詳細が不明なので、少しでも静かに、冷却能力を上げたいのであれば変更しましょう。

・【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー【+2,800円(税別)】

icon-check-circle HDD
・HDD 2TB ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+4,800円(税別)】
・HDD 3TB ( 7200rpm / 6Gbps 対応 )【+6,800円(税別)】

  【推奨モデル】i660 ゴールドモデル(G-Tune)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-7700K
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX1070
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS SILVER)
■価格:174,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

GTX1070搭載のハイスペックモデル

Core i7にGTX1070を搭載した安心モデル。重量級のゲームが増えてきている中、GTX1070の安定感は頼もしいです。

Core i7も通常のものとは違い、K付きのアンロックモデルで10%程度性能が高くなっています。各種パーツを載せる基盤(マザーボード)には、拡張性が高い上位の「Z270チップセット」を搭載。

メモリは16GB、ストレージはSSDとHDDのデュアル構成で、さらにシルバークラスの電源を搭載し、完成度の高い仕上がりです。

おすすめカスタマイズ

やはりCPUクーラーを変更したいですね。SSDやHDD、電源は予算次第です。

ちなみにSSDにはOSがインストールされているので、容量を増やすなら最初にカスタマイズしておくのがおすすめ。後から容量を増やそうとすると再インストール&初期設定が必要になり、けっこう面倒です。

 icon-check-circle CPUクーラー
・[12cmファン×1基]Cooler Master Hyper 212 EV【+4,800円(税別)】
→冷却能力に定評のある空冷式のCPUクーラーです。CPUクーラーのファンは2基搭載できますが、1基もあれば十分です。

 icon-check-circle SSD
・Samsung 512GB SSD ( SATA3 / 6Gbps 対応 )【+7,800円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・【SATA3】 3TB HDD【+4,800円(税別)】

 icon-check-circle 電源
電源は隠れ重要パーツで、グレードを上げれば長寿命になります。電源の交換はかなり手間のかかる作業なので、最初からいいものにしておくと後がラクです。

・700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD ) 【+3,800円(税別)】
→さらにグレードの高いゴールドモデルです。電源変換効率は90%を超えます。

  【推奨モデル】LEVEL-C122-i5-RNJR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-7500
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:106,980円(税別)~
■光学ドライブ非搭載

HIGH設定に最適化された格安モデル

CPUはCore i5、グラボはグラフィックメモリ3GB版のGTX1060、メモリは8GBとまさに「HIGH」設定にぴったりのスペック。さらにコンパクトケースを採用することで、安い価格を実現しています。

格安モデルではありますが、SSDとHDDのデュアルストレージ構成に加え、シルバークラス電源を搭載しており、快適に・長く使うことができるようになっています。

おすすめカスタマイズ

価格重視&初期構成のバランスの良さが魅力なので、あえてカスタマイズする必要はなし。

黒い砂漠のおすすめゲーミングノート

ドスパラのみ推奨モデルの設定がありますが、残念ながら在庫切れ

  LEVEL-15FX093-i7-RNSR-L(パソコン工房)

■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:139,980円(税別)~

GTX 1060搭載モデルが感動レベルの安さ!

ノート用のCore i7にGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したフルHDスタンダードモデル。ストレージはSSD 240GB+HDD 1TBのデュアルストレージ構成で、メモリは8GB搭載し、使い勝手は上々。

機能面も充実しており、ハイレゾオーディオ対応ヘッドホンアンプを内蔵。対応するヘッドホンを使えば豊かなサウンドを堪能することができます。もちろん最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

何がすごいかというと、この内容で14万円ということ。他社だとこの構成は16万円レベルです。とんでもない安さですね。

おすすめカスタマイズ

予算に余裕があれば、SSDやHDD、メモリを増量して長く使えるパソコンに仕上げるのもあり。

 icon-check-circle SSD
・480GB 2.5インチ Serial-ATA SSD【+7,980円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 2.5インチ Serial-ATA【+5,480円(税別)】

  G-GEAR note N1585J-710/T(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:16GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1070
■ストレージ:SSD 256GB+HDD 1TB
■価格:194,800円(税別)~

デュアルストレージのGTX1070モデルでは最安

ノート用のCore i7にGTX1070というハイスペックマシンです。ストレージはSSD 256GB+HDD 1TB、メモリは16GBの充実した構成。しかもSSDには通常のタイプよりも4~5倍高速の、M.2 NVMe接続タイプを搭載しており、かなりお得感があります。

なかでも一番目を引くのがフルカラーキーボード。いかにもゲーミングらしいド派手な見た目は、視認性だけではなく、カラーやパターンを変更することで視覚的にも楽しむことができるようになっています。

さらにスピーカーにはオンキヨー製の大型チャンバーを採用したスピーカーを採用。また、今流行りのハイレゾ再生にも対応しているので、対応しているヘッドフォンを使えば、クリアで迫力のあるサウンドを楽しむことができます。

そのほかインターフェースも充実しており、USBポートは計5つ搭載し、うち2つは最新規格のType-Cポートという内容。さらに、HDMIとMini Displayportを使うことにより、最大4画面まで画像出力が可能です。

そして忘れてはいけないのがツクモの保証。誤って落としてしまった場合や飲み物をこぼしてしまった場合にも対応できる、物損保証込みの3年延長保証に格安で加入できます。

例えば標準構成のままであれば、税込10,800円で加入することができます。仮に落としてしまてしまうと、最悪ディスプレイ・基盤を含む全交換になる場合があり、もう一台買える修理金額がかかることもざらです。

うっかり手が触れてジュースをこぼしてしまった…というように、ノートは一瞬の不注意が命取りになるケースが多いので、ぜひ加入しておきましょう。

おすすめカスタマイズ

同じくM.2 NVMe接続タイプの512GB SSDに安くアップグレードできるので、せっかくだからカスタマイズしてみては?

 icon-check-circle SSD
・【SSD】 intel製 512GB (M.2 NVMe接続) + 【HDD】 WD製 1TB【6,000円(税別)】

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感満載。思わ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
G-Tuneでは現在、GTX 1080 Ti搭載ゲーミングPCを格安で販売しています。かなり思い切った価格になっているので、...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする