バトルフィールド 1の推奨スペックやおすすめゲーミングPCまとめ

バトルフィールド 1はこんなゲーム

「Battlefield 1」は、言わずと知れたFPS「Battlefieldシリーズ」の最新作。ナンバリングとともに時代は遡り、舞台は第一次世界大戦です。

バトルフィールドといえば、大人数のプレイヤー同士による大規模戦闘ですが、今作では「キャンペーンモード」と呼ばれるストーリーモードが用意されています。ドラマ顔負けのストーリーで、戦争について考えさせられる内容に仕上がっています。

ちなみにプレイスタイルはサポートなしのソロプレイなので、うまく立ち回らないとアッという間に蜂の巣にされてしまい、なかなかシビア。本編とはまた違った緊張感があり、新鮮な感覚で楽しむことができます。

新鮮な感覚といえば、兵器や装備品もそうですね。飛行船や装甲列車、阻塞気球など、現代ではもう見ることもないような兵器ばかり。厄介なのが飛行船や装甲列車で耐久性が非常に高く、敵側で登場されると困ることこの上なし。

また銃火器についても、序盤は連射のきかない手動排莢&装弾数の少ない武器が登場。おまけに当てるのにもコツがいるので、慣れるまで手こずります。が、その不便さが逆に戦っている感を演出し、楽しかったりもします。

ゲームモードは全7種類と楽しみ方はいろいろ。おなじみの「コンクエスト」「チームデスマッチ」「ドミネーション」「ラッシュ」に加え、「ウォー・ビジョン」「オペレーション」「フロントライン」が新規に追加されました。

メインはやはり伝統の陣取り合戦「コンクエスト」です。冒頭の紹介動画がまさにそれ。最大64対64ものメンバーで大規模戦闘を楽しむことができます。今作から劣勢陣営に対し、飛行船や装甲列車、艦船の強力兵器が用意されるので、最後まで気を抜けなくなりました。

グラフィックだけではなく、天候によって変わる銃声や生々しい砲撃痕など、演出のリアリティーさに磨きがかかり、まさに戦場にいるような感覚を味わうことができます。

推奨スペック

動作環境

  必要動作環境 推奨動作環境
OS Windows 7(64bit)
Windows 8.1(64bit)
Windows 10(64bit)
CPU Core i5-6600K
FX-6350
Core i7-4790以上
FX-8350以上
メモリ 8GB 8GB以上
グラフィックボード Geforce GTX 660
Radeon HD 7850
Geforce GTX 1060(3GB)
Radeon RX480以上
ストレージ容量 50GB
 最低動作環境は、あくまでも動作する最低ラインの目安です。推奨動作環境はCPUにCore i7、グラボに現行モデルのミドルスペックを要求しているあたり、重たいゲームであることがわかります。
 

FPS計測テスト

実機を用いたFPSテスト(平均値)の結果をまとめました。60FPSあれば滑らかで、快適なプレイが可能です。ちなみにこのゲームではFPS上限がありません。

測定条件

 icon-check CPUは最新世代のCore i7-7700K

 icon-check メモリは16GB

 icon-check 解像度はフルHD、ゲーム設定は低/高/ウルトラの3種類

  ウルトラ
GTX1080Ti 150 FPS 163 FPS 189 FPS
GTX1080 131 FPS 140 FPS 182 FPS
GTX1070 113 FPS 125 FPS 172 FPS
GTX1060(メモリ6GB) 86 FPS 93 FPS 158 FPS
GTX1060(メモリ3GB) 76 FPS 84 FPS 147 FPS
GTX1050Ti 55 FPS 56 FPS 106 FPS
GTX1050 49 FPS 51 FPS 95 FPS

高い設定となるとGTX1050シリーズは60FPSに届かず、明らかに力不足。またGTX1060でも、天候の変化や爆発など、瞬間的な負荷によるFPSの変動を考えると、できればグラフィックメモリ6GB版の方が安心です。

上の動画は「低」「中」「高」「ウルトラ」での比較動画です。「低」と「中」では、テクスチャが粗く、炎や煙の演出が控えめになっています。

その点「高」と「ウルトラ」は滑らかでとてもきれいですね。2者に大きな差はありませんが、グラボへの負荷も「高」と大差ないので、「ウルトラ」でのプレイがおすすめ。

ということで、最低でもグラフィックメモリ3GB版のGTX1060搭載モデルを選びましょう。

推奨スペックまとめ

フルHD・ウルトラでプレイしたい

 icon-check-circle CPU:Core i7  icon-check-circle メモリ:8GB  icon-check-circle グラボ:GTX1060

BF1のおすすめゲーミングPC

  LEVEL-R037-i7-RNJR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2400)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:126,980円(税別)~

コスパ重視のGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)モデル

Core i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載したミドルタワーモデル。前世代のCore i7-7700よりもコア数が増え、ゲーム+録画・配信といったようなマルチタスクにも強くなり、まさに万能選手となりました。

8GBメモリに、SSD+HDDのデュアルストレージ構成となっており、使い勝手がよくなっています。電源は省エネ・低発熱のシルバークラス電源を搭載しているのもポイント。

グラボのメモリが3GBなので、FPSやオープンワールドであれば、フレームレートが安定しやすいグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060がおすすめ。

おすすめカスタマイズ

前世代よりも発熱が上がっているので、CPUクーラーとグリスのカスタマイズがおすすめ。重量級のゲームが増えており、欲を言えばメモリも16GB欲しいですね。ストレージや電源は用途・予算次第で増やしましょう。

  CPUクーラー
ゲーム時など負荷がかかる状況では、標準の空冷式小型CPUクーラーだと冷却に余裕がなく、うるさくなりがちなので、ぜひ交換しておきたいですね。

・12cmラジエーターファン水冷CPUクーラー【+6,980円(税別)】
→冷却能力が非常に高い水冷式CPUクーラーで、負荷時には標準のクーラーより20℃~30℃程度低い安定した温度で冷却できます。

  グリス
CPUとCPUクーラの間に塗布して熱伝導率を高めるもの。

・シルバーグリス Arctic Silver 5【+1,380円(税別)】
→ノーマルグリスより2~3℃温度が下がります。

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

 icon-check-circle SSD
・500GB Samsung SSD 850 EVO【+9,980円(税別)】
→読み書きムラなく速いサムスン製のSSDがおすすめ。

 icon-check-circle HDD
・4TB 3.5インチ Serial-ATA HDD【+8,980円(税別)】
→価格重視の通常モデル

・2TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+4,980円(税別)】
・3TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+7,980円(税別)】
・4TB HDD [WD RED] / 3.5インチ Serial-ATA【+13,980円(税別)】
→サーバーグレードの高耐久性が特長のWesternDigital製REDシリーズHDDです。

  電源
電源は隠れ重要パーツで、グレードを上げれば長寿命になります。また、あらかじめ大容量モデルに変更しておくと、将来的にハイエンドのグラフィックボードに交換する場合にラクです。

・700W [80PLUS BRONZE認証]【+4,980円(税別)】
・700W [80PLUS GOLD認証]【+7,980円(税別)】
→電源変換効率90%を誇るゴールドクラス電源がおすすめ。

  ガレリア ZT 8700(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i7-8700
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 250GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■大型CPUクーラー搭載
■価格:142,980円139,980円(税別)~

ド安定のCore i7-8700×GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)モデル

Core i7-8700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したミドルタワーモデル。熱いCPUなので、冷却能力が高い大型CPUクーラーが搭載されているのが嬉しいですね。

グラボはグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた構成ですが、フルHDでもメモリ8GB以上使うゲームが増えてきているので、できれば16GBあると安心。

ケースの完成度も高く、排熱性と拡張性に優れており、購入後に光学ドライブやストレージを増設することもできたりと、色々便利。

おすすめカスタマイズ

とりあえずこのままでも使えますが、グリスのカスタマイズが安くておすすめ。メモリはできれば16GB欲しいですね。その他は用途・予算次第です。

  グリス
・高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7【+1,900円(税別)】
→シルバーグリスよりも若干熱伝導率が高く、ノーマルのものより5℃ほど温度が下がります。

  メモリ
・16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)【+12,900円(税別)】

  SSD
・500GB SSD【+8,880円(税別)】

  HDD
・【SATA3】 2TB HDD【+3,280円(税別)】
・【SATA3】 3TB HDD【+5,180円(税別)】

  電源
・オウルテック 700W 静音電源 (80PLUS GOLD / AS-700)【+9,600円(税別)】
→最大90%の電源変換効率を誇る、低発熱・省エネのゴールドクラスの電源です。

BF1のおすすめゲーミングノート

LEVEL-15FX093-i7-RNSR-L(パソコン工房)

■OS:Windows 10
■ディスプレイ
15.6インチ フルHD(1920×1080) ノングレア IPS
■CPU:Core i7-7700HQ
■メモリ:8GB(DDR4)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■価格:139,980円(税別)~

GTX 1060搭載モデルが感動レベルの安さ!

ノート用のCore i7にGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したフルHDスタンダードモデル。ストレージはSSD 240GB+HDD 1TBのデュアルストレージ構成で、メモリは8GB搭載し、使い勝手は上々。

機能面も充実しており、ハイレゾオーディオ対応ヘッドホンアンプを内蔵。対応するヘッドホンを使えば豊かなサウンドを堪能することができます。もちろん最近のゲーミングノートでは必須の白色LED内蔵のキーボードも搭載しています。

何がすごいかというと、この内容で14万円ということ。他社だとこの構成は16万円レベルです。とんでもない安さですね。

おすすめカスタマイズ

予算に余裕があれば、SSDやHDD、メモリを増量して長く使えるパソコンに仕上げるのもあり。

 icon-check-circle SSD
・480GB 2.5インチ Serial-ATA SSD【+7,980円(税別)】

 icon-check-circle メモリ
・DDR4-2400 8GB×2(デュアルチャンネル/計16GB)【+8,980円(税別)】

 icon-check-circle HDD
・2TB HDD / 2.5インチ Serial-ATA【+5,480円(税別)】

あわせてチェック

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式ページ   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...

シェアする

フォローする