Ryzen 7 2700X・2700のおすすめゲーミングPC 実況配信に強い8コア16スレッドCPUがさらに進化して登場!

AMDの最新CPUとなる、第2世代Ryzenシリーズを搭載したゲーミングPCが各社から発売されました。そのスペックとおすすめゲーミングPCをチェックしてみましょう。

第2世代Ryzen 7のスペックまとめ

Ryzen 7
2700X
Ryzen 7
2700
Ryzen 7
1800X
Ryzen 7
1700
Core i7-8700K
コードネーム Pinnacle Ridge Pinnacle Ridge Summit Ridge Summit Ridge Cofee Lake-S
プロセスルール 12nm 12nm 14nm 14nm 14nm++
コア/スレッド 8/16 8/16 8/16 8/16 6/12
動作クロック 3.7GHz 3.2GHz 3.5GHz 3.0GHz 3.7GHz 
最大クロック 4.3GHz 4.1GHz 4.0GHz 3.7GHz 4.7GHz
XFR XFR2 XFR
L3キャッシュ 16MB 16MB 16MB 16MB 12MB
対応メモリー DDR4-2933
2ch
DDR4-2933
2ch
DDR4-2667
2ch
DDR4-2667
2ch
DDR4-2666
2ch
内蔵GPU UHD 630
TDP 105W 65W 95W 65W 95W

第2世代Ryzenでは「Zen+」マイクロアーキテクチャを採用。これは第1世代Ryzenの「Zen」マイクロアーキテクチャをリファインしたもので、大まかな違いは次の3点です。

icon-check-circle-oアーキテクチャを14nmから12nmへ微細化

icon-check-circle-o動作クロックの引き上げ

icon-check-circle-oメモリコントローラーをDDR4-2667からDDR4-2933へ引き上げ

そのほか、自動クロックアップ機能の“Precision Boost”に改良が加えられ、“Precision Boost 2”となりました。クロックアップの動作条件がスレッド数からCPU温度・消費電力になり、より柔軟に動作クロックを引き上げられるようになっています。

さらに、スペック上の最大クロックを50MHz超えて動作させる“XFR”にも改良が加えられ、“ XFR 2”となり、より効きやすくなっています。ちなみにこの機能は、型番の末尾に【X】がついたRyzen 7 2700X独自の機能です。

言ってしまえば「高クロック版Ryzen」ですね。クロックアップよる性能の向上、それにともなう消費電力の増加を、製造プロセスの微細化によって最小限に抑えているのがポイントです。

実際の性能は?

前世代のRyzen 7との性能差をざっくりまとめてみましたー

  • シングル・マルチコアともに性能は約10%向上(CINEBENCH R15)
  • エンコード時間はさらに短縮。もちろんCore i7-8700Kよりも高速に
  • ゲームのベンチマーク結果も向上し、Core i7-8700Kに迫るレベルに
  • アイドル時の消費電力は微増、ピーク時では約10~15W上昇

クロックアップがまさに効果テキメン。8コア16スレッドのパワーを十分に発揮できる、万能CPUに進化しました

ゲームにおいてインテルに後塵を拝していましたが、最新のRyzen7ではインテルのCore i7-8700K迫る性能にパワーアップしました。特に苦手としていたFF14のスコアが上がっており、たしかな進化を感じさせますね。

また、クリエイティブ用途での性能に磨きがかかったのもポイント。前世代のRyzen 7だとエンコードの種類によってはCore i7-8700Kよりも時間がかかっていましたが、最新のRyzen 7ではその種類を問わずCore i7よりも速くなりました

もちろんクロックアップとトレードオフの関係で消費電力が上がっていますが、ピーク時で10W~15W程度であれば、十分許容範囲内でしょう。

Ryzen 7とCore i7のどちらがおすすめ?

ゲームオンリーということであればCore i7の方が性能が高く、何といっても搭載モデルの価格が安いので、基本的にはCore i7搭載モデルがおすすめです。

ゲーム+録画配信、さらに編集作業までガッツリ使い倒すのであれば、8コア16スレッドのパワーが光るRyzen 7搭載モデルを選ぶようにしましょう

なおゲームでの性能を考えると、やはりRyzen 7 2700Xがおすすめですが、劇的に性能が上がるわけではないので、2700でも十分です。さらに言ってしまうと、2700X搭載モデルはそもそもラインナップが少なめです。

Ryzen 7 2700X/2700のおすすめゲーミングPC

icon-info-circle モデルの構成・価格は日々変動するので、参考までにご覧ください。

GTX 1060搭載モデル

フルHD推奨スペック

レリア AT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700
■チップセット:B350チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:145,980円137,980円(税別)~

大容量ストレージ搭載の高コスパモデル

8コア16スレッドのRyzen 7 2700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したフルHD推奨のミドルタワーモデル。

GTX 1060は上位のグラフィックメモリ6GB版なので、FPSやオープンワールドゲームなどの重量級のゲームでフレームレートが安定しやすくなります。最近は重いゲームばかりなので、やはり6GB版の方が安心ですね。

8GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成が魅力の高コスパモデルとしておススメ。

icon-info-circleリーズナブルなミニタワーモデルはこちら>>>ガレリア RT icon-external-link

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

LEVEL-R0X4-R72-RNR(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:139,980円(税別)~

ハイグレードマザーボード搭載モデル

8コア16スレッドのRyzen 7 2700とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したフルHD推奨のミドルタワーモデル。

8GBメモリにデュアルストレージのポイントをおさえた初期構成となっています。さらにマザーボードは、信頼性の高いASUS製の上位モデル【PRIME X470 PRO】を搭載するこだわりよう。拡張性も高く、グラボ2枚構成なども可能です。

価格のわりに内容が充実しており、非常にコスパの高い一台です。

icon-info-circleリーズナブルなグラフィックメモリ3GB版はこちら>>LEVEL-R0X4-R72-RNJR icon-external-link

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズは不要です。用途・予算次第でストレージの容量を増やしたり、電源のアップグレードをしてみるのもいいでしょう。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

G-GEAR neo GX7A-A180/XT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(メモリ3GB)
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■価格:159,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

高機能ケース&マザーボード採用モデル

8コア16スレッドのRyzen 7 2700とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載した上級モデル。大容量の16GBメモリにデュアルストレージを装備し、使い勝手のいい初期構成になっています。

ケースは自作で大人気のCOOLER MASTER製【CM690 III】を採用。ワイドボディの空間は広々しており、前面のメッシュ加工で通気性は抜群です。また、配線を裏に回すスペースも設けられており、内部はスッキリ。より高いエアフローを確保しています。

またマザーボードには、充実した機能と信頼性を誇る、ASUS製のゲーミングマザーボード【ROG STRIX X470-F GAMING】を搭載しています。

特にゲーミング機能が充実しており、進化したサラウンドシステムで周囲の状況を把握しやすくなっており、さらに【Sonic Radar III】はサウンドで敵の位置を画面上で把握できるようになっています。ゲームでの立ち回りが楽になるので重宝しますね。

ちなみに、グラボのメモリが3GBなので、FPSやオープンワールドなどの重量級のゲームであれば、グラフィックメモリ6GB版のGTX 1060のほうがフレームレートが安定しやすくなります。

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズは不要です。用途・予算次第でストレージの容量を増やしたり、電源のアップグレードをしてみるのもいいでしょう。

なお、カスタマイズでグラフィックメモリ6GB版GTX 1060への変更も可能です。

icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1070 Ti搭載モデル

GTX 1080に匹敵する性能を誇る、4K入門スペック

LEVEL-R0X4-R72X-TXA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700X
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:189,980円(税別)~

コスパに優れたGTX 1080 Ti搭載モデル

8コア16スレッドの高クロックCPU、Ryzen7-2700XとGTX 1070 Tiを搭載した4K入門に最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成が魅力的。さらにマザーボードは、信頼性の高いASUS製の上位モデル【PRIME X470 PRO】を搭載するこだわりようで、至れり尽くせりですね。

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズは不要です。用途・予算次第でストレージの容量を増やしたり、電源のアップグレードをしてみるのもいいでしょう。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

レリア AV(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700X
■チップセット:B350チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 640GB+HDD 2TB
■電源:650W(80PLUS BRONZE)
■価格:174,980円(税別)~

予算重視のモデル

8コア16スレッドの高クロックCPU、Ryzen 7 2700XとGTX 1070 Tiを搭載した4K入門に最適なミドルタワーモデル。

8GBメモリに大容量デュアルストレージの充実した初期構成ですが、B350チップセットなのでグラボ2枚構成などの拡張性をはじめ機能面はワンランク落ちます。その分安いので、価格重視であればおすすめ。

icon-info-circleリーズナブルなミニタワーモデルはこちら>>>ガレリア RV icon-external-link

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えているので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

icon-check-circleドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

G-GEAR GA7A-C180/XT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700X
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:194,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

高機能マザーボード採用モデル

8コア16スレッドの高クロックCPU、Ryzen7 2700XとGTX 1070 Tiを搭載した上級モデル。大容量の16GBメモリにデュアルストレージを装備し、使い勝手のいい初期構成になっています。

一般モデルのG-GEARシリーズですが、マザーボードには、充実した機能と信頼性を誇る、ASUS製のゲーミングマザーボード【ROG STRIX X470-F GAMING】を搭載しています。

特にゲーミング機能が充実しており、進化したサラウンドシステムで周囲の状況を把握しやすくなっており、さらに【Sonic Radar III】はサウンドで敵の位置を画面上で把握できるようになっています。ゲームでの立ち回りが楽になるので重宝しますね。

特に品質にこだわる方におすすめ。

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズは不要です。用途・予算次第でストレージの容量を増やしたり、電源のアップグレードをしてみるのもいいでしょう。

icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1080搭載モデル

4K入門スペック

LEVEL-R0X4-R72X-VNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700X
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:194,980円(税別)~

コスパに優れたGTX 1080 Ti搭載モデル

8コア16スレッドの高クロックCPU、Ryzen7-2700XとGTX 1080を搭載した4K入門に最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成となっています。さらに
マザーボードは、信頼性の高いASUS製の上位モデル【PRIME X470 PRO】を搭載するこだわりようで、至れり尽くせりですね。

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズは不要です。用途・予算次第でストレージの容量を増やしたり、電源のアップグレードをしてみるのもいいでしょう。

icon-check-circleパソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

G-GEAR GA7A-B180/XT(ツクモ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700X
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080
■ストレージ:SSD 240GB+HDD 1TB
■電源:550W(80PLUS BRONZE)
■価格:219,800円(税別)~
■キーボード・マウス無し

高機能ケース&マザーボード採用モデル

8コア16スレッドの高クロックCPU、Ryzen7 2700XとGTX 1080を搭載した上級モデル。大容量の16GBメモリにデュアルストレージを装備し、使い勝手のいい初期構成になっています。

ケースは自作で大人気のCOOLER MASTER製【CM690 III】を採用。ワイドボディの空間は広々しており、前面のメッシュ加工で通気性は抜群です。また、配線を裏に回すスペースも設けられており、内部はスッキリ。より高いエアフローを確保しています。

またマザーボードには、充実した機能と信頼性を誇る、ASUS製のゲーミングマザーボード【ROG STRIX X470-F GAMING】を搭載しています。

特にゲーミング機能が充実しており、進化したサラウンドシステムで周囲の状況を把握しやすくなっており、さらに【Sonic Radar III】はサウンドで敵の位置を画面上で把握できるようになっています。ゲームでの立ち回りが楽になるので重宝しますね。

まさにハイエンドモデルにふさわしい内容の一台です。

おすすめカスタマイズ

充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズは不要です。用途・予算次第でストレージの容量を増やしたり、電源のアップグレードをしてみるのもいいでしょう。

なお、カスタマイズでGTX 1080 Tiへの変更も可能です。

icon-check-circleツクモのおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1080 Ti搭載モデル

4K推奨スペック

LEVEL-R0X4-R72X-XNA(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700X
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 480GB+HDD 2TB
■電源:700W(80PLUS BRONZE)
■価格:222,980円214,980円(税別)~

コスパに優れたGTX 1080 Ti搭載モデル

8コア16スレッドの高クロックCPU、Ryzen7-2700XとGTX 1080 Tiを搭載した4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

メモリ・ストレージ・電源全てが大容量尽くしの、充実した初期構成が魅力的です。さらにマザーボードも、信頼性の高いASUS製の上位モデル【PRIME X470 PRO】を搭載しています。基本的にはこちらを選んでおけばOKです。

おすすめカスタマイズ

非常に充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。

ガレリア AXZ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Ryzen 7 2700X
■チップセット:X470チップセット
■メモリ:16GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1080 Ti
■ストレージ:SSD 500GB+HDD 2TB
■電源:750W(80PLUS PLATINUM)
■価格:259,980円(税別)~

フル装備のGTX 1080 Ti搭載モデル

8コア16スレッドの高クロックCPU、Ryzen7-2700XとGTX 1080 Tiを搭載した4Kでのゲーミングに最適なミドルタワーモデル。

大容量の16GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成で、ケースも冷却性と拡張性に優れており、トータルでの完成度が高い一台です。電源は最大92%とさらに変換効率の高い電力変換効率を誇るプラチナクラス電源を搭載するこだわりようです。

こちらも高品質のマザーボードを採用しており、ASRock製のゲーミングマザーボード【ASRock Fatal1ty X470 Gaming K4】を搭載しています。

おすすめカスタマイズ

非常に充実した初期構成なので、基本的にカスタマイズ不要です。

icon-exclamation-circleゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介しています...

関連リンク

ほかのCPUもチェック

あわせて知りたい

icon-exclamation-circleおトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイトicon-external-link BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップ...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあってお得感...

シェアする

フォローする