Core i5-8500のおすすめゲーミングPC 前世代のCore i7に匹敵する定格3.0GHzの6コアCPU

大幅に進化したインテルの第8世代最新CPU「Coffee Lake-S」のCore i5-8500を搭載したゲーミングPCがようやく発売されました。Core i5-8400搭載モデルが去年リリースされ、それ以来となります。

そのスペックとおすすめゲーミングPCをチェックしてみましょう。

第8世代Core i5のスペックまとめ

基本スペック

  Core i5-8600K Core i5-8500 Core i5-7600K Core i5-7500
コードネーム Coffee Lake-S Coffee Lake-S Kaby Lake-S Kaby Lake-S
プロセスルール 14nm++ 14nm++ 14nm+ 14nm+
コア/スレッド 6/6 6/6 4/4 4/4
動作クロック 3.6GHz 3.0GHz 3.8GHz 3.4GHz 
TB2.0クロック 4.3GHz 4.1GHz 4.2GHz 3.8GHz
L3キャッシュ 9MB 9MB 6MB 6MB
対応メモリー DDR4-2666
2ch
DDR4-2666
2ch
DDR4-2400
2ch
DDR4-2400
2ch
内蔵GPU UHD 630 UHD 630 HD 630 HD 630
TDP 95W 65W 91W 65W

Core i7と同様にコア数が増え、とうとう6コアになりました。HT(ハイパースレッディング)に関しては従来と同じく非対応です。

コア数が増えた分、通常時のクロックをセーブしていますが、TB(ターボブースト)時のクロック高くして性能を引き出すようになっています。特に下位モデルのCore i5-8500の上げ幅が大きいですね。クロックの高さも性能に直結するので、これはありがたいです。

そのほか、キャッシュの増量、高速メモリー対応、内蔵GPUのアップグレードなど、Core i7と同じく基礎性能が強化されています。

実際の性能は?

前世代のCore i5との性能差をざっくりまとめてみましたー

  • シングルの性能は約10%、マルチコアの性能は約40%向上(CINEBENCH R15)
  • エンコード時間も短縮し、前世代のCore i7-7700K並みの性能
  • ゲームの性能は最大約30%向上し、前世代のCore i7-7700Kを超す場面も
  • ゲーム+録画配信ではフレームレートが最大約15%近く向上(Overwatch)
  • 内蔵GPUの性能は約10~15%向上
  • アイドル時の消費電力はほぼ変わらず。ピーク時は約40%上昇

コアが増えた分非常に性能が上がっており、前世代のハイエンドCPU「Core i7-7700K」に匹敵する性能になりました。また、発熱までしっかりCore i7-7700Kレベルになり、熱くなっています。もはやCore i5ではないですね。

ちなみに、AMDのRyzenはゲームによって十分なパフォーマンスを発揮できないので、基本的にはおすすめしません。

Core i5-8400/8500/8600どれがおすすめ?

Core i5-8400/8500/8600搭載モデルが一通り出そろっていますが、それぞれの性能差は5%程度と誤差レベルなので、基本的にはCore i5-8400か8500で十分。Core i5モデルのコンセプトは「予算重視のゲーミングPC」なのでなおさら。

特にCore i5-8600搭載モデルともなると、+10,000円でCore i7-8700搭載モデルに手が届くのでポジションとしては微妙。6コア12スレッドを誇るCore i7の性能は10,000円以上の価値がありますからね。

 icon-exclamation-circle Core i5-8600/8400搭載モデルはこちらをチェック

Core i5-8600のおすすめゲーミングPC 前世代のCore i7に匹敵するブースト4.3GHzの6コアCPU
大幅に進化したインテルの第8世代最新CPU「Coffee Lake-S」のCore i5-8600を搭載したモデルがひっそりと発売さ...
Core i5-8400のおすすめゲーミングPC 前世代のCore i7に匹敵する6コアのハイスペックCPU
大幅に進化したインテルの第8世代最新CPU「Coffee Lake-S」のCore i5-8400を搭載したゲーミングPCがついに発...

Core i5-8500のおすすめゲーミングPC

 icon-info-circle モデルの価格は日々変動するので、価格は参考までにご覧ください。
ドスパラとパソコン工房で販売しています。

GTX 1050搭載モデル

フルHD入門スペック。GTX 1050よりも約10%高い性能

ガレリア DS(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:89,980円(税別)~

シンプルなエントリーモデル

Core i5-8500とGTX 1050を搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。8GBメモリに1TB HDDのみとシンプルな構成です。

おすすめカスタマイズ

基本をしっかり押さえた構成ですが、SSDを追加するとより快適。その他は用途・予算次第です。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1050 Ti搭載モデル

フルHD入門スペック。GTX 1050よりも約10%高い性能

ガレリア DH(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1050 Ti
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:94,980円(税別)~

シンプルなエントリー+αモデル

Core i5-8500とGTX 1050 Tiを搭載したエントリークラスのミニタワーモデル。8GBメモリに1TB HDDのみとシンプルな構成です。

GTX 1050 TiとGTX 1050との性能差はわずか10%程度と小さく、さらにGTX 1060に近い価格設定なので、カスタマイズすると一気にコスパが悪くなる点に注意!

おすすめカスタマイズ

GTX 1050 Tiを中途半端にカスタマイズするくらいなら、そのカスタマイズ資金をGTX 1060搭載モデルに当てましょう。

GTX 1060搭載モデル

フルHD推奨スペック

  ガレリア DT(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ6GB)
■ストレージ:SSD240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:117,980円(税別)~

便利なデュアルストレージモデル

Core i5-8500とGTX 1060(グラフィックメモリ6GB)を搭載したミニタワーモデル。8GBメモリにSSD+HDDのデュアルストレージ構成で充実した初期構成となっています。
 
グラボはグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載。同じGTX 1060といえども、グラフィックメモリが多いので、FPSやオープンワールドなど負荷が高いゲームでは、3GB版よりもフレームレートが安定しやすくなります。

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えてきたので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

  ガレリア DJ(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:450W(80PLUS BRONZE)
■価格:99,980円(税別)~

HDDのみのシンプルモデル

Core i5-8500とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載したミニタワーモデル。8GBメモリに1TB HDDのみを搭載したシンプル構成です。
 
価格が安く、コスパに優れたグラフィックメモリ3GB版のGTX 1060ですが、メモリをゴリゴリ使う重いゲームではフレームレートがやや不安定になります。FPSやオープンワールドなどではグラフィックメモリ6GB版のGTX 1060を搭載した【ガレリア DT】がおすすめ。

おすすめカスタマイズ

基本をしっかり押さえた構成ですが、SSDを追加するとより快適。重量級のゲームが増えているので、メモリも16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

  LEVEL-M037-i5-RNJ-K(パソコン工房)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:Z370チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1060(グラフィックメモリ3GB)
■ストレージ:HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS SILVER)
■価格:102,980円(税別)~

HDDのみのシンプルモデル

Core i5-8500とGTX 1060(グラフィックメモリ3GB)を搭載したミニタワーモデル。こちらも8GBメモリに1TB HDDのみを搭載したシンプル構成です。

Z370チップセットを搭載しているので、NVMeタイプのSSDをカスタマイズできます。

おすすめカスタマイズ

基本をしっかり押さえた構成ですが、SSDを追加するとより快適。重量級のゲームが増えているので、メモリも16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

 icon-check-circle パソコン工房のおすすめカスタマイズを徹底解説

GTX 1070 Ti搭載モデル

GTX 1080に匹敵する性能を誇る、4K入門スペック

ガレリア DF(ドスパラ)

【スペック】
■OS:Windows 10
■CPU:Core i5-8500
■チップセット:H310チップセット
■メモリ:8GB(DDR4-2666)
■グラボ:GTX 1070 Ti
■ストレージ:SSD240GB+HDD 1TB
■電源:500W(80PLUS BRONZE)
■価格:142,980円(税別)~

予算重視の4K入門モデル

Core i5-8500とGTX 1070 Tiを搭載したミニタワーモデル。ハイエンドモデルということで、8GBメモリにデュアルストレージの充実した初期構成です。

ちなみにGTX 1070 Tiは型番こそGTX 1070ですが、その性能はほとんどGTX 1080そのもので、性能差は5%程度と誤差レベルです。GTX 1080並みの性能を予算を抑えてということであれば、GTX 1070 Tiがダンゼンおすすめ!

おすすめカスタマイズ

重量級のゲームが増えてきたので、メモリは16GBあると安心。その他は用途・予算次第です。

 icon-check-circle ドスパラのおすすめカスタマイズを徹底解説

 icon-exclamation-circle ゲーミングPCは高い…とお悩みの方必見!

グラボ別激安ゲーミングPCまとめ 予算重視の方は必見!
各グラフィックボード別のおすすめモデルでは、大容量メモリやSSD+HDDのデュアルストレージ構成など、快適に使えるモデルを紹介してい...

関連リンク

ほかのCPUもチェック

あわせて知りたい

 icon-exclamation-circle おトクなセール情報もチェック!

パソコン工房のゲーミングPCセール情報 格安モデルがさらに安く!
公式サイト icon-external-link  BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などな...
ドスパラのゲーミングPCセール情報 無料アップグレードでコスパUP!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
G-TuneのゲーミングPCセール情報 おトクな格安モデルをお見逃しなく!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
ツクモのゲーミングPCセール情報 自作クオリティのおトクなモデルをご紹介!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きも...
Sycom(サイコム)のゲーミングPCセール情報 自作PCクオリティを安く手に入れるチャンス!
公式サイト   BTOパソコンの真価はセールにあり! CPUやSSD、メモリ…などなど無償アップグレードに加え、値引きもあっ...

シェアする

フォローする